結婚願望がある、なしにかかわらず、彼の奥さんを好きな女性なんていない@だからこそ女性は自分で自分の人生を選択しなければならない。2015.09.08

今さら言うまでもないことだけど、わたしはカナくんが大好きだ。

 

それはもう理屈ではどうにもならないほどに、わたしはカナくんが大好きだ。

 

過去ブログの記事でも書いたけど、

わたしは不倫は女性にとっては百害あって一利なしだと思ってる。

 

正直、ダブル不倫という関係に於いては、お互いさまなところがあるので、

どっちもどっちだと思っているけれど(注:決して否定しているわけではない)

片方が独身、それも女性の側が独身となると、話はガラッと変わってくる。

 

そもそも世間一般では「不倫」として一括りにされてしまうけれど、

独身女性の立場からしてみたら、それは本人にとって立派な「恋愛」なのだ。

 

わたし自身はカナくんと結婚をしたいと思っていないけれど、

世の中の独身女性で既婚男性と付き合っている人の中には、

彼との再婚を夢見たって、何ら不思議はない。

 

ただ、その可能性は宝くじが当たるよりも確率が低いですよ、というだけの話であって、

そこに夢を見る女性のことを、わたしは責めることができないと思う。

 

とはいえ、その夢が叶う可能性は極めて低いのが現実なのだから、

本当にあなたが「結婚」をしたいのであれば、最低でも【独身】の相手を見つけないかぎり、

その夢を叶えることは相当、難しいですよ、というのが残酷なほどの事実なのだけれども。

 

 

 

 

正直、わたしは相手がカナくんだから彼と「不倫」をしているのであって、

彼以外の男性と付き合うとしたら、最低でも【独身】であることは絶対条件だ。

 

そもそも今のわたしには結婚願望がないので、

別に独身にこだわる必要はないのだけれど、

それはただ単純に「不倫」が自分にとってデメリットしかないことがわかっているから、

最初からそうした相手を選ばない、というだけの話だ。

 

そもそもわたしに「不倫願望」はない。

 

カナくんが特例なのは、彼とのスタートが「ダブル不倫」だったからだ。

 

そこには元夫との結婚生活からの、現実逃避があったから始まったのであって、

そうでなかったら最初から彼とは付き合わなかっただろう。

 

これもまた運命といえば、それまでだし、それが「縁」というものなのかもしれないけど。

 

 

 

 

最近、ある女性の妊娠、出産について書かれているブログ記事を読んだ。

 

そこには、わたしが経験しえなかった、さまざまな大変さが書かれていて、

母になるというのは本当にすごいことなのだと思った。

 

そして、その記事を読んでいたら、カナくんの奥さんに対して申し訳なさがこみ上げてきた。

 

彼女がどんな女性なのかは知らないし、カナくんとの夫婦関係も詳細は知らないし、

また知る必要もないことだけれど、少なくとも彼女はカナくんの子どもを3人産み育てている。

 

それはもう、わたしがどんなにがんばっても、逆立ちしてもかなわないことで、

わたしはそんな彼女への敬意から、本当に心の底から申し訳なくなってくるのだ。

 

 

それでもわたしはカナくんとキッパリ、別れることができない。

 

キッチリ、ケジメをつけることができない。

 

そんな自分の弱さに、ときどきうんざりする。

 

同じ女性として敬意とともに申し訳なさを感じているのに、

それでも自分から別れることができない。

 

それは愛でもなんでもなく、ただ単にわたしが彼を失いたくないからだ。

 

というより、完全に彼との縁が切れてしまうことが、イヤだからだ。

 

そこには100%のエゴしかない。

 

 

 

 

カナくんと奥さんの関係がどうであろうと、それはわたしには関係ない。

 

もちろん、そんなことは考えただけで気分のいいものではないし、

そんなものはまったく知りたくもないし、

カナくん夫婦の問題に口を出すつもりなんてさらさらないし、

わたしはわたしの人生をこれからも生きるだけだ。

 

ただ、その中に【カナくん】という登場人物がいるのも事実で、

わたしは自分の意思で彼をわたしの人生から消すことができない。

 

そこには自分の弱さとエゴだけが、いつも詰まっている。

 

それは彼のためでもなければ、彼の奥さんのためでもない。(当たり前だけど)

 

そこには100%自分のエゴしかない。

 

きっとだからわたしは時折、彼の奥さんに申し訳なくなるのだ。

 

彼の傍から離れられないことは、自分のエゴでしかないことをわかっているから。

 

それは100%自分のためだとわかっているから。

 

そして同じ女性として心から敬意を感じる彼女のことを、やはりわたしは好きになれない。

 

 

理由はかんたん。

 

彼女はカナくんの本妻だから。

 

当たり前すぎるほど当たり前な理由。

 

カナくんとの結婚願望がないわたしでさえこうなのだから、

彼との結婚を夢見る独身女性にとって、彼の奥さんが邪魔で憎い存在なのは当然だ。

 

 

だからこそ、わたしは思う。

 

本当に結婚をしたいのであれば、最低でも【独身男性】と付き合わなければ、

そのスタート位置にすら立てないのだよ、と。

 

もちろん不倫から結婚にいたるカップルがいることは事実だけれど、

その可能性は極めて低く、その夢がかなわなかったときに

相手を責めずにいられる覚悟がなければ、とてもじゃないけどその夢はかなわないよ、と。

 

 

彼の奥さんを好きになれとは言わない。

 

彼の奥さんを尊敬しろとも言わない。

 

彼の奥さんに感謝しろとも言わない。

 

 

ただ、そうした彼のずるさを全部まるごと受け入れたうえで、

それでも彼と一緒にいることを選ぶかどうか。

 

それとも「彼」へのこだわりを捨てて、「結婚」を本気で視野に入れるか。

 

 

ただそれだけのことだと思うのです。

 

なぜなら自分の人生は自分のモノだから。

 

少なくとも彼にゆだねるものではないのだから。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top