ダブル不倫ほど夢も希望もない関係はない。2015.09.08

さてさてダブル不倫をしている女性に対して厳しめ論調が続いたので、

今回はダブル不倫をしている女性にスポットを当てた記事を(笑)

 

ダブル不倫をしている女性にとっての2大鬼門の一つ、夏休みが終わったと思ったら、

いつの間にか定着したんだかしないんだかわからないまま、ちゃっかり居座ってる

シルバーウィークが控えてますネ(笑)

 

ってか、個人的には、このシルバーウィークって呼び方、全然しっくりこないんですけど。

 

ゴールデンウイークのような定着感は、難しいんじゃないかなー

 

たとえていうなら、クリスマス(=GW)、ハロウィン(=シルバーウィーク)みたいな。

 

 

とまぁ、話がソレましたが。。。

 

 

コレも何度も言っていることですが、こうした長期連休というのは、

ダブル不倫をしている女性にとって、とても良い機会だとわたしは思っています。

 

何といっても、自分と彼の関係の現実を否が応でも知る機会となりますからね。

 

年末年始、GW、夏休み、シルバーウィークは、ダブル不倫をしている女性にとって

定期的に訪れるメンテナンス機会でもあります。

 

 

たとえどんなに彼のことを好きだとしても、彼はもちろん、自分自身にも家庭があるのだ、

ということをイヤでも認識する本当に良い機会なのです。

 

もちろん、それは決して気持ちのよいことではありません。

 

ときに嫉妬に苦しみ、不安にさいなまれ、ミジメなキモチに叩き落されることもあるでしょう。

 

そのキモチは、わたし自身もイヤというほど経験済みなので、本当によくわかります。

 

 

ですが、それが「ダブル不倫」の現実です。

 

いくらあなたがご主人に対して嫌悪感を抱いていたとしても、

それが「ダブル不倫」の現実なのです。

 

そのことは、しっかりとあなたの頭と身体とココロに刻み込まなければなりません。

 

 

むしろ、シルバーウィークは家族への罪滅ぼしだというくらいのキモチがなければ、

今あるダブル不倫の恋が長く続くことはありません。

 

「ダブル不倫は、おいしいとこどりの関係」だなんて、無責任な言葉を文章にしたり、

口にする人もいますが、現実にはダブル不倫の関係ほど未来のない関係はありません。

 

それこそ文字どおり「ゴールのない関係」なのです。

 

そのことにあなたが気づかないかぎり、

あなたはいつまで経っても長期連休の苦しみから逃れることはできません。

 

というより、ダブル不倫の関係は、そもそもどういう前提のもとで成されているのか?

ということに気づかないかぎり、あなたがその苦しみから逃れられる日は来ないのです。

 

 

ダブル不倫ほど夢も希望もない関係はありません。

 

そのことをしっかりと認識し、心と体と頭に刻み込んだうえで、

その関係を継続するかどうかをあなた自身の意思で決めていきましょう。

 

それさえわかっていて織り込み済みなのであれば、ムリして別れる必要なんてないのですから。

 

 

(ありゃ、やっぱり厳しめ内容で終わっちゃった、、、)

 

 

 


Top