定職にもつけずに三十路直前で焦っていた、あのころのわたしへのメッセージ。2015.09.13

この記事を書いて、ちょっと思い出したことなんですけど。

 

経緯はなんであれ(プロフィール参照)、わたしが元旦那さんと再婚をしたとき、

わたしは29歳でした。

 

つまりギリギリ三十路手前で、ひとまず再婚できたわけです。

 

まぁ結果的には、44歳の誕生日を目前にした昨年の11月に離婚をしましたが(爆)

 

 

で、あのころのわたしって定職にもつけずに、

自分の人生に不安ばかり抱いていたんですよ。

 

そもそもわたしは一番最初の旦那さんと離婚をして、泣く泣く前橋に帰ってきたわけで、

東京に帰りたくて帰りたくて仕方がなかったんです、ホントに本気で。

 

だけど自分には、そのチカラがない。

 

 

今回の離婚と違って、一番最初の離婚にかんしては、

正直、わたしは何度、後悔したかわかりません。

 

こんな想いをするくらいなら、あのままガマンして結婚生活を続けていればよかった・・・

と、何度思ったからわかりません。

 

ましてや、自分はどんどん歳をとり、気づけば三十路直前。

 

自分の市場価値が目に見えて落ちていることは十分、自覚していましたし、

実父の機嫌ばかりを気にする実家暮らしは本当に息苦しく、

また世間的な客観目線で見た自分の状態を考えると、焦りばかりが先行していました。

 

 

で、やっぱりいわゆる「まっとうな社会的身分」をわたしが手に入れるには、

一日も早く結婚するしかないと思っていたんです。

 

ま、実際のところ、その判断自体は間違っていないと思いますし。

 

でも結局のところ、「44歳の誕生日を目前に離婚をして、フリーランスの身で単身、

東京に帰ってきた(わたし的には帰ってきたという感覚なんです)」わけですから、

まっとうな社会的身分という視点で考えたら、今が一番、最悪ですヨネ(爆)

 

でも、なんだかんだいいながら、わたしは今が一番、幸せだったりするんです。

 

もちろん、いろいろ大変なことはあるし、不安になることなんて山のようにあるけど、

わたしは今まで生きてきた中で、今が一番、幸せなんです。

 

 

なぜなら、それはお仕着せの価値観にとらわれずに、自分らしく生きていられるから。

 

もちろん、こうした想いは今の自分だからこそいえるわけで、

あのころの自分に言って聞かせたところで、理解はできないだろうと思いますが(笑)

 

 

それでもね、それでも、わたしは伝えたい。

 

「お仕着せの価値観」で、

「まっとうな社会的身分」が欲しくなる気持ちはわかるけど、

それがあなたの本当の幸せにつながる可能性なんて、本当に本当に低いんだよ。

 

それが、あなた自身が持つ本物の価値観でないかぎり、

あなたが幸せを感じられるようには、絶対ならないんだよ。

 

 

まず100%あのころのわたしには理解できないだろうけれど。

 

それでも、わたしはそんなことを、あのころのわたしに伝えたいのです。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top