「菅野 萌は、あなたの味方ですよ」というのは、決してあなたにとって都合のいいことだけを言う、という意味ではないですよ。2015.09.26

実際にご相談者さまとお話をしていて、ときどき感じることの一つに、

「萌さんは、わたしのすべてを肯定し、受け入れてくれる」と思われている方が

少なからずいらっしゃるんだな、ということです。

 

もちろん、わたしは基本的にご相談者さまの言動を否定することはしません。

 

ですが、「これを言わなかったら、ご相談者さまが望む未来にはつながらないな」

と判断した場合、もしくは「これは絶対に言っておく必要があるな」と感じた場合は、

もちろん苦言を呈することもあります。

 

ただし、これらを言う前に、

わたしは必ず「あなたは、どうなりたいの?」ということを訊きます。

 

もちろん訊き方はケースバイケースですが、

ご相談者さまが何を望んでいるのか?ということをお伺いしたうえで、

そのときのわたしが判断した必要な言葉を伝えます。

 

それは何より、わたしがご相談者さまの味方だからです。

 

味方だからこそ、言う必要のあることはキチンと言うんです。

 

でなければ、せっかく高いお金を払って、また貴重な時間を使って

鑑定(カウンセリング)を受けたことが、すべてムダになってしまうからです。

 

キレイゴトを言ってるように聞こえるかもしれませんが、

わたしはご相談者さまが元気に笑顔で幸せになってくれるのであれば、

不倫をしようがしまいが、何だっていいんです。

 

ただ、今のままだと、ご相談者さまが望む未来にはつながらないな・・・と判断すれば、

言うべきことはキチッと言いますよ、というだけのことなんです。

 

ですから、必ず厳しいことやキツイことを言うわけじゃないですよ、もちろん(笑)

 

それは本当にご相談者の状態に合わせて、ケースバイケースです。

 

逆にいうと、それだけのことを事前準備をふくめてやっているからこそ、

原則的に前日、当日のご予約を受け付けないことをはじめとして、

自分自身が適正であると判断した料金設定をしているんです。

 

わたしほど真剣に、ご相談者さまと向かい合っている占いカウンセラーは、

ハッキリ言って、かなり稀有な存在だと自負していますから(笑)

 

そして、その価値をわかってくださる方が、結果的に

長くお付き合いいただけるお客さまなのだと思っています。

 

 


Top