わたしとカナくんが再会できたのは、たまたま「運がよかっただけ」です。2015.11.03

わたしがカナくんとの再会をはたしたとき、多くの読者さまや、

お客さまから、お祝い(?)の言葉をいただきました。

 

このことじたいは、とてもありがたいことですし、本当にうれしかったです。

 

なにより、わたし自身が本当に夢心地でしたからね。

 

ただ、その中で

 

「萌さんとカナくんに自分たちの姿を重ねて、

そこに自分たちの未来を夢見ている」

 

といった感じの内容のものが幾つかあって、

わたしは、すごくその言葉に違和感を感じたんです。

 

 

だって、わたしとカナくんの関係は、わたしとカナくんのケースであって、

それは他人から夢や理想を重ねられるようなものじゃないから。

 

わたしは「運よく」カナくんとの再会をはたすことができたけれど、

これはホントに「運が良かっただけ」であって、

「だからあなたもあきらめないで。きっと想いはつうじるよ」

なんて口が裂けても言えない。

 

そんな無責任なこと絶対、言えない。

 

 

確かにわたしはカナくんと会えるべく、自分にできるかぎりの努力をしてきた。

 

それは認める。

 

 

でもやっぱりわたしは「運が良かった」んです。

 

ただソレだけなんです。

 

もちろんリアルにできる最大限の努力はしました。

 

その努力なくして運をつかめなかったのは、言うまでもありません。

 

でもやっぱりわたしは「運が良かった」んです。

 

ただそれだけなんです。

 

またわたしとカナくんの付き合いは確かに長いですが、

それだって間に二度も別れた時期があり、平穏無事な12年間ではないんです。

 

むしろ、こうして再会して復縁できたことが、奇跡みたいなものなんです。

 

こんなに長く続いていることの方が、本当に不思議なくらいなんです。

 

 

だから、わたしとカナくんの姿に、ヘンな夢や希望を重ねて、

あなたの貴重な人生の時間をムダにしないでくださいね。

 

また本当にそれらの夢をかなえたいのであれば、

そのための努力を惜しまないでくださいね。

 

ただし、その努力が報われる保証はどこにもないのだということを、

しっかりと自覚したうえで。

 

 

 


Top