◎【しあわせになるW不倫の法則*3】メールを1日100回送ろう◎2016.04.25

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

今やLINEが全盛の世の中ですが、

まだまだメールを活用されているW不倫カップルも多くいらっしゃると思います。
(ちなみにわたしは未だLINEは未知の世界でござります@ガラケー) ※2013年12月時点の話

 

そもそもW不倫をされる方は寂しがり屋の傾向が強かったり、

またメールなどで常につながりを感じていたいという方が多いような気がします。

 

そしてこれは、まったく悪いことではありません。

 

むしろそのつながり願望がかなえられないのであれば、

何のためのW不倫??ということになり、

彼とのお付き合いの中に不満や寂しさが蓄積していくのは必至です。

 

もちろんメールを好まない人がマメなメールをする必要はまったくありませんが、

もしあなたが「1日100回はメールをしないと気が済まない」というくらい

マメにメールをしたいのであれば、遠慮せずにどんどんメールを送りましょう。

 

ただし、それらに対して彼からの返事を期待するのはご法度ですが、

(そもそも仕事中にマメにメールをしてくる男なんて、どうかしてます)

あなたが彼にメールをしたいのであれば、どんどんメールを送ればいいのです。

 

その結果、たとえメールへの返事がなかったり、リアクションがなかったとしても、

あなたが1日100通ものメールを送ること自体に彼が何も言ってこないのなら、

それは彼があなたの願望やキモチを汲み取って受け入れているのと同じです。

 

最初は「俺メール、マメだよ!いつでもメールしてきていいよ!」などと

耳触りのいい言葉を多く口にする男性に限って、

実際にメールをしたいときにメールをすると

「こんなにメールをされても困る。もう少し考えてほしい」と言ってくるのが大半ですからね。

 

もしもあなたが「メールをしたいときに好きなだけ送れる」関係を望んでいるのなら、

そんな彼と付き合っていても、あなたが満たされることはありません。

 

ベースに「相手が望むことは出来る限りかなえてあげよう」という想いがある男性は、

たとえ本人がメルマメじゃなかったとしても、相手の要望をかなえようとしてくれます。

 

逆に「いつでも連絡していいよ!」という男性ほど、いつでも連絡をすると怒ります。

 

どんな人間関係にも言えることですが、相手の不安をとりのぞいてあげようとする姿勢はとても大切です。

 

あなたが連絡をしたいときに連絡が出来ない相手には、そのまま永遠に連絡をするのをやめましょう。

 

【幸せになるW不倫の法則:3】メールを1日100回送ろう

 

 

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

 

こちらのnoteは月額マガジン

【月刊:菅野 萌の占いは男と女の運命学】に収納されているものです。

 

 

※有料マガジンについての詳細はコチラをお読みください。

 

※記事単体での購入も可能です。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top