イケハヤさんが、すごく親切な記事を書いてくれたから、みんな読んだ方がいいよ!2016.04.27

 

「死ぬまで働く時代」のキャリア論。消える仕事、残る仕事。仕事選びをどうするか?

 

 

もうコレほんと、みんなちゃんと読んだ方がいい。

 

ハッキリ言って、これからはほんとうに厳しい時代。

 

わたしも、ふっと気を緩めたら、すぐに淘汰されちゃう危機感がいつもあって、

だからこそ日々こうしてコンテンツをつくりつづけているわけだけど、

基本的にわたしがこれを継続できているのは、やっぱり「好きなこと」だから。

 

じゃなきゃ、つづかないよ、実際のとこ(笑)

 

 

もちろんずっと同じこと【だけ】をつづけていてもダメなことはわかっているし、

だからこそイケハヤさんもおっしゃっているように

「変化に強い人間」にならなければ生きていけないからこそ、

日々「失敗前提」で試行錯誤をくりかえしているし、

前言撤回なんて、それこそあたりまえのようにやってるし(笑)

 

 

まぁわたしの変化なんてのは、イケハヤさんにくらべたら足元にも及ばないけど、

よくよくかんがえてみたら、「43歳を目前に、元夫と離婚をして東京へ帰ってくる」って、

わりと人生の大冒険してるよね、冷静になってかんがえてみると(笑)

 

そのうえ夢のまた夢だと思っていたカナくんとの再会&復縁もはたしちゃったわけだから、

わたしもわりと変化に強い人間というか、変化そのものを楽しんで生きてる人間だとは思うけど、

基本、この姿勢って「死ぬまでつづける」ことなんだよね、当然のことながら。

 

「昨日のじぶんをひきずらない」って、これからの時代はほんとうに大事だし。

 

ってか、それができない人は、これからの時代はほんとうに厳しくなる。

 

 

みんな、もっと危機感もった方がいいよ。

 

今まであった職業が時代の流れでなくなるなんて、歴史をみれば一目瞭然でしょ?

 

とくにわたしは韓流ドラマの歴史ドラマが好きだから、観てるとほんとうに実感する。

 

たとえば水を汲んで運ぶために存在していた女官なんて、今じゃありえないでしょ?

 

蛇口ひねれば、水がでてくるんだから。

 

歴史は、その繰り返しだよ。

 

みんなほんと、もっと危機感をもった方がいい。

 

歳をとってから、低賃金&劣悪な環境で死ぬまで働きつづけるとかイヤでしょ?

 

これからは死ぬまで働くのが大前提の時代なんだよ。

 

その中で、どうやって生き残っていくべきか・・・

 

みんな本気でかんがえた方がいい。

 

 

どんなことにも「先行者優位」ってあるからね。

 

1日でも早く動いた人の方が有利なのは、まちがいないから。

 

それだって、厳しい道を歩んでいかなければならないんだから。

 

これから先、楽な生き残りの道なんて、ないんだから。

 

 

だからみんな、もっと危機感をもった方がいい。

 

もっと本気で考えた方がいい。

 

時代がとってかわるのなんて、あっという間なんだから。

 

一気に変化っておこるんだから。

 

まるでオセロが、一気に黒から白に変わるように。

 

 

みんなほんと、本気でちゃんとかんがえた方がいいよ。

 

 

☆月額マガジン【月刊:菅野 萌の占いは男と女の運命学】運営中☆

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top