ひさしぶりの菅野 萌流*占い論【占いは相手への「なぜ?」を知るのに、とっても使えるツールです☆】2016.05.23

 

最近あんま書かなくなってたので、久々の占い論。

 

占いは時期の流れや(いわゆる今年の運勢とか)、

彼の今のキモチ(これはタロットなどでよくある質問)とかを見ることもできるし、

それがいわゆる「当たる、当たらない」って基準になるものなんだけれども、

その人が生まれもった生年月日時から、

その人が生まれもった本質・性質を知ることができるのが

大きな魅力のひとつなんだよね。

 

なぜなら、それを知ることでじぶんと相手の本質のちがいがわかるから、

ヘンなところでイライラする必要がなくなる。

 

じぶんと相手の価値観のちがいを知ることで、

「あーこれじゃあ理解しあえるわけないわw」って、

ある意味、あきらめもつくから、ムダに時間や労力を消耗しなくてすむ。

 

これって日々のストレスをためないうえで、かなり大事なポイントで。

 

とくに恋人や配偶者などのパートナーとの違いを知ることは、

ホント、ムダなストレスから解放される。

 

どんな人間関係でもそうだけど「コレはもう、しょーがないかw」って、

ある程度のあきらめは大事ですからねーまじめな話。

 

そういうとき、相手の本質を知ることで、納得できたりあきらめがつくことも多いんですよ。

 

それと同時に、じぶん自身の思考のクセを知ることもできるしね。

 

そうすることで「じぶんと他人は、それぞれ違うものなんだ」っていう、

ある意味、あたりまえのことに客観的に気づくことができる。

 

 

コレって、あたりまえのようだけど、意外と見落としがちなことなんですよ。

 

「じぶんと相手はちがう」ってあたりまえのこと、当事者になると気づかないものですから。

 

そんなとき、生年月日から知る命術(めいじゅつ)を使えば、

相手とじぶんの違いをハッキリと知ることができる。

 

そうすることで、いろんな疑問の謎が解けて、じぶんなりの対策を立てることもできる。

 

人はなんだかんだいって、コミュニケーションなしでは生きていけない生き物ですからね。

 

だからこそどうやっても避けられない人間関係のちょっとしたお悩みに、

実はとっても占いは使えるツールなんですよ。

 

それもじぶんでそれなりの知識をいったん身につけてしまえば、いろんな応用が効く。

 

いちいち鑑定を申し込まなくても、じぶんである程度の判断をつけることができる。

 

そんなちょっとした日々の人間関係のわずらわしさから解放されたい方こそ、

占いをじぶんで勉強することは、とてもおススメです。

 

 

 

☆月額マガジン【月刊:菅野 萌の占いは男と女の運命学】運営中☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加

 

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 


Top