「誰が」じゃなくて「何を」で判断するのがいいとわかっていても。2016.08.29

よく人の好き嫌いで判断するのは良くないとか言われるし、

「誰が言っているのか」じゃなくて「何を言っているのか」で

判断するのがいいって言われるけれど、実際問題、

人っていうのはそんなふうに理屈ですべてを片づけられるものじゃない。

 

もちろん、わたしもできるかぎり「誰が言っているのか」じゃなくて

「何を言っているのか」で判断するようにしているし、

そうした判断のときは少なくとも「人の好き嫌い」で判断しないようにはしている。

 

これは個人事業主として仕事をしていくうえでは大切で、また必要なことなので、

少なくとも【仕事にかんすること】にかんしては、

「誰が言っているのか」じゃなくて「何を言っているのか」で判断するようにしている。

 

 

けれども、やっぱり人には「好き嫌い」の感情があるのはあたりまえで、

同じことを言われても【誰に言われるか】によって受け入れることができる、

もしくはできないっていうのは、人間の自然な感情であり、

それを理性で考えろといっても、現実にはなかなかむずかしい。

 

だからこそ、もしあなたが誰かに何かを伝えたいのであれば、

少なくとも相手から好かれずとも嫌われないようにする必要があるし、

実際、人は嫌われると損をすることが多い。

 

これはやっぱりまぎれもない事実であり、好かれる必要はなくとも、

少なくとも「嫌われない」方が、長い目でみたら、絶対人生は有利に働くのだ。

 

 

もちろんこれは仕事にかぎったことではなく、恋愛にも同じことがいえる。

 

仮に形式上、「彼氏彼女」であったとしても、内心で嫌がられていたら、

相手はあなたの言うことには耳を傾けなくなるし、

最悪の場合は、それが別れにつながる可能性だって十二分にある。

 

そのくらい相手から「嫌われない」ことはもちろん、

「嫌がられない」ことはとてもとても大切なことなのだ。

 

 

あなたは知らず知らずのうちに、彼、もしくは彼女の嫌がることをしていませんか?

 

もしかしたら、あなたのパートナーは、そのことを口に出さずに、

その想いを心の内にためて、それらを少しずつ蓄積させているかもしれない。

 

そしてある日突然、別れの言葉を口にするかもしれない。

 

それは、あなたにとっては寝耳に水のことだとしても、

相手にとっては、それが限界点の突破なことは、十分すぎるほどありえるのだ。

 

 

人の価値観は人それぞれ。

 

あなたにとってあたりまえのことが、相手にとってもあたりまえとはかぎらない。

 

そうした価値観の違いを知るのに、

生年月日時を使った占いは、非常に役立つツールです。

 

あなたとパートナーの「価値観の違い」を知りにきませんか?

 

それを知ることで、あなたは「寝耳に水」の別れのことばを聞くことを、

避けることができるかもしれませんよ。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top