自分がされてイヤだったことのはずなのに。2016.11.03

人は立場が変わると、言うことがコロッと変わることも少なくありません。

 

よくあるのが「自分は絶対あんな大人にはならない!」と固くココロに誓っていたのに、

実際にその立場に自分が立つと、あれほど自分がイヤだと思っていた大人になっていた、

なんてことは、よく聞く話ですよね。

 

つまり人というのは、立場や環境が変われば言うことが変わらざるを得ないこともあれば、

気づかないうちに、ほんとうに変わってしまうことが避けられない生き物だということなのでしょう。

 

実際わたしも、自分がされてイヤだったことを逆の立場になってやってしまっている、

ということは、とても多くあります。

 

あとでそのことに気がつくこともあれば、

きっと気づかないままに通り過ぎてしまっていることもあるでしょう。

 

そしてそのことに気づいたとき、当時の相手の気持ちが理解できることもあれば、

自分自身、ほんとうにエラそうなことがいえないよな・・・と自省することもあります。

 

このあたりは、ほんとうに自分自身の言動を省みて、反省することも多いです。

 

そんな自分の器の小ささに気づき、なんて自分はイヤな人間なんだろうと思ったり、

どこまで自分は自分勝手な人間なのだろうと、我ながらウンザリすることもあります。

 

 

人というのは、どうして自分がされてイヤだったはずのことを、やってしまうのでしょう。

 

どうして立場が変わると、そのことを忘れてしまうのでしょう。

 

いや、冷静に考えれば、立場が変われば見えてくることも変わり、

視点や観点も変わるわけですから、むしろ変わって当然なのだと思います。

 

それこそが人間らしさ、ともいえるでしょう。

 

そう考えたら、そんなことで悩むことじたい、ナンセンスなのかもしれません。

 

そうやって双方の立場を理解できるようになることこそが、

成長の過程といえるのかもしれません。

 

そうやって、いろんな立場を経験して、いろんなキモチや心情を理解することが、

さらなる人間性の成長や厚み、深さにつながっていくのだとも思います。

 

また出会いというのは、必要なときに必要なタイミングで訪れるものなので、

そうした中で人は悲喜こもごもな経験をつうじ、さまざまなことを学び、成長していくのでしょう。

 

 

2016年も、あと二ヶ月を切りました。

 

わたしにとっての2016年は、まちがいなく一つの転機となった年でした。

 

あなたにとっての2016年は、どうでしたか?

 

少しずつ今年のできごとを棚卸しして、自分のココロを整理していく。

 

そんな秋の夜長の過ごし方も、悪くないと思います。

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top