◎【しあわせになるW不倫の法則*24】電話をイベントにしない◎2016.11.07

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

ひとことで「W不倫」といっても、カップルそれぞれの付き合い方があると思いますが、

その中に長電話がひとつのイベントみたいになっている方たちも多いかと思います。

 

いわゆる「電話デート」ってやつですね。

 

もちろん長時間の電話デートが悪いわけではありませんし、

とくになかなか会えない遠距離W不倫カップルにとっては、

大切な時間であり、また楽しみな時間だとも思います。

 

今は無料通話アプリや無料で話せる料金システムなど、いろいろありますからね。

 

これらを駆使してつながりをもつことは、

とても良いことだと思いますし、また必要なことだとも思います。

 

ただ、あまりにも電話で話すことをひとつのイベントにしてしまうと、

電話で話すことじたいが特別なことになってしまい、

ふたりの間の日常に「電話で話す」という選択肢が、入ってこなくなってしまう可能性があります。

 

たとえば「電話で話す=長電話」という暗黙のルールがふたりの間でできてしまうと、

少しだけでも声が聞きたくてガマンができずに、「電話で話したい」と仮にあなたが言ったとしても、

まとまった時間がとれない彼から「時間がない」 という理由で断られてしまう可能性も出てくるのです。

 

それで結果的に寂しい想いをしてしまうのなら、電話で話すことを、

もっと日常に落とし込んでフランクなものにした方が、ずっと建設的です。

 

時間がたくさんあるときは、長電話でつながりをもつ。

 

なかなか時間がとれないときは、たとえ数秒でもいいから、声を聞く。

 

そんなふうに電話をカジュアルに使いこなせるようになると、

たとえなかなか会うことができなくても、ココロに張が生まれたり、

つながりを感じることで寂しさを多少は緩和することもできます。

 

もちろんナマで会うのがいちばんですが、それが無理な場合は、

相手の声を聞き、ダイレクトに会話ができる電話に勝るものはないですからね。

 

長電話が悪いわけではありませんし、電話デートを楽しむことも悪いことではないのですが、

たまにまとまった時間で会うよりも、ちょこちょここまめに顔を見る方が

お付き合いをするうえでは大切なように、やはり電話デートもたまに長時間話すより、

たとえ数分などの短い時間でも、ちょこちょこ声を聞く方がいいのです。

 

せっかくの無料で話せる手段が、たくさんある時代です。

 

電話をもっとフランクに、そしてカジュアルに使いこなしましょう。

 

 

【幸せになるW不倫の法則:24】電話をイベントにしない

 

 

 

※こちらの法則は2014年に作成したもので、2016年音声で補足・追加などをお話しています。

 

※つまりはこういうことを女性の側が言わずとも、

根本的に理解している男性と付き合うのがベストですよ、ということです。

 

こちらのnoteは月額マガジン

【月刊:菅野 萌の占いは男と女の運命学】に収納されているものです。

 

 

※有料マガジンについての詳細はコチラをお読みください。

 

※記事単体での購入も可能です。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top