「彼はわたしのことをほんとうに好きなの・・・?」彼のキモチがわからなくて、男性に甘えるのが苦手なあなたへ。2017.01.17

先日、インスタグラムでフォローしているかたの写真に「子育て四訓」が書いてあったんですけど、
「これは恋愛にもまったく同じことがいえる!!!!」と思ったので、こちらでもご紹介します。

 

 

#子育て四訓

魚酒食神仏…ねこ😸さん(@yuka_rina)が投稿した写真 –

 

 

これたぶん、子育てをされたことのあるかたなら、わかると思うんです、おそらく。

 

ちなみに、わたしは子育ての経験はないのですが、恋愛においておそらくわたしは、

男性からみたら子どもと同じような立ち位置にあるような気がするんです、なんとなく。

 

なぜなら、少なくとも今わたしが好きな人(注:付き合ってはいないです)の

わたしに対する対応のしかたが、これそのまんまな気がするんです、ほんとうに。

 

そのときどきの状況におうじて、肌を離さず(注:エロい意味ではないです)、

手を離さず、目を離さず、心を離さず・・・って、使い分けてる気がするんです。

 

まぁだからこそ、わたし自身も今好きなひとのことを、

心から安心できて、また信頼できてる気がするんです。

 

なんていうんだろう・・・

 

なにがあっても受けとめてくれる信頼感と、なにがあっても傍にいてくれる安心感というか・・・

 

もちろん、こうした信頼感や安心感っていうのは一朝一夕でできるものではないので、

それなりの時間を要してはいますし、今も日々、地道に積みかさねているわけですけど。

 

まぁこれはわたし自身がアダルトチルドレンだから、

なおさら父性愛を男性に求める部分が強いっていうのもあるとは思うんですけど、

基本的に女性はやっぱり、強くて安心できて信頼できる男性が好きだと思うんです。

 

 

女性のワガママとか甘えとか、そういうのを受けとめてくれる度量の深さっていうんですかね・・・

 

やっぱりそういう男性に甘えられる状態って、女性にとってすごくしあわせだと思うんです。

 

どんなに強気にみえる女性だって、やっぱり男性に甘えたい気持ちってあるはずですし。

 

だったら、思いきって素直に甘えてみるのがいちばんだと思うんですよね。

 

まぁかくいうわたしも意地っ張りなのと、

アダルトチルドレン特有のガマンするクセの両方があいまって、

思っていることと裏腹のことを口にしてしまうことも多々ありますけど・・・

 

とはいえ、最近は以前より少しはマシになってきた・・・かな。

 

それはたぶん、素直な感情をちゃんと受けとめてもらえるって経験を、

今好きなひとのおかげで、少しずつしているからなんだと思います。

 

「あ、わたし甘えていいんだ」って。

 

「あ、こういうキモチ、素直につたえていいんだ」って。

 

そういうのをわたしは今、ひとつずつ学んでいる段階の気がします。

(注:しつこいようですが付き合ってはいないです)

 

 

でね、わたしの場合は「アダルトチルドレン」っていう大きな壁があるので、

ほんとうにこの壁を少しずつ壊していくのが大きな課題の一つなわけですが、

アダルトチルドレンじゃない人でも「男性に甘えるのが苦手」って人は多いですよね。

 

ぶっちゃけ、わたし自身はアダルトチルドレンって壁がなかったら、

かなり甘え上手だと思うんです。

 

というよりも、甘え性といったほうが正しいかもしれないけど(笑)

(このへんは月×金星のスクエアがきいてると我ながら思う)

 

まぁなんにしても基本的には甘えることって苦手ではないので、

あとはアダルトチルドレンの壁を崩すだけなんですよ、わたしの場合。

 

でも世の多くの女性の場合は、アダルトチルドレンうんぬんではなくて、

この「甘える」ってことそのものが苦手な人が、すごく多いんですよね、おどろくくらいに。

 

これはほんとうにもったいないなぁ・・・って思います。

 

だって男性は女性から甘えられるの大好きですもん♡

 

女性から甘えられて頼られてイヤな気がする男性なんて、基本的にいませんよ。

 

だからほんとうにもったいないなぁ・・・って思うんです。

 

 

ちなみにこの「男性に甘える」って行為は、

なにも好きな人だけに限定する必要はないんです。

 

というか、あなたが「女性」であるのなら、

基本的には世の中の男性、全員に甘えちゃえばいいんですw

 

もちろん厳密には「守るべき境界線」みたいなのはありますし、

そもそも「甘えと依存」はちがいますし、

相手の男性に過剰な誤解を与える言動は「甘え上手」ではありません。

 

そのへんの押し引きのバランスもふくめて、男性に上手に甘えることが、

結果的に「男性が放っておけない女性」になるんです。

 

つまりはそれが「子育て四訓」につながるわけなんですよ。

 

 

#子育て四訓

魚酒食神仏…ねこ😸さん(@yuka_rina)が投稿した写真 –

 

 

 

これは男性の欲望というよりも、男性がその女性を追わずにいられない状態になるわけです。

 

こうなると女性はいわゆる「愛され女子」になるわけです。

 

つまりは男性から大切にされ、守られる女性になる、ということですね。

 

まちがっても男性の身勝手な言動に振り回されたり、うわっつらのことばでぬか喜びさせられて、

あとで地面に叩き落されるような、そんなつらい状態にはならないんです。

(もちろん、わたしも過去にはさんざん、この手のイタイめにあってきてますよ・・・)

 

実際、世の多くの女性が恋愛で悩むのって、

「彼はほんとうにわたしのことを好きなの?」って不安に始まって、

そこからほかの女性の存在とか、そもそもわたしは遊びなのかとか、

っていうか、ぜんぜんわたし大事にされてると思えない・・・とか、なるわけですよね。

 

で、けっきょく身体だけなの?って。

 

 

正直、男女のかんけいで身体抜きの付き合いって、基本的にはありえません。

 

でも「身体の関係がなくても、着実に形成されているもの」って、やっぱりあるんです。

 

そういう精神的な絆みたいなものって、やっぱりあるんです。

 

むしろ、身体の関係はオマケみたいな・・・そんな恋愛だってあるんです。

(世の中にはプラトニックラブってことばもあるくらいですからね)

 

そういう恋愛ができるようになると、

あなたはいつも心が安定して、毎日笑顔で過ごすことができる。

 

 

同じ恋愛をするなら、そういう恋愛をしたくないですか?

 

そのためには、まず「甘え上手」になることが、なにより大切で、また必要なこと。

 

どうやったら男性に上手に甘えられるようになるのか・・・知りたくありませんか?

 

菅野萌のカウンセリングでは、そんな「愛され女子」になるためのレッスンも、

マンツーマンでひとつひとつ教えてあげますよ♡

 

「えーそんなのできなーいwww」なんて照れてたらダメ♡

 

そういうのを照れずにさらっと、

ナチュラルにすべての男性に(←ココとても大事)できるようになってこそ、

お目当ての男性から大切にされて、ナイトのように守ってもらえるようになるんですから♡

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top