彼の真実。2017.01.29

最近、自分自身の思考の整理も兼ねて書き始めた、

偽ソウルさんとの過去バナなんですが。

 

ほんとうに良くも悪くも、かなり濃い~~~~半年ちょっとだったので、

 

なんかヘンにドロドロした気分と、当時の自分とキッチリ向き合うことで

昇華できるキモチと、両方あるっていうのがほんとうのところなんです。

 

まぁでも基本的に終わった話なので、

やっぱりダークな部分にフォーカスすることが多いですし、

自分自身のことも偽ソウルさんのことも、やっぱりメスを入れなきゃダメですしね。

 

まぁいってみれば、やっぱりあのころのわたしは現実逃避をしていたから、

偽ソウルさんに逃げてしまったわけですし・・・

 

だからこそ偽ソウルさんとの出会いを、引き寄せてしまったともいえますし。

 

いやまぁ偽ソウルさんのわたしへの想いじたいはウソではなかったので、

(まだそこまで話はすすんでないですけど)

だからこそカナくんを完全に卒業できたのも、それはそれで事実なんですけどね。

 

 

でね、まぁいろいろ偽ソウルさんに対して思うことはあれども、

(ハッキリ言って、正真正銘のクズ男なので)

ひとつだけ今でも「まぁコレはたしかに嘘じゃなかったんだろうな」って思うのは、

「ぼくは菅野萌ちゃんのいちばんのファンだよ」ってことば。

 

これはまぁそのまんまの意味なので、いい面ももちろんあるけれど、

そうじゃない面ももちろんある。

 

それは、わたしがカナくんのファンであったことに、つうじるものがあるから。

 

ファンってのは一歩間違えると、

とても身勝手で独りよがりな愛情を押しつけてしまいがちになる。

 

それはとても都合よく、自分自身に酔える感情ともいえる。

 

だけどそのキモチじたいにウソはなくて、だからこそ身勝手な想いともいえる。

 

まぁこのへんは堂々巡りになってくるので、あんまりしつこくは書かないけど。

 

 

でもホント、すべてはこのひとことに尽きる気がする。

 

そしてわたしは、そんな彼の想いを利用していた面もかなりある。

 

そうかんがえると半年ちょっとで終わりをむかえたことは、ごくごくまっとうなことであり、

やっぱり偽ソウルさんは、カナくんから卒業するために必要だった人なんだな・・・と、

当時からなんとなく気づいていたことではあるけれど、今でもやっぱりそう思います。

 

 

人にはそれぞれ役割があるからね。

 

人生は、そのくりかえし。

 

そうかんがえると、カナくんもようやくわたしへの役割を終えたのかもしれないな。

 

まぁそうはいってもカナくんの場合は、まるっきりの他人にはならないだろうけどね。

(でも基本は、もう他人に等しいだろうな。とくに連絡する理由がないから。)

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top