これからはW不倫の先にある「友達以上、不倫未満」のセカンドパートナーが増えていく時代になるだろう。(萌さん的には大賛成!!)2017.03.06

昨今、とくにアラフィフやアラフォー世代に

急増しているといわれる「セカンドパートナー」

 

コレW不倫となにがちがうかっていうと、

ひとことでいったら「肉体関係があるかどうか」が最大の違いらしいんですが。

 

またW不倫と大きく違うもう一つの点は、

お互いの配偶者にその存在をオープンにする点にもあるようですけど、

これはまぁケースバイケースでしょうね。

 

と、こんなふうにダブル不倫との違いをあげてみても

「身体の関係がないからって、不倫となにが違うの?

っていうか精神的なつながりのほうが、よっぽど浮気だと思うんだけど」って、

言い分もわかるんですけど、やっぱり身体の関係があるかどうかは大きく違ってきます。

 

っていうかね、そもそも男女は、うかつにキスしちゃダメなんですよ。

 

ある意味セックスより、そこは慎重にならないとダメ。

 

手をつなぐとかハグするとかは、そのへんは状況によってはアリだと思うけど、

(このへんは友だちでも状況によっては、ありますからね)

セックスはもちろん、キスは肉体関係を持つのに同等かなとわたしは思います。

 

むしろセックスよりもキスのほうが、心身に与える影響って大きいしね。

 

なので、わたし的にはセカンドパートナーというのは、

やっぱりキス&セックスは基本ナシだと思っています。

 

 

でね、そりゃまぁ自分の結婚相手だけを一生、みつめつづけることができたら、

それがいちばんいいことはわかっているけど、現実にはむずかしいですよね。

 

もちろん、そういうご夫婦もいらっしゃるとは思いますが、

実際のところ、やっぱり結婚と恋愛って別ものなことは、

結婚していれば、やっぱり否が応でも実感すると思うんです。

 

とくにこれから高齢化社会が急激に進めば、

配偶者に先立たれることも視野に入れていかなければならないですよね。

 

で、正直なところ、一定の年齢を超えれば身体の関係うんぬんよりも、

もっと精神的なところでつながっていたいと考えるようになる人は、

まちがいなく増えていくはずなんです。

 

それこそ穏やかに老後を楽しく一緒に過ごせる相手がいたら、

孤独死のリスクって、それだけで避けられるじゃないですか。

 

また自分の配偶者を置いて自分が先立つ場合なんかも、

正直なところ安心できますよね。

 

自分が先立つことで、相手を一人ぼっちにしてしまう心配って、

ものすごく心残りなことだと思うので。

 

そういういろんな状況を考えると、これからはまちがいなく

「友達以上、不倫未満」のセカンドパートナーは増えていくと思うんです。

 

 

で、コレわたし個人は大賛成。

 

っていうかね、こういうパートナーの関係って、もっと増えていいと思うんです。

 

人はね、やっぱり孤独には耐えられない生き物だから。

 

で、基本的に子どもや孫に頼る発想って、それはもうダメですよね。

 

基本、親と子の人生は、まったくの別ものなんですから。

 

むしろ、そのへんの線引きをキチッとして、

自分自身の人生を生きるほうがはるかに楽しいし、また正しい。

 

そうなれば、誰も不幸にならない。

 

みんなしあわせになれる。

 

そういう「籍」に関係ない、家族という枠組みをはずれて、

もっとみんなで支え合って、助けあえる社会になるうえで、

わたしはこの「セカンドパートナー」って、すごく大切な存在になると思うんです。

 

 

そうすれば高齢者の人たちも、どんどん元気になって働く年数が長くなれば、

若い世代への負担だって、多少は減りますしね。

 

なにより子どもや孫をアテにしない生き方ができるって、素晴らしいですよね。

(実際わたしの父は最期まで、その姿勢を貫いて生きた人でした)

 

っていうか、やっぱ人間、死ぬまで恋をしてられるって素晴らしいと思うんです。

 

好きなひとがいれば、それだけで毎日が笑顔になれる。

 

毎日が元気になれる。

 

どうやっても高齢化社会を避けられないのであれば、

わたしはこの「セカンドパートナー」というライフスタイルが生まれたのは

ごく自然の流れだと思いますし、これからますます増えていくと思っています。

 

 

で、もし歳をとってから、お互い一人同士になったら籍を入れるのもヨシ。

 

そのまま、ゆるやかなかんけいを継続するもヨシ。

 

そのへんは、そのカップルそれぞれの事情で選択していけばいいと思います。

 

 

なんにしても、わたしはこの「セカンドパートナー」には大賛成!!

 

そもそもW不倫で悩む人の大半は「結局わたしはセフレなの?」ってところなわけで、

そのネックがなくなれば、むしろ女性が望む恋愛のスタイルともいえますからね。

 

だってそこには「お互いを想う気持ち」がなければ、成り立たない関係ですから。

 

この関係においては、相手の配偶者への嫉妬がゼロってわけにはいかなくても、

少なくとも「彼はほんとうにわたしのことを好きなの?」っていう、

【身体の関係があるゆえの苦悩】に悩まされることは、少なくともないですから。

 

むしろ生きる希望すらわいてくることも多いと思うので、すごくいいと思うんですよね。

 

 

ということで、アラフォー以上の既婚男性&既婚女性のみなさん。

 

この「セカンドパートナー」というスタイルは、一考の価値はあると思いますよ。

 

 

 

というか、わたし個人は「セカンドパートナー」という関係をもつ人たちは、

これからまちがいなく増えていくと思います。(これもポリアモリーのひとつかもね)

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top