「好き」が「恋」に変わるとき。2017.03.07

 

 

またもや渋谷のバーのマスター・林さんが

すばらしいコラムを書いていらっしゃったのでご紹介。

 

とくにわたしが感銘を受けたのはココ。

 

例えば、ある既婚男性が、ある既婚女性に「恋した」としますよね。

 

その場合は、「男性側が、少しだけでもこの既婚女性との関係が

うまく成就するかも」って感じていることを含んでいると思うんです。

 

これ「本当に成就する」とか

「女性側が少しだけでも男性に気がある」とかは関係ないんです。

 

男性側が心の中だけで、「彼女ともしかして上手くいくかも」

って感じているという状態で良いんです。

 

そして、そういう風に心の中で小さな可能性を感じている場合じゃなきゃ、

ただの「好き」が「恋」になったりしないように思います。

 

 

コレほんとそのとおりだと思います。

 

やっぱりどんなに相手に対して「好意」があったとしても、

そこに少しでも「可能性」を感じなかったら、

それが恋に育つことってないと思うんです。

 

実際どんなに惚れっぽい萌さんでも、

やっぱり相手に対してまったく可能性を感じなかったら、

それが「恋心」に発展することって、まずないですもん。

 

 

で、コレ林さんもおっしゃっているように、

「ほんとうに恋が成就するかどうか」っていうのは関係ないんですよね。

 

自分の側が「もしかしたらうまくいくかも」って思えれば、それでいい。

 

だからこそモテる男女というのは、思わせぶりな態度をとる人が

多いともいえるわけで。(それも無意識のうちにというか本能で)

 

そう考えるとモテる人に恋するのって、実は自分が勝手に一人で

カンチガイしてた・・・なんてケースが多いのもうなずけますね。

 

 

っていうか、だからたぶん偽ソウルさんは、わたしに恋をして、

わたしはカナくんへの恋心が完全に冷めたんだろうなぁ・・・

(要は自分の中にあったカンチガイの魔法が解けたということですね)

 

 

林さんの新刊。

わたしはkindle版で購入しました♡

 

 


ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top