W不倫の関係を続けるための心得2015.07.22

「不倫」と聞くと世間の目は冷ややかなものですが、とくにお互いが既婚者であるにも関わらず、大人の関係を持ってしまう「W不倫」となれば、それは想像以上につらく苦しいものです。

 

もちろん、最初から不倫目当てに結婚する人はいません。

 

しかし結婚生活が長く続くほどに、お互いに嫌な部分が見えてきて相手に対する不満が出てくる現実があるのも事実です。

 

本来ならば、配偶者としっかり話し合い、解決することが最良の方法ですが、相手が協力的でなければ状況は変わりませんし、ときには夫や妻以外の人に心のよりどころを求める気持ちが芽生えることもあるでしょう。

 

心動かされる出会いは、いつどこで起きるか誰にも予測できません。

 

そこでこちらでは「W不倫の関係を続けるための心得」についてご紹介します。

 

 

■魅力的な存在でいる

 

愛する妻や夫がいるにも関わらず、他の異性に好意を寄せるということは、その不倫相手に魅力を感じているからです。

 

特に「女性は恋をすると美しくなる」といいますが、不倫相手の彼との関係を続けるためには、常に美意識を高めておくことが大切です。

 

これはもちろん化粧や服装など外見にこだわることも大切ですが、ヘンに勘違いした若作りはヘタをすると、いわゆる「愛人」に見られてしまう可能性があります。

 

また、お相手の彼にも引かれてしまう可能性もあります。

 

既婚者の彼と対等になるためには身だしなみや言葉遣い、上品な美しさが魅力的な女性であり続けるための意識を心がけるようにしましょう。

 

 

■相手を束縛しない

 

W不倫の関係は、お互いに家庭があるため、急な都合で会えないことが多々あります。

 

しかし自分の感情を抑えられず「どうしても会いたい…」という気持ちが強くなると、その思いは相手に対する束縛となってしまいます。

 

そうなると束縛された側は息苦しさを感じ、それがストレスとなって気持ちが遠のいてしまう可能性も高くなります。

 

不倫関係を続けるには、お互いの立場を尊重し、それらはすべて「お互いさまなんだ」ということを忘れずに、広い心で相手を受け入れるようにしましょう。

 

 

■常に感謝の気持ちを持つ

 

W不倫をすると罪悪感がある一方で、「もっと長く一緒にいたい」「人目を気にせず自由に付き合いたい」と様々な願望が出てきます。

 

しかし、お互いに既婚者である以上、守らなければならないさまざまなものがあります。

 

たとえ短い時間でも一緒に過ごせたことに対して「ありがとう」という感謝の気持ちを持ち、また声に出して相手に伝えることが大切です。

 

 

……………………………………………………………………………………………

不倫相談でお悩みの方は、菅野 萌にお任せください。

 

こちらではW不倫を軸に、さまざまな恋愛や人生についてのお悩み相談を承っております。

 

大きく分けると鑑定方法は「対面鑑定」と「電話鑑定」の二つがあります。

 

対面鑑定場所はJR池袋駅近辺のホテルのラウンジもしくはカフェ等となります。

 

実際の鑑定現場では、やはり「直接会って相談したい」という方が多く、東京にお住まいの方はもちろん、地方から相談に訪れる方も少なくありません。

 

一人で悩まず、恋愛カウンセラー【菅野 萌】とともに、人にはいえない悩みや不倫相談を解決して、幸せな日々を過ごしましょう。

 


Top