モテと非モテの分かれ道。2017.11.20

わたしは、恋愛関係にかぎらず、仕事やプライベート、

またSNS上などでいろんな男性と文字のやりとりをする機会が多いんですが、

そんななかで「本当にやさしい人と、うわべのやさしさの人って、

こういうところで差が生まれるんだよなぁ・・・」と思うことが、本当にとても多いんです。

 

わたしがリアルに感じるのは、

「本当にやさしい人は、絶対にこちら側のキモチを言いっぱなしにさせない」ということ。

 

たとえそれがどんなカタチであっても、ちゃんと受けとめてくれて、

それをちゃんとこちら側に伝えてくれる。

 

そういうなにげないやさしさが、圧倒的に優れているんです。

 

わたしは、そうした違いを感じるたびに

「モテと非モテの違いって、本当にこういうささいなことなんだよなぁ・・・」と思いますし、

「でもそのちいさな違いが、大きな差となって圧倒的な違いになるんだよなぁ・・・」と、

本当にしみじみと感じてしまうのです。

 

 

 

ちなみにこれはなにも、たとえば「既読スルーは絶対にしない」とか、

そういった類のものではありません。

 

返事のしようのないものは、彼らだって返事をしませんし、

むしろ、そういった【法則性】があるものではないんです。

 

なぜならそれは「こちら側のキモチを受けとめること」が重要なわけですから、

それはそのときのやりとりの内容によって変わってくるわけで、

そこに一定の法則性なんてあるわけないですよね。

 

そこには「生身の人間の感情やキモチ」があるわけですから、

決まりきった法則性なんて成り立つわけがないんです。

 

でも非モテのひとたちってのは、ここに法則性を見出そうとしてしまう。

 

だから肝心要の「相手の気持ちを受けとめる」ことをせずに、

それでいて「ちゃんと返事をしてるじゃん」「ちゃんと連絡してるじゃん」と言い張り、

いざ本当に必要で大切なときには裏切るわけですよ、相手のキモチを。

 

だからいつまで経っても非モテなのに、彼らはそのことに気づかない。

 

一見、うわべはやさしいんですけどね、そういうひとたちって。

 

 

 

ちなみにわたしは本当にやさしい人が好きなので、非モテ対応のひとにハマって、

それで苦しむってことは基本的にないんですけど、世の中には、この非モテ対応の人に、

モテ対応を求める女性が非常に多いんですね。

 

ぶっちゃけ、この世の恋愛相談の大半は、そこに原因があるといっても過言ではない。

 

でも正直、よっぽどのことがないかぎり、

非モテ男性がモテ対応に変わることって、基本的にはありえません。

 

なぜなら、ここには「本質的なやさしさ」というものが根幹にあるので、

そこを後天的に身につけるのって、正直、不可能なんですよ。

 

生まれもった資質、いってしまえば、才能なわけですから。

 

ですから、あなたが彼の対応に不服があるとしたら、そこはもうあきらめて、

それも込みで彼を受け入れるか、相手を変えるしか方法はありません。

 

ただし、その際は、あなた自身に魅力がなければ、モテ対応のやさしい男性が、

あなたに個別の愛情を注いでくれることはありませんので、

その点はじゅうぶん理解しておいてくださいね。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top