遅くなりましたが…あけましておめでとうございます(iPhoneより@彼さま宅にて)2018.01.05

大変遅くなりましたが、みなさま、あけましておめでとうございます。

 

昨日、今日から仕事始めの方も多かったことだと思います。

 

わたしはイヤというほど「健康のありがたみ」を感じる年末年始となりました。

 

それと同時に、自分を支えてくれる存在のいるありがたさも感じる年末年始でもありました。

 

けれども、やはりこうした生活をしていると、常に「不自由さ」がつきまとい、その中で自分が欲していることも、おのずと気づく機会にもなりました。

 

わたしの人生は恋愛ありきではありますが、やはりわたしは仕事が大好きなんだなということ、そしてなにより「書くこと」が大好きなんだなと思いました。

 

パソコンのない生活は、とてもつらいです。

 

そしてブログやnoteの更新ができないことは、わたしにとって死に等しいくらいつらく、またつまらない人生になってしまうのだとも思いました。

 

この年末年始に経験したこと、考えたこと、感じたこと、思ったことを、すぐに文章や音声にできないもどかしさは、わたしにとって生きていないに等しいものなのだとも思いました。

 

いろいろ疲れることもあるし、大変なこともあるけれど、わたしにとって「菅野萌」として生きることは、人生そのものなのだとも思いました。

 

 

また、やはりわたしにとってレイさんは、わたしの大切なツインレイであることも、あらためて思いました。

 

ツインに対する想いって、ほんとうに通常の恋愛とは、また違ったものなんですよね。

 

レイさんとのことも、先月から自分の中でぐちゃぐちゃしていた部分があったのですが、そのへんも自分の中で整理がついたことも、よかったと思います。

 

そのへんの細かなことについては後日、noteの方に書いていく予定です。

 

 

また、それと同時に「不倫」というものについても、あらためて考える時間でもありました。

 

「不倫」という不毛な恋と背中合わせにあるもの…

 

その現実を受け入れること。

 

そのうえで続けるのであれば、それはそれで覚悟しなければならないこと。

 

そういったことについても、noteに書いたり話したりすることもあるなと、あらためて思いました。

 

そういう意味では少しの間、日常生活から離れたことはよかったのかもしれません。

 

ツインのこと、不倫(W不倫ふくむ)、恋愛のこと、そして占いのこと。

 

それらについて発信することから強制的に離されてみて、自分がやりたいこと、またすべきことについて、気づく機会でもありましたから。

 

あ、そうそう、それとこれを一番感じたんですが、わたしはなによりも「東京という街を愛している」ということ。

 

彼のおうちは首都圏ではあるけれども東京じゃないので、やっぱり東京が恋しくなるんですよね・笑。

 

このへんは本当に自分の「月星座・おうし座」と、「4ハウス・天王星」を実感せずにはいられませんでした・笑。

 

 

さて来週は、まだ日にちは決まっていませんが、病院に行く都合もあって、久しぶりに池袋に帰ります。

 

正直、一人で日常生活を送るには、まだまだ時間がかかります。

 

けれども、できるかぎり早く通常の生活に戻りたいと思っていますし、そのためにもムリをしすぎないことが大切なことだとも思っています。

 

ムリをして、あとからそのツケが回ってきたら、結果的に遠回りになってしまいますからね…

 

そのへんを気をつけつつ、菅野萌としての活動も徐々にエンジンをかけていこうと思っていますので、みなさまどうぞ今年もよろしくお願いします。

 

萌より愛をこめて❤️

 

 

 

 

 

 

 


Top