「不倫」という永遠のテーマ。2018.04.09

さきほどネットラジオ配信のほうでも話したんですけど。

 

 

わたし自身は、もう自分の人生において不倫をすることはないと思いますし、

不倫そのものへの考え方も変わりました。

 

もちろん不倫をするもしないも個人の自由ではありますが、

今のわたしは不倫がYESかNOかと問われたら、ハッキリとNOの立ち位置をとります。

 

けれども、この世から不倫がなくならないことも、わたしはわかってるんですよね。

 

また不倫という関係とはいえ、その関係を必要とする人がいることもわかっています。

 

だからこそ、わたし個人は「不倫はNO」という立ち位置だとしても、

不倫というテーマから完全に離れることはできないし、考え続けなければならないテーマでもある。

 

 

ハッキリ言ってね、不倫の彼とうまくいくなんてかんたんなんです。

 

自分の感情をすべて押し殺して、彼にとって都合のいい女でいれば、その関係は長く続く。

 

ものすごくかんたんなことなんです。

 

でもそれじゃあ、実際のところ、女性は苦しいし悩むし、ミジメな想いにもなる。

 

それができないから、苦しい思いをすることになる。

 

だからわたしは「不倫は女性にとって百害あって一利なしですよ」と言い続けているんだけど、

これをホントの意味で理解できるひとって、なかなかいないんですよね。

 

不倫の恋を、文字どおり「女として輝き続けるための肥やしにできるひと」なんて、

現実には、そうそういるもんじゃないのに。

 

っていうか、突きつめていけば、相手の男性をほんとうに好きになってしまったら、

そんなの平気でいられるわけないんですよね。

 

それなのに自分のことを買いかぶって、不倫の恋に手を伸ばしてしまう。

 

けっきょくそれは、男性にとって「おもちゃ」になっているだけに過ぎないのにね。

 

なぜならそれが不倫の現実だから。

 

たとえどんなにその男性が、あなたのことを好きだと言ったとしてもね。

 

それは否定しようのない事実なんです。

 

 

 

 

「結婚」という選択が、すべて正しいとは言わないけれど、

「不倫」という選択が正しいことは、まずないと思ったほうがいいです。

 

仮に「不倫」という選択をしたのであれば、

その先にキチンとケジメをつける覚悟がなかったら、

それが正解になることはないと思ったほうがいいです。

 

 

そもそもあなたと不倫をする男性を、信用できますか?

 

また、不倫をするあなたを、相手の男性が信用してくれると思いますか?

 

 

いってしまえば、そういうことなんです。

 

もちろん例外はあるけれどね。

 

まずその例外にあてはまることは、そうそうないと思っておいてまちがいないです。

 

だからこその「例外」なのだから。

 

 

 

「不倫」というテーマは、わたしにとって永遠のテーマだなと、ほんとうに思います。

 

それはもしかしたら、わたし自身が不倫の世界から足を洗ったからこそ、

取り組むべきテーマなのかもしれません。

 

完全に当事者じゃなくなったからこそ・・・

 

だけど消すことのできない、自分自身の過去だからこそ・・・

 

これからも取り組まなければならないテーマなのかもしれませんね。

 

もちろん「不倫はNO」という立ち位置からね。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top