小宇宙のなかにある真理。2018.07.07

なんだかんだで数年ぶりに「雇われる」という形態で仕事を始めた萌さんですが。

 

ほんとうに今のこの状況が嫌で嫌で仕方なくて、わかってはいたけれど、

わたしはほんとうに雇われることに向いていないのだなと、日に日に実感しています。

 

さらには基本的に立ち仕事なので、最近、少し落ちついてきていたヘルニアが、

また悪化し始めてしまって、心身ともに疲弊しているといった現実があります。

 

そんななかで、どうにかこうにか生きていられるのは、すべては彼さまの支えのおかげ。

 

彼さまがいなかったら、とっくに仕事も辞めていたと思いますし、

(とはいえ、どれだけ今のパート先の仕事を続けるかは不明ですが)

なにより心が完全に折れてしまっていたと思います。(今も折れかかること多々あり)

 

ただ、この経験は「勤め人のジレンマ」っていうんですかね。

 

苦悩というか、しんどさというか、そういったものを経験していることは、

おそらくこれからの菅野萌の活動にも役に立つだろうなとは思っています。

 

人間、誰しも自分が経験してみないことには、わかりませんからね。

 

というか、そうにでも思わなければ、ホントやってらんないってのが実際のとこで、、、

 

※誤解のないように補足しておくと、わたしの職場は一般的な普通の職場だと思います。

あくまでも、わたしのメンタルの問題であって、けっしてブラックな職場ではありません。

というより、たぶんいいほうだと思います、ふつーに考えたら。

 

 

 

 

さて、世の中には離婚をしたいと考えている女性は、ほんとうに多いです。

 

それが本気で思っているのかどうかはさておき「離婚したい」と思っている女性は、

おそらく世の男性が思っているよりも、はるかに多いと思います。

 

ただ離婚となると、いちばんのネックが「経済的な問題」になってくるわけで。

 

わたし自身も元旦那さんと14年ものあいだ、ズルズルと仮面夫婦生活を続けましたが、

まさに「経済的な問題」がすべてのネックであり、そこをクリアすべく占いの勉強を始め、

そこから紆余曲折を経て現状があるわけですが、自営はけっして楽なものではありません。

 

また自分自身がダウンしてしまったら、なんの保証もありません。

 

わたしは今回のヘルニアの一件でそれを痛感したため、

イヤイヤながらもパートを始めたわけです。

 

わたしの場合は、ほんとうに運良く彼さまとの出会いがあったので、命拾いしましたしね。

 

これはもう自分の運の良さに感謝するしかないってレベルの話ですけども。

 

 

 

でもね、自分で言うのもアレですし、ホントうさんくさくなっちゃいますけど、

やっぱり運の良さって自分自身で引き寄せるものでもあるんです。

 

たとえば、わたし自身で言うならば、まずはズルズルと続いていた

元旦那さんとの結婚生活に区切りをつけようと必死にがんばったし、

そこからもいろいろ回り道はしたけれど、愛し愛されるパートナーを得るために、

いろんな努力もした。

 

もちろん傷つくこともたくさんあったけど、

だからこそ自分を大切にしてくれるひとの大切さもよくわかるし、

そこからいろんな出会いが広がっていったんですよね。

 

そのなかでも最高の出会いは彼さまだったというだけで。

 

 

 

 

正直、元旦那さんと離婚してからも、けっして楽しいことばかりではありませんし、

今だってヘルニアに苦しみながらパートに行ったり、

彼さまとのお仕事はもちろん、菅野萌としての活動もしているわけで、

元旦那さんと結婚していたほうが、もっと楽な生活はできたかもしれません。

 

でもね、元旦那さんとの結婚生活だって、今の時代、どこでどうなるかわからない。

 

信じていた安定が覆されることなんて、あたりまえのようにある。

 

もしも万が一そうなったとき、わたしは

このひとと一緒にはがんばれないと思ったから、離婚を決めた。

 

この判断は今でも正しかったと思っていますし、

ひとりで歯を食いしばってがんばっていたからこそ、

レイさんをはじめとして、仕事面でサポートしてくれる出会いにも恵まれたし、

プライベートでも仕事でもパートナーと呼べる彼さまと出会うこともできた。

 

やっぱり人間、一生懸命がんばっていると、恋愛にかぎらず、いいご縁に恵まれるんですよ。

 

これは今のパート先で、いろんなひとを見ていると、ほんとうによくわかります。

 

また新人のわたしへの対応にも、そのひとの人柄が現れるので、ものすごく参考になる。

 

人間観察という観点でいったら、今の職場は一般的な職場ゆえに学ぶことがたくさんある。

 

まぁだからこそ、今の経験は、間違いなく役に立つ日がくると思っているわけですが。

(とはいえ、しんどいのは事実だけども)

 

 

 

 

人の悪口を言っている人は、常に誰かの悪口を言っています。

 

みんな黙ってそれを聞いているけれど、そんなひとと仲良くしようとは思わないから、

適度に距離をとって、うわべだけの会話をしている。

 

もちろん職場であれば、それでもかまわないかもしれないけれど、

そういうひとって、たいていの場合、プライベートのことも文句をよく言ってるんです。

 

だから常に不満を抱えてる。

 

そして「どうして自分ばっかり、こんな大変な思いをしなきゃいけないんだ」って、

被害者の顔をして、負のパワーを撒き散らしてる。

 

もしくは、絶対に自分の非を認めなかったりね。

 

でもそれって、ものすごく損してるし、他者からの評価も格段に下げている。

 

そして、そういうひとって、やっぱりプライベートが充実してないケースが圧倒的に多い。

 

けっきょく、負の連鎖なんですよね。

 

逆に言うと、わたしがどうにかこうにか生きていられるのは彼さまのおかげなわけで、

そこにプライベートの充実があるから、いろいろがんばることもできる。

 

でももし元旦那さんと結婚をしたままだったら、

「どうしてわたしがこんなことをしなきゃいけないの」ってなって、

不満タラタラのパートおばさんと、なんら変わらなかったと思います。

 

だからこそ、プライベートの充実って、すごく大切だなぁってほんとうに思うんです。

 

 

 

 

離婚って、たしかに大変です。

 

離婚そのものにも多大なエネルギーを使うし、離婚したあとは、もっと大変かもしれない。

 

でも、それで負の連鎖を生んでいくのであれば、

どこかでその鎖を断ち切ったほうが、長い目で見たら絶対にいい。

 

どっちにしたって、生きていくってのは大変なことなんだから、

ちゃんと愛し愛されるパートナーと一緒にいたほうが、結果的にいろいろがんばれる。

 

また、がんばっているひとには、必ず応援してくれるひとが現れるから、

気づけば味方や仲間が増えている。

 

同じ仕事をするなら、またなんにしても生きていかなければならないのであれば、

そういう人生のほうが圧倒的に楽しいし、しあわせだとつくづく思います。

 

とくにイヤでも長生きせざるをえない、これからの時代はね。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top