31日の月食を前に・・・今年は厳しめ路線を復活させます☆愛すべきドMのみなさまへ❤2018.01.29

ここ1~2年ほど、わたしはかなり意識して

 

「けっして無理をする必要はありません」

 

ということばを、ブログのなかで多く使ってきました。

 

もちろん人によっては、こうしたことばが必要な段階というのもあります。

 

とくに心が弱っているひとに対しては「無理をする必要はないよ」「ありのままでいいんだよ」と、

いったん、そのままの相手を受け入れてあげる過程が必要だからです。

 

ですが、このぬるま湯に浸かってしまうと、そこから抜け出せなくなるのも事実なんですね。

 

そこから奮起して勢いで抜け出そうとしても、自分一人のチカラだとすぐに弱って負けてしまう。

 

そこで堂々めぐりをして、いつまで経っても同じところをグルグルしている・・・

 

わたしは、そういう人をここ1~2年で数多く見てきました。

 

そして知らず知らずのうちに、わたし自身も、そうしたループに陥っていました。

 

それはやっぱり、わたし自身の心も、いろいろ弱っていたからだと思います。

 

ですが、今の彼と付き合い始めて、「ああ、このままじゃダメだな」って気づいたんです。

 

というのも、今の彼さまはとてもスパルタなひとだから(笑)

 

あ、とはいえ誤解のないように補足しておきますと、

彼はとてもやさしく思いやりがあり、とても愛情深いひとです。

 

もちろん人間ですから、まぁ欠点もいろいろいろいろいろいろありますが(笑)

 

でも基本的に彼は、とてもやさしく思いやりがあって、そしてとても愛情深いひと。

 

だけど、ものすごくスパルタなんです(笑)

 

でもね、そのことばを言われたときに、たしかに傷つくことも多いのだけれど、

その根底には、ちゃんと「愛」があるから、時間が経てば、

彼の言っている意味が理解できるようになってくるんです。

 

 

いやもちろん、彼の言っていることすべてが正しいなんて、そんなことは思っていません(笑)

 

でも少なくとも、少し時間が経ってから自分のなかで受け入れられることばは、

やっぱり正しいことだからこそ、そしてわたし自身も、やっぱり心のどこかでそれを直したい、

もしくは変えたいと思っているからこそ、土に水がじわじわしみこむように言葉がこころにしみこんでくる。

 

そういうことを繰り返していると、たとえそのときは、ものすごくキツく聞こえることばだとしても、

それを言ってもらえたことで、自分自身がほんとうの意味で抜け出したかったぬるま湯から、

少しずつでも抜け出そうと自分が変わってくる、また変えようとする自分が生まれてくるんです。

 

これね、すごい大事だと思った。

 

たしかに「コノヤロー!!マジムカつく!!!!」とか思うこともあるし、

「そんな言い方しなくても・・・」と本気で思うことも、しょっちゅうあるんだけど(笑)

 

時間が経てば、それらのことばがちゃんと心にしみてくる。

 

これ、すごい大事なことだと思ったんです。

 

また正直、わたし自身も、いつまでもぬるま湯から抜け出そうとしないひとを、

いつまでも相手にしていてもしかたないと思ったっていうのもあるんですよね。

 

じゃないと、わたしがほんとうに占いを活用してほしいと思っている人に、わたしの声が届かない。

 

それじゃあ、なんのためにブログやnoteで発信しているのかわからない。

 

わたしは基本的に

 

「占いがなくても生きていけるけど、そのうえで占いを上手に活用できるひと」に、

 

占いをもっともっと日々の生活や人生のなかに、上手に取り入れてほしいなって思うんです。

 

でも、そういう人って、もちろん人間ですから、ときに心が弱ることがあったとしても、

慢性的にそういう状態ってことは、まずないんですよね。

 

「自分をより良くしていくためには、どうしたらいいのか?」

 

「相手との関係性を、より良くしていくためには、どうしたらいいのか?」

 

「仕事の生産性を上げるためには、どうしたらいいのか?」

 

といった向上心を、常にもって動いてる。

 

わたしはそこまで強い人間ではないけれど、

それでも本来は、こういう考え方ができたはずなのに、

やっぱりものすごくぬるま湯に浸かってしまって、

だけどそれは結局、ほんとうの意味での心の支えがいなかったから。

 

リアルに愛し愛される存在がいなかったから。

 

だからわたしの心は、どんどん弱っていったんだなと。

 

これがやっぱりすごく大きかったんだなと。

 

それをすごく実感しているんです。

 

 

 

ということで、今年はブログの方も厳しめ路線を復活させます☆

 

といっても、たぶん以前のわたしとは、またちょっと違う感じになるんじゃないかと思います。

 

だって、やっぱりソコには、リアルに愛し愛される存在がいるから。

 

身も心もすべてゆだねることができる、大切な存在がいるから。

 

そんなわたし自身の変化とともに、同じ厳しめ路線でも以前とは違った感じになると思いますので、

菅野萌のブログをご愛読くださっているドMのみなさま、どうぞ楽しみにしていてくださいね❤

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


◎ 次ステージに進んで感じるツインレイ特有の信頼感◎2018.01.28

個人的な体験談デス。

 

 

 

 

こちらのnoteは月額マガジン

【月刊:菅野 萌の占いは男と女の運命学】
【月刊:菅野萌の運命の人に出会いたいあなたへ】に収納されているものです。

 

 

※【月刊:菅野萌の占いは男と女の運命学】についての詳細はコチラをお読みください。

 

※【月刊:菅野萌の運命の人に出会いたいあなたへ】についての詳細はコチラをお読みください。

 

※記事単体での購入も可能です。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


自分にとっての家族。2018.01.28

 

こちらのnoteは月額マガジン

【月刊:菅野 萌の占いは男と女の運命学】に収納されているものです。

 

※高額の価格を設定していますが、
これは「月額マガジン読者さん専用の記事」という意味ですので、
その点、ご理解よろしくお願いします。(noteの構造上、価格をつけています)

 

※有料マガジンについての詳細はコチラをお読みください。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


セカンドパートナーの先にあるもの◆ピュアな恋愛を求める男たち。2018.01.28

これはとくに40代後半以降の男性に多いなと感じているのだけど、

これから子どもをイチから育てる必要がない年代ということもあって、

ものすごく「ピュアな恋愛」を求めている男性が多いように感じる。

 

それはなにもプラトニックな純愛ということではなく、

リアルに「純粋な恋愛」を求めているのだ。

 

だからたとえば身体の関係がなくても、ごはんデートをしたり、ちょっとお茶したり、

飲みに行ったり、一緒にイベントに出かけたりと、

いわゆる「デート」を楽しむことを求めている男性が増えているように感じる。

 

もちろん、そこに身体の関係があれば、それはそれでうれしいけれど、

なければないで、それはそれで別にかまわない。

 

ただ好きな女性の笑顔をみながら、楽しいひとときを過ごしたい。

 

そういう「ピュアな恋愛」を求めている男性が、増えてきているように思うのだ。

 

 

 

昨今、セカンドパートナーということばが生まれた。

 

コレかんたんにいうと、要は「セックスのないW不倫の関係」だ。

 

さらには、自分の配偶者にもセカンドパートナーの存在を知らせるケースも多く、

そこに理解をしめす夫・妻もいるという。

 

基本的に身体の関係がないこと、そして配偶者にその存在を知らせることが、

今までのいわゆる「不倫」とは違うところだ。

 

正直わたしは、これほど都合のいいことばはないと思っているし、

これほど都合のいい関係もないと思っている。

 

でもだからこそ、こうした存在を欲するキモチも理解できるし、

とくに男性の側がセカンドパートナーを求めることは、とても理解できる。

 

子どもも大きくなって、とりあえず肩の荷が降りて、

年齢的にも少しはお金に余裕も生まれて、

だけど今さら奥さんに恋愛のようなトキメキは求められないから、

身体の関係なんてあってもなくてもいいから、一緒に食事をしたり出かけたりして、

恋人のようなひとときを楽しみたいと思うのだろう。

 

 

 

そのキモチじたいは理解できる。

 

実際わたしは、夫婦ともに子育てを終えたころ・・・

 

たとえば50歳以降でパートナーチェンジすることが、

あたりまえの世の中になるんじゃないかと思っているし、

実際そうなればいいとも思っている。

 

恋愛と結婚は別ものだというけれど、「子育てを前提とする結婚生活」と、

「子育てを終えたあとの結婚生活」では、まったくその趣旨が異なる。

 

もちろん、生涯ひとりだけを愛し愛され続けることができれば、

それがいちばんしあわせだとは思うけど、20代のころに好きになる相手と、

40代で好きになる相手では、やっぱりそこには大きな違いがあることも少なくない。

 

いわゆる「不倫」という関係は、基本的には離婚をしないことが大前提の関係だけれど、

そこにはやっぱり「ホテルでの密会」的な、薄暗いイメージがどうしたってつきまとう。

 

昔にくらべたら、オープンにデートを楽しむ不倫カップルも増えたのは事実だけれど、

やっぱりそこには「このあとホテルでセックス」というところまでがワンセットだ。

 

セカンドパートナーと不倫の大きなちがいはまさにソコで、

でもたぶん、これからの時代は、その先にある「パートナーチェンジ」が、

もっとあたりまえになっていくように感じるのだ。

 

 

 

そもそも不倫という関係は、どうしたって傷つく存在を生む。

 

子どもの年令によっては、子どもの心にも大きな傷がつくこともある。

 

だけど「子どもを育て上げるまで(自分の遺伝子を遺すため)のパートナー」と、

「ひとりの人間、男と女としてのパートナーは別」という概念があたりまえになれば、

不倫をする理由がひとつ減るように感じるのだ。

 

もちろん、すべてのひとがそうだとは言わないけれど、少なくとも現状のように、

「一度結婚をしたら、もう二度とその相手と別れないのが前提」となると、

そこに不倫願望が生まれてもおかしくないし、実際にソレをやるひとも多くいる。

 

そして不倫をされた「サレ妻」が、今度は「だったら自分も」と不倫の世界に足を入れるなど、

そんなぐちゃぐちゃした状態が増えている現状を考えたら、

法的にもセカンドパートナー(というかパートナーチェンジ)を認めるよう整備されれば、

ずいぶんそのハードルは下がるように思う。

 

もちろん、こんなのはわたしのひとつの仮説であり、実際にどうなるのかはわからないけど、

現実に「セカンドパートナー」という概念が生まれたということは、

その先には、そんな未来があっても不思議ではないように思うのです。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


◎【宿曜雑談】軫宿×井宿(安懐・中距離)◎2018.01.28

それぞれの宿の特徴をみていくことで、なぜその関係になるのか、

リアルな人間関係を想定してよみといています。

 

 

 

 

こちらのnoteは月額マガジン

【月刊:菅野 萌の占いは男と女の運命学】に収納されているものです。

 

 

※有料マガジンについての詳細はコチラをお読みください。

 

※記事単体での購入も可能です。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top