「正しいか正しくないか」なんて結局のところ、自分が「幸せか幸せじゃないか」ってことだと思うんです。2015.09.13

恋愛でも仕事でも人生を生きていれば、

人はさまざまなことで悩み、壁にぶち当たります。

 

とくに一生懸命に生きている人ほど悩みも多く、

ぶち当たる壁も、立ちはだかる壁もどんどん大きくなっていきます。

 

で、悩み迷っているときって

「何が正しい選択なのか」がわからなくなると同時に、

ソレがものすごく知りたい答えでもあるんですよね。

 

でも実際には、どこにも正しい答えなんてないんです。

 

そんな魔法のような答えはない。

 

 

 

どんな選択をしたって、良いこともあればイヤなこともある。

 

 

だったら、どんな判断をするときも、

「自分が幸せか幸せじゃないか」で決めればいいんじゃないかな。

 

そもそも何に幸せを感じるかなんて価値基準そのものが、時とともに変化していくもの。

 

だったら、そのときの自分が「幸せ」って感じられる方を、選べばいいんじゃないかな。

 

自分の中で「ハッピーホルモン」が出ていれば、誰に言われずとも努力もするし、

そもそも努力そのものが楽しいのだから、それを努力とすら思わない。

 

もちろん、そうした中で新たな壁にぶち当たって、また苦しくなるときは必ずくるんだけど、

少なくともハッピーホルモンが出ているときは、それがどんなに大変でも苦しいとは思わない。

 

大事なのはソコなんじゃないかな。

 

どんなことにも苦労や修行や根性みたいなものってつきまとってくるものだけど、

それを苦行だと思わないのは、ハッピーホルモンが出ているかどうか。

 

それに人って幸せそうにしている人を見ていると自分も幸せになってくるから、

結局、自分が幸せでいることが他人を幸せにすることにもつながるんだよね。

 

逆にいえば、自分が笑顔でいることによって、幸せそうな人を妬み、

自分と同じ不幸な側に、引きずり込もうとしてくる相手に気づくこともできるから、

断つべき縁に気づくこともできたりするし(笑)

 

 

ま、もっといってしまえば、倫理的、道徳的な「正しさ」なんて、

現実の幸せには何の関係もないということ。

 

むしろ足かせにしかならないことの方が、圧倒的に多い。

 

だったら、何が正しいか正しくないか、なんてことを考えずに、

自分のハッピーホルモンが出る選択をすればいい。

 

 

わたしは、そんなふうに思います。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


自分の感性を信じる。2015.09.12

これは自分自身の経験からも本当に思うんですが、

最終的にどうするかの判断は「自分の感性を信じるかどうか?」なのだと思います。

 

とくに迷ったり悩んでいるときって、どうしても「もっともらしい意見」に惑わされるんですよね。

 

もちろん「もっともらしい意見」のすべてが悪いってわけじゃないですし、

ときに人の意見を聞くことって大切であり、必要なことだとは思うんです。

 

でも結局、そうした意見に心から納得できることって、少ないと思うんです。

 

そもそも納得できていれば、それらの意見って、とっくに取り入れているはずですから。

 

それなのに、うまくいかないとき、人生の迷いが生じたときって、

「やっぱり他者の意見を取り入れないからダメなのかなぁ、、、」って思ってしまうんですよね。

 

だからダメなのかなぁって。

 

 

でも最終的に頼りになるのは、自分自身の感性だとわたしは思います。

 

「自分の中で、ピンとくるものがあるかどうか」

 

結局それに勝るものはないと思います。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


誰かに相談することの一番のメリットは「自分が本当に望んでいることに気づくことができる」ということ。2015.09.12

人間、生きていると、本当にあれこれいろんな壁にぶち当たり、

そのたびに自分一人で悩むことに限界を感じ、また他人に相談したくなります。

 

もちろん、相談することじたいは悪くありません。

 

むしろ、そうやって人に話すことで、

自分の本心に気づくことの方がはるかに多いですからね。

 

じゃあ、なぜ他者に話すことで、自分の本心に気づくことができるのか?

 

 

それは相手から何かしらのアドバイスや助言を得られるからなんです。

 

で、もちろん、それらを言われたとおりに実行するのも、一つの手。

 

でも現実には「言ってる意味はよくわかるし、よく聞く話や言葉だけど、

何か自分は気が進まない(=ワクワクしない)んだよな」って思うことも多いと思うんです。

 

 

でも、その違和感って大事なんです。

 

っていうか、そこを突き詰めていくと、自分が本当に望んでいることが見えてくるんです。

 

実際わたしも「個人事業主」という立場で仕事をしていると、

一人で思い悩むことなんてしょっちゅうありますからね。

 

もちろん基本は一人で考え、

判断し、答えを出していかなくてはならないんですが、

当然のことながら、誰か他の人に相談をすることだってあります。

 

でも正直、相手からの助言がビシッと自分のココロにハマることなんて、滅多にないんです。

 

そもそも自分の本心に合致することであれば、自然とワクワクしてくるはずですからね。

 

もしくは「ようやく背中を教えてもらえた!」と思うかもしれない。

 

何にしても、その助言が自分にとってしっくりくるときは、勝手に身体が動くと思うんです。

 

実際わたし自身も、自分の中に違和感があるときって、やっぱり身体が動かないですし。

 

結局のところ、人って自分が思うようにしか動けないし、またそれは続かない。

 

 

じゃあ、自分が本当に望んでいることはなんなのか?

 

 

つまるところ、人に相談するってことは、それらを紐解く作業なのだと思います。

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


不倫をしている人にとって、天災は一つのキッカケになりえる。2015.09.12

今日の早朝、東京湾が震源地で、かなり大きな地震がありました。

 

ちょうどそのとき、わたしはなんだかんだでパソコンを開いていて、

「さすがに、そろそろ少し寝ようかな・・・」と思ったいた矢先の地震だったので、

マジでホントに心底、ビビりました。

 

新潟中越地震地震以来、大きな地震にはかなりトラウマがあるのです。

 

そのあとには東日本大震災もありましたしね。

 

ただ、この2つの震災のとき、地震時は一人で自宅にいたとはいえ、

一応、わたしは結婚していたわけです。

 

また元夫からも電話がありましたしね。

 

でも今はホントに一人なわけです。

 

わたしのことを真っ先に心配してくれる人は、いない。

 

これはもう否定しようのない事実なんです。

 

事実、わたしのところに安否を気遣うメールは一通もこなかった。

 

で、実際に地震が起きて「怖い!!」と思ったとき、

やっぱりわたしはカナくんを思い出しました。

 

ただしソレはカナくんの安否を気遣うものではなく(だって彼には家族がいますからね)

単純に「怖い!!」と思ったとき、その恐怖を緩和したくて

真っ先に思い浮かんだのがカナくんだったんです。

 

でも現実にはカナくんは傍にいないわけです。

 

また連絡だってこないわけです。

 

せいぜいが、わたしの方が本能的に「怖かった」と思わずメールをしてしまったくらい。

 

もちろん、そのメールにも返信はない。

 

 

誤解のないように言っておきますが、コレは今に始まったことではありません。

 

過去の2回の大震災のときも、カナくんと連絡なんてとれませんでしたからね。

 

なので、そのことについてショックを受けているわけではないんです。

 

ただ改めて思うのが、「コレが不倫の関係なんだよな」ということ。

 

もうこんなの当たり前すぎるほど当たり前のことですし、わかりきっていることですが、

やっぱりこうして現実に地震が起きると、そうした現実がイヤでも見えてしまう。

 

 

東日本大震災後、絆やつながりの大切さを実感して、

結婚を決意したカップルが増えたそうですが、こういう言い方をするとアレですが、

とくに独身女性で不倫の世界からなかなか足を洗えない人にとって、

人のチカラではどうにもならない「天災」というのは、

今ある自分の現実を冷静に見つめ直す、いいキッカケになるのかもしれませんね。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


わたしは、いったいいつまで報われない恋をし続けるのだろうか。2015.09.10

もうコレも何度も言っていることだけれど、わたしはカナくんのことが大好きで、

だけど彼との関係にゴールはなくて、まただからこそ自分の未来を彼に縛りつけることもしない。

 

また、そもそも、わたしは「結婚」そのものを望んでいないのだから、別に相手が独身だろうが

既婚者だろうが、自分が相手のことを好きなら、それでとくに問題はない。

 

はずなのだ、理論上は。

 

だけど現実には、そんな理論で片づけられたら苦労はしない感情というものがある。

 

理屈だけで考えたら、カナくんのことをセフレとして割り切ろうとも、

生涯、愛する人として自分の人生を捧げようとも、それはわたしの自由だ。

 

だけど、そんなかんたんに理屈で割り切れたら、人はそもそも悩まない。

 

そもそも苦しむこともない。

 

 

わたしは本当にわからない。

 

いったいわたしは、いつまで報われない恋をし続けるのだろう。

 

確かに都合のいい関係として考えたら、カナくんほど最適な相手はいない。

 

それでわたしが満足できるのであれば、そこに何も問題はない。

 

 

でもだけど、なのだ。

 

わたしは自分が本当に満足しているとは思えない。

 

結局は「不倫」という枠組みの中でしか、彼との関係は成しえないのだ。

 

 

そう考えたとき。

 

彼から物理的な距離を置くことは、とても有効な策のようにわたしには思えるのだ。

 

そしてそれは、わたし自身が、新たな人生の扉を開くキッカケになるような気がするのだ。

 

たとえそれが現実逃避であったとしても。

 

 

やはりわたしは次なる環境の変化を、求めなければならないようだ。

 

何より自分自身が前に進むために。

 

 

 


Top