不倫(W不倫ふくむ)のいちばんの弊害2018.01.27

さきほどのLINELIVE配信でも話したんですけど。(参照:2018年1月27日LINELIVE配信【1】

 

不倫のいちばんの弊害って「自分に自信がなくなること」だと思うんです。

 

これはわたし自身、今の彼と付き合っていて、自分がここ15年以上、

いかにまともな恋愛をしてこなかったのかということを、あらためて実感しています。

(まぁそのうちの14年は萌さん、結婚してたでしょってツッコミはナシでw)

 

とにかくね、これはわたしの年齢的な問題もあるんですけど、知り合う人は既婚者が大半で、

付き合う付き合わないはともかくとして、まぁ「男の弱さ・ズルさ」というのを知るとともに、

自分自身も、そういうぬるま湯の関係のほうが、なんだかんだで楽だと思ってたんですよね。

 

でも実際は、やっぱり寂しくて、誰かのいちばんになりたかった。

 

だから今の彼と付き合うことを決めたわけなんですけど。

 

 

でもね、彼との付き合いが深まるほどに、わたしは彼を怒らせてしまうんです。

 

そして、その原因が「わたし自身が、ずっとまともな恋愛をしてこなかったことで、

無意識のうちに自信が持てなくなっていたんだなぁ・・・」ということに気づいたときは、

わりと衝撃でした。

 

いやもちろん、アダルトチルドレンな面も原因のひとつではあるんですけど、

(そもそも不倫をするひとには、アダルトチルドレン=愛に飢えているひとが多い)

不倫という「ガマンをすることがあたりまえの恋愛」に慣れてしまうと、

ほんとうにビックリするくらい、あたりまえの恋愛の感覚を忘れてしまう。

 

そして知らず知らずのうちに、自分に自信が持てなくなって、

自分のキモチと相反することを言ったりやったりしてしまう。

 

 

「こんなことをして(言って)いいのかな・・・」って思った結果、彼を怒らせてしまう。

 

それはひとことで言ったら「もっと素直に彼を好きなキモチを言動に表せ」ってことなんですけど、

それができない自分に愕然としたりするんですよね。

 

でもそのおかげで、そんな自分の心理に気づくことができたりする。

 

まぁ彼さまは大変だと思いますし、怒りながらも根気よく付き合ってくれていると思いますが、、、

 

 

 

でもね、コレもし彼に怒られなかったら、たぶんずっと気づかなかったと思うんです。

 

それって、ものすごい人生の喪失ですよね。

 

むしろそれでも今の彼と出会えるって、わたしどんだけ運がいいんだっていうね。。。

 

たしかにそうは思うんですけれども!!

 

とにかく彼は、日々の会話の中から、いろんな気づきを教えてくれるんです。

 

そして、そのたびに思うんです。

 

「もちろん彼の言っていること、すべてが正しいとは思わないけれど、

【不倫】という不毛な恋は、ほんとうに人からあたりまえの自信や人権を奪っているのだなぁ」と。

 

これはW不倫でも同じことがいえます。

 

ですが、ダブル不倫の場合は、まだ「お互いさまの関係」ですから救いがあります。

 

でも片方の側(とくに女性の側)が独身の場合の不倫は、あまりにも奪われるものが多い。

 

そしてそれは本人も無意識のうちに、自分から自信を奪われて、まともな恋愛ができなくなってしまう。

 

それって、せっかく出会った新たな恋を、ダメにしてしまいかねませんよね。

 

実際わたしも何度、彼を怒らせたかわかりません。

 

そしてその根底にあるのは、「不倫グセから身についた自信の喪失」なのだということに気づいたトキ、

ほんとうに愕然としましたからね。

 

「あぁ・・・不倫という恋は、ここまでいともかんたんに、人間から尊厳を奪うものなんだ」と。

 

 

 

わたしは今、今の彼と付き合うことで、少しずつ心のリハビリをしていると思います。

(まぁもっと言うと彼も別の意味で、わたしと付き合うことでリハビリをしているのですが)

 

そこで気づいたり、わかったりするんです。

 

「わたしは不倫という不毛な恋で、知らず知らずのうちに心を傷つけ痛ませていたんだな」って。

 

あたりまえのことなんだけど、だけどその渦中にいるときには気づかない闇。

 

わたしは今の彼と付き合うことで、そこに気づくことが増えてきたんです。

 

まただからこそ気づいたんです。

 

「アダルトチルドレンのひとは自分を抑えて、ガマンすることになれているから、

不倫をするひとにアダルトチルドレンのひとが多いんだな・・・」って。

 

 

 

もちろん不倫をするひとすべてが、アダルトチルドレンというわけではありません。

 

ですが、やはりアダルトチルドレンのひとが不倫をする傾向が強い理由は、ここにあると思うのです。

 

そもそもアダルトチルドレンのひとは、愛に飢えていますからね、、、

 

だからこそ、【わかりやすい恋愛】である不倫に、逃避先を求めてしまうのでしょう。

 

だって不倫である以上、少なくとも恋愛以上になることはないですからね。

 

女性の側も、ある意味、そうした安牌のなかで、自分の飢えた心を満たそうとしているんです。

 

だけど結局「ガマンが前提である恋愛」だからこそ、知らず知らずのうちに、

自分のなかで自信をどんどん喪失してしまう・・・

 

 

わたしは彼女っていっていいの?

 

でももし彼女だと仮にいったところで、

奥さんや家庭のことは、黙ってガマンしなくちゃいけない、、、

 

文句を言いたくても言えない、、、

 

結局わたしは、彼の都合のいいときしか会えない、、、

 

だったら、彼の迷惑にならないようにしなきゃ。。。

 

そうしなかったら、彼に嫌われちゃうかもしれない、、、

 

 

そういう「不倫の暗黙のルール」がもたらす負のループが、知らず知らずのうちに、

あなたのなかから自信を奪っているんです。

 

実際わたしも、こんなしおらしい考え方をしていたわけではありませんが、

根底にあるキモチは同じでした。

 

だからガマンすることが、あたりまえだった。

 

また既婚の男たちは、そこをあたりまえのように求めてくる。

 

そんな不平等な関係を続けていたら、感覚がマヒするのは当然ですし、

自分のなかから自信がなくなっていくのも、あたりまえのことですよね。

 

だって、そもそもガマンすることが大前提の恋なんだから。

 

それが「不倫の恋」

 

 

 

わたしはね、この弊害はほんとうに大きいと思う。

 

とくに、もともとアダルトチルドレンのひとは、なおさらね。

 

幼いころからある心の傷口を、もっともっと広げちゃう。

 

逆に言うと、そのほうが安心できるってことにもつながるんだけど、

(参照:2018年1月27日LINELIVE配信【1】

結局それは、現実から目をそむけてるだけなんだよね。

 

もちろん、そういう時期があるのも、ひとつの過程としてしかたないのかもしれないけど、

どこかでそのループを断ち切らないと、一生

「ガマンすることがあたりまえ」の恋しかできなくなる。

 

それは結果的に、まともな恋愛に出会ったときに、自分も相手も傷つけることになる。

 

 

ちなみに誤解のないように補足しておくと、今の彼さまは最初から怒っていたわけではないですよ。

 

あまりにも、わたしが自信がなさすぎて、同じことを繰り返すから、怒らせてしまっただけです。

 

とはいえ、わたし自身、彼さまの言っていること、すべてが正しいだなんて思っていません。

 

そこまで盲目的に、彼さまの言うことを信じているわけではありません。

 

だってわたしを好きになる時点で、彼さまもなにかしら病んでいる人だから(笑)

 

そこはね、類友の法則で似た者同士だから(笑)

 

でもだからこそ、わたしは不倫という不毛な恋でマヒしてしまった感覚を取り戻しているのだと思うし、

それは今のわたしに必要な経験なのだと思います。

 

おかげでワタクシ、15年以上ぶりに、まともな恋愛をしていますから(笑)

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


2018年1月27日LINELIVE配信【1】2018.01.27

超久しぶりに、LINEライブ配信しました☆

 

今回は10代の男の子が視聴者さんとして、お付き合いしてくださいました・笑笑。

 

 

 

 

LIVE配信中のコメントも読みたい方はコチラ

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


依存じゃなくて活用だからこそ・・・菅野萌が思う占いを活用してほしいひと。2018.01.24

ぶっちゃけ、やたらと深刻に悩んでいるひとよりも、

むしろ、こういうひとに占いは活用してほしいんですよね。

 

そのほうがまちがいなく、より良い人生を送れるから❤

 

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


占いで相手のことを知り、恋愛に役立てる。~西洋占星術のアスペクト(星と星の角度)でみた彼の場合~2018.01.24

さぁ、ようやく最後の西洋占星術までたどり着きました!!

 

ということで、今回は西洋占星術のアスペクトでみた彼のことを、お話していこうと思います。

 

(参照1:菅野萌の西洋占雑談【1:12星座&10天体編】

(参照2:菅野萌の西洋占雑談【3:アスペクト編】

(参照3:占いで相手のことを知り、恋愛に役立てる。~四柱推命でみた癸(みずのと)の彼の場合~

(参照4:占いで相手のことを知り、恋愛に役立てる。~宿曜でみた壁宿(へきしゅく)の彼の場合~

(参照5:占いで相手のことを知り、恋愛に役立てる。~宿曜でみた壁宿(へきしゅく)の彼と、昴宿(ぼうしゅく)のわたしの場合~

 

これも何度も書いていることなのですが、最近の読者さまのためにもう一度書くと、

ひとは誰もが10の星座をもっています。

 

これは太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星の10天体が、

みなさんにおなじみの12星座のどこかに必ず入っているためです。

 

そして一般的にいわれている、たとえばみなさんが「わたしは、おとめ座」などと認識している星座は、

【太陽が、おとめ座に入っている】という意味なんです。

 

つまり、そのくらい太陽星座というのは重視されていて、太陽ってやっぱり強いんですね。

 

そんな太陽と、そのひとの本質をあらわす月のアスペクトを、彼のホロスコープでみた場合、

彼の太陽と月はスクエア(90度)の角度をとっているんです。

(注:これは必ずしも、すべてのひとが太陽と月のアスペクトがあるわけではありません)

 

このアスペクトは、ちょっと試練のある角度。

 

なので、彼の場合「世間さまに見せる顔と自分自身の本心との違いにギャップがあり、

人前で本心をさらけ出すのが恥ずかしい」という気質をもっているとよみとることができるんです。

 

実際、彼の言動から、彼は意外と人の目を気にしたりする一面があるので、

(これは彼の用心深さからくる部分もあるとは思いますが)

そうした面を知るほどに「なるほどなー太陽と月のスクエアって、こういうことを気にするのか」

と、しみじみ思ってしまうんです。

 

というのも、わたしの太陽と月はトライン(120度)のアスペクトを形成しているのですが、

ここでもわたしと彼は正反対。

 

この角度は、とても伸び伸びとした角度なので、ひとことで言うと「公私の矛盾がない」んです。

 

なので、社会的な面も私生活に自然に取り入れることができるため、何の違和感もなく、

日常生活を送ることができ、人生の基盤がしっかりしているんです。

 

わたしがこうして「菅野萌」として活動しながら、自分自身のことをこうして話すことができるのも、

この太陽と月のトラインのチカラが、かなり大きいと思っています。

 

ですから、彼からしてみたら、わたしの言動は、ちょっと信じられないものが多いと思います。

 

でもわたしにとっては、これが当然のこと。

 

そういう意味では、わたしのほうが余裕がありますから、彼のそうした言動を、

「あぁ、なるほどな」と包み込むことができるんです。(彼は気づいていないと思いますがw)

 

また彼は、そのひとの本質をあらわす月が、

破壊と再生の星・冥王星とオポジション(180度)の角度を成しています。

 

これは「こまかいことには反応しない、情緒面での欠落がある」

また「私生活での圧倒的な支配力をもつ」などとよみとることができるんです。

 

これもまた、わたしは彼のことを知るほどに「あぁ・・・だからなのか・・・」と、

ある種のあきらめに近い想いになることもありますし、そのてんにかんしては、

「このひとは本質的にこういう性質なんだから、そこに抗ってもしかたがない」と、

ある意味、腹をくくれるんです。

 

もちろんこれも、わたしのなかに「彼が大好き」というキモチがあるから思えることですが、

このことを知らなければ、もしかしたら早々にうんざりしていたかもしれません。

 

だけどわたしは、彼のこうした性質を知ることで、

「まぁしょうがないよなーこれはもう、直せっていっても直らないところだし」と思うことができる。

 

これをただひたすらガマンするとなったら、わたしの性格的に早々にブチ切れると思うけれど、

「まぁしょうがないよなー」と思うことができる。

 

これって、ほんとうに大きなことなんです。

 

 

 

知らなければ「なんで?どうして?」と思うことも、

知っていれば「これがこのひとの個性だからしかたない」と、腹をくくることができる。

 

それはけっしてムリをして受け入れるのではなく、それが【個性】だからしょうがないと受けとめる。

 

逆を言えば、わたしにだって直せない個性があるということですからね。

 

これもわたしがずーーーーーっと言い続けていることのひとつですが、

恋愛はもっとも濃い人間関係のひとつです。

 

とくに恋愛相手なんていうのは、血がつながっているわけでもない赤の他人同士なわけですから、

無条件に相手を受け入れることは、なかなかむずかしい。

 

そんなとき、占いによって相手の性質と自分の性質の違いを知ることで、

相手のことを受け入れることができるのは、結果的に自分も相手も救うことになる。

 

大好きなあの人と少しでも長く一緒にいたいと思っているあなたにこそ、

そんなふうに占いを活用してほしいなと思います。

 

完璧な人間なんて、どこにもいないからこそ・・・ね^^

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


占いで相手のことを知り、恋愛に役立てる。~紫微斗数でみた「天機(てんき)」の彼の場合~2018.01.24

最初は四柱推命と宿曜で終わらせるつもりだったんですけど、

せっかくここまで書いたので、残りの紫微斗数と西洋占星術もやってしまおう!

ということで、今回は紫微斗数でみた彼さまのことを。

 

(参照1:菅野萌の紫微雑談【主星・宮・兄弟宮~子女宮】

(参照2:占いで相手のことを知り、恋愛に役立てる。~四柱推命でみた癸(みずのと)の彼の場合~

(参照3:占いで相手のことを知り、恋愛に役立てる。~宿曜でみた壁宿(へきしゅく)の彼の場合~

(参照4:占いで相手のことを知り、恋愛に役立てる。~宿曜でみた壁宿(へきしゅく)の彼と、昴宿(ぼうしゅく)のわたしの場合~

 

彼の命宮には「天機」という星が入っています。

 

この星は、とても頭のいい研究者・学者の星。

 

また補佐役として、昔でいうところの軍師、いわゆるブレーン役の星です。

 

これまたほんとうにおもしろいことに、命宮に「武曲・七殺」という、

強く現実的な星をもつわたしとは、ここでもまさに正反対・・・

 

大きく分けると、わたしの星が地球グループで、彼の星は宇宙グループ。

 

地球グループは現実的な星が多いのに対し、宇宙グループは理想や夢を追う星の集まり。

 

もうね、ホントここまでくると、ホントどんだけ正反対のふたりなんだ!!ってね(笑)

 

でもこれこそが「相手との違いを知る最大のメリット」でもあるわけです。

 

だって地球人と宇宙人同士ですもん、ベースが違ってあたりまえじゃないですか。

 

それを最初からわかっているからこそ、想定外の反応がきたときに、

「ああ、なるほどなぁ・・・」と、これまた納得がいくわけです。

 

ちなみに紫微斗数の星たちにたとえられる「封神演義」のなかでは、

天機は武曲にブレーン役として仕える星。

 

これは宿曜でみても同じことがいえるんですが、

彼がわたしのサポート&秘書的な役割をはたす関係性ともいえるんですよね。

 

実際わたしは、彼からほんとうにいろいろ助けられていますし、プライベートだけでなく、

たとえば仕事の面においても、こうしてブログのネタになったりすることもあれば、

自営の先輩としてのアドバイスをくれることもあれば、客観的な意見をくれることもある。

 

もちろん、わたしと彼はまったく違う仕事をしていますから、具体的なことではないけれど、

本質的に必要なことや大切なことを、彼はいつも教えてくれる。

 

これはほんとうに、ありがたいことだなぁと思っています。

 

そもそも「武曲・七殺」って、ものすごくせっかちな星ですからね。

 

そこに天機星という、知恵者のサポート役がいてくれるのは、非常に助かるわけです。

 

そして、そんなとき「ああ、やっぱり正反対の性質をもつひとならではの視点って、

自分にはない発想と気づきを与えてくれるんだなぁ・・・」と思うんです。

 

そうするとね、なんとなくマイナス要素のように感じられがちな「正反対の性質」というものが、

むしろプラスの要素に見えてくる。

 

ハッキリ言って、人間なんて考え方ひとつで生き方が変わりますから(総じて人生も変わる)

自分とは異なった意見や考え方も参考になるし、ありがたいなぁと思えるようもなる。

 

それって、ふたりの関係性において、すごく大切なことですよね。

 

 

 

しつこいようですが、恋愛感情というのは、時の経過とともに薄れていくもの。

 

その現実は避けられません。

 

ですが、一対一の人間関係としてみた場合、その関係性はまちがいなく深まります。

 

そのときに「このひとは自分にはない視点と気づきを与えてくれるひとだ」という考えが根底にあると、

相手の意見に耳を傾ける姿勢を忘れることはなくなります。

 

それって、ひとと付き合っていくうえで、とても大切なことですよね。

 

もちろんこれは、わたしと彼のケースを例にとった話ですが、それぞれのカップルが、

お相手との関係性を知ることは、少なくともマイナスになることはありません。

 

また、こうして複数の占術でみていくほどに、たとえばわたしと彼の場合であれば、

「これだけ正反対なんだから、考え方が違ってあたりまえ」と合点もいきますから、

それを前提に彼と付き合っていくこともできます。

 

もちろんそれは「相手のことが大好きで、相手も自分のことが大好き」という大前提のもとで

成り立つことではありますが、大好きなひととは少しでも長く付き合いたいと思うのが当然ですから、

まずは自分のことを理解して、さらには相手のことを理解するのに占いを活用するのは、

ほんとうにほんとうに有効な手段のひとつだと思います。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top