◎菅野萌流*ツインレイ◆神さまが与えてくれた、わたしにとっての偽ツインソウルの役割◎2017.05.16

この一年という時間の経過の中で、わたしにとって大きな変化は、

一生、離れられないと思いこんでいた、

カナくんの呪縛から逃れることができたこと、

そしてレイさんへの想いに気づくと同時に、

レイさんがわたしのツインレイだという確信をもてたことでした。

 

それこそが神さまがわたしに与えてくれた、

偽ソウルさんとの出会いの意義だったのだと思います。

 

※26分ほどの内容ですが、よろしければご視聴ください。

(無料音声ですので、最後まで聞けます)

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


菅野萌流*ツインレイ◆偽ツインソウルにはナルシストが多い、という件について。2017.05.16

これはどこで見聞きしたか忘れたのですが、

偽ツインソウルにはナルシストが多い、ということを聞いたことがあります。

 

コレは完全に、わたし個人の経験談になってしまうのですが、

(まぁそもそもわたしのブログはすべて、わたしの経験談がベースですがw)

少なくともわたしの偽ツインソウル(=偽ソウルさん)は、とてもナルシストな人でした。

 

ちょっと正直、どこからそんな自信がわいてくるんだっていうくらい。。。

 

 

いろんな人を見ていて思うのですが、そもそもナルシストな人って、

ほんとうの意味で、自分に自信がない人が多い気がします。

 

つまり、きちんと自己受容ができていないというか。。。

 

もしくは二村ヒトシさんがいうところの「インチキ自己受容男」というか。

 


なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか (文庫ぎんが堂)

 

 

「なんでそんなに自信満々なの?」ってくらいのナルシズムをもっているか、

逆に「なんでそんなに自信がないわりには、うぬぼれがつよいの?」みたいな、

このどちらかのパターンがナルシストの人には多い気がするんですよね。

 

 

で、偽ツインソウルとのかんけいって、

このナルシズムがほどよく刺激されるかんけいな気がするんです。

 

そこにはなんといっても序盤の「この人こそ、わたしの運命の人かも・・・!!」みたいな、

ドラマティックで急激な展開で、偽ツインソウルとのかんけいは始まるわけですから、

相手の男性をうぬぼれさせるには、じゅうぶんな要素があると思うんですよね。

 

ほら、男ってのは甘やかすとロクなことないから。

 

男ってのは甘やかしたら終わりだから。

 

このへんの線引きが最初の盛り上がりでグダグダになりやすいから、

偽ツインソウルって必然的にナルシストになるような気がするんですよね。

 

ヘンに自信を持たせてしまうというか。

 

 

ちなみにわたしの場合は、かなり偽ソウルさんにイライラする事が多かったこともあって、

「自惚れんじゃないぞバカヤロー」的な意味もふくめて、レイさんとのことはもちろん、

わたし自身のレイさんに対する想いも、わりと正直に伝えていたんです。

 

でも偽ソウルさんにとって、いちばん大きな不安要素だったのはカナくんだったみたいで、

わたしのカナくんへのキモチが冷めていることに安心して、

そしてそれは自分(偽ソウルさん)に理由があると思っていたあたりが、

どんだけ自信があるというか、ナルシズムが強いんだろうと思いましたが・・・

 

いやちがうから!!実際にはレイさんの要素がほとんどだから!!って意味もこめて、

ずいぶんレイさんとのことは、偽ソウルさんには包み隠さず話したんですけどね・・・

 

どうやら、そんなわたしの真意は伝わらなかったようで、

どうしてそこまで自分に自信がもてるのか、わたしには不思議でしかたなかったのですが・・・

 

 

もちろんこれは、ほんとうにわたし個人の経験談であって、

これはさすがに「偽ツインソウルはナルシストが多いです!」と断言はできませんが、

少なくともわたしの体感的には、この理屈はものすごく当てはまっていますし、

それゆえ謙虚さというものを失い、エゴのぶつかりあいになっていくのが、

偽ツインソウルの宿命なのだと思います。

 

※余談ですが、偽ソウルさんの口癖のひとつに「驕らず謙虚にいくよ」というのがありました。

 

そもそもほんとうに謙虚な人って、そうしたことばを口にはしないですし、

そんなことは意識せずとも自然と言動にあらわれるものなので、この彼の口癖ひとつをとっても、

偽ソウルさんがナルシストな要素は、じゅうぶんあったと思います。

 

ってか、ホントこのひとは無神経なひとでしたよ、実際のところw

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


菅野萌流*ツインレイ◆異様なまでの尋常じゃない憎悪パワーが向かう相手@ツインレイと偽ツインソウルの決定的なちがい。2017.05.16

 

 

なんの因果かわからないけれど、わたしは若かりしころから「秘密の恋」に縁があった。

 

それこそプロフィールに登場するAさんとの恋も、わたしに婚約者がいる状態で、

ほんとうにつらく苦しく、またせつない恋だった。

 

またレイさんとの恋も、それをおおっぴらにすることは決して許されない、

(たとえ周囲に気づかれていたとしても)永遠の秘密の恋であり、

その事実はおそらく変わらない。

 

 

なんの自慢にもならないけど、わたしは秘密の恋に縁があるぶん、その状況には慣れている。

 

でもだからこそ、自分も相手も本気でお互いのことを想いあっていなければ、

その恋が長続きすることが不可能なことも、よくわかっている。

 

そういう意味で、わたしは「遊びの恋」というのができないし、

たとえそれが複数恋愛(ポリアモリー)であったとしても、

一人ひとりときちんと向き合う姿勢は絶対的に必要なものだと思っているし、

だからこそ相手は厳選する。

 

 

そんなわたしが偽ソウルさんに対して思った、

あの異常ともいえる感情は、いったいなんだったのだろうと思う。

 

わたしはこう見えてやさしい。

 

とくに自分が好きな人に対しては、かなりやさしいし、そしてかなり甘い。

 

事実わたしは、なんだかんだいいながらも、

偽ソウルさんに対しても、かなりやさしかったし、かなり甘かった。

 

たとえ「条件付きの好き」であったとしても、

わたしはかなり偽ソウルさんに対して、甘かったし、またやさしかった。

 

けれど偽ソウルさんは、だんだんソレを当然のものとし、

自分が既婚者であることを隠してウソをついたことも、不倫というかんけいが、

どれほど女性のココロを病ませているのかということも、まったく理解していなかった。

 

そこがレイさんと決定的にちがうところで(レイさんは、そうした想像力のある人)

だからこそわたしは、偽ソウルさんをほんとうに好きになることはなかったのだけれど。

 

それにしても、あの異常ともいえる嫉妬や独占欲は、自分でも説明がつかないレベルだ。

 

そしてそれは「偽ソウルさんを好き」というキモチからではなく、

完全に「自分のため」という我欲(エゴ)のかたまりでしかなかったということも、

今ならとてもよくわかるのだけれど、あのころはそこまで冷静に客観視はできなかった。

 

 

あの異常ともいえる憎悪パワーは、今まで誰に対しても湧き上がったことはない。

 

もともと気性が荒くてプライドの高いわたしは、そうとう高飛車な発想をするほうだけれど、

そういうのともあの感情はちがう類のものだった。

 

そこには相手に対する思いやりとか、気遣いとか、そういうものが一切なく、

ただただ自分の負の感情が心の奥底から湧き上がってくる。

 

何をどうやっても、偽ソウルさんを自分のものだけにしないと気がすまない。

 

そこに愛情はない。

 

ましてや未来をみつめる視点もない。

 

ただただ目の前の偽ソウルさんに執着し、彼を自分だけのものにしなければ気がすまない。

 

ただそれだけの感情。

 

実際に偽ソウルさんがほしいわけじゃない。

 

実際に彼と一緒に暮す生活なんて、まったく思い描けなかったし、

彼の口からでる調子のいいことばには、正直うんざりもしていた。

 

接する時間が増えるほどに、偽ソウルさんの嫌なところが目につき、

彼の冷たさを感じ、何度も元旦那さんのことを思いだし、そしてイライラした。

 

最終的には、その限界がきて、

わたしは偽ソウルさんとの縁をすべて断ち切ることにしたけれど、

それにしても、あのころの憎悪に等しい感情は、自分でもまったく理解ができない。

 

そしてそれこそが偽ツインソウルの大きな特徴のひとつなのだと、

今ならハッキリわかるのだけど、その渦中にいるときは、そのことに気づけなかった。

 

 

ツインレイについての情報はほんとうにいろいろあるので、

なにをどう信じようとも、それは個々人の自由だ。

 

あなたがしっくりくるものがあるのなら、それを信じればいい。

 

けれども、わたしは自分の経験上、ツインレイに対して異様に執着するとか、

ツインレイと一緒にいると、とにかく感情が激しくなってものすごく疲れるから、

結婚するのはツインフレームがちょうどいいとか、そうした理屈には、まったく賛同できない。

 

それは偽ツインソウルを、ツインレイと勘違いしているだけだ。

 

その事実を認めたくなくて、ツインレイの愛情はキレイゴトじゃないと否定しているだけだ。

 

もちろんツインレイとの愛情にも人生の試練はあるけれど、それはとても前向きなもので、

なによりお互いが成長でき、お互いを大切に想いあい、そこに異様な執着とか、

異様な嫉妬とか独占欲とか、そういうのはうまれない。

 

 

もちろん通常の恋愛の範疇である嫉妬とか不安とか独占欲とか、

そんなのは人間の自然な感情なので、それすらもまったく皆無というのは、

それはそれでツインレイをキレイに崇め奉りすぎていると思う。

 

けれども、まちがってもツインレイに対して、

異様なまでの独占欲とか嫉妬とか執着はうまれない。

 

もしあなたが「こんなにつよい独占欲や執着心が芽生えたのは初めてだ」と、

ある種の運命たものを感じるのであれば、

少なくともその人は、あなたのツインレイなんかじゃない。

 

もしあなたが、そこになにかしら運命めいたものを感じたとしたら、

むしろそれは偽ツインソウルである可能性がとても高い。

 

少なくとも、わたし自身の経験からは、そう断言できる。

 

 

世の中には偽ツインソウルをツインレイと勘違いしている人がほんとうに多い。

 

ましてやランナーとチェイサーの概念なんて、こじつけにも程がある。

 

本物のツインレイと出会ったら離れたくても離れることはできないし、

そこで相手に対して異様なまでの執着や独占欲が生じるのだとしたら、

それはあなたの「彼がわたしのツインレイであってほしい」という願望から、

彼をむりやりツインレイの概念に当てはめようとしているだけだ。

 

本物とのあいだに、そんな理屈は存在しない。

 

そんなのは言葉にせずとも、お互いにちゃんとつうじあい、わかりあえるのだ。

 

 

大事なことだから何度でも言うけど、ツインレイとのあいだに異様なまでの独占欲や、

嫉妬や執着心がうまれることはない。

 

もちろん恋愛の範疇でのそうした感情は人間の自然な感情だから、

そこまでまったく皆無というのは、それはツインレイをキレイゴトに崇め奉りすぎている。

 

けれども、まちがってもツインレイと一緒にいて、心が疲弊するということはない。

 

ツインレイと一緒にいることが負担になるなんてこともない。

 

もしツインレイとについて、そう言うひとがいるとしたら、

その人は偽ツインソウルをツインレイと思いこんでいるだけ。

 

ツインレイとのあいだに生じる試練は、とても前向きで建設的なもので、

お互いに成長でき、どんどんしあわせパワーが広がっていくものです。

 

そのことをどうかよく知って、彼が偽ツインソウルだと気づいたならば、

偽ツインソウルとの縁は、できるだけ早く断ち切ってくださいね。

 

偽ツインソウルのもつ負のパワーこそ、あなたを疲弊させるいちばんの原因なのですから。

 

 

※もちろん偽ツインソウルとの出会いから、学ぶこともあるんですけどね。

ですがその学びは、そんなに長期間にわたって得られるものではありません。

 

必要な学びを得たら、できるかぎり早く、偽ツインソウルとの縁は断ち切りましょう。

そうしないと、なによりあなた自身が疲弊して、負のループにおちいってしまいますので。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


偽ソウルさんとのこと【19】2017.05.16

☆この話のつづきです☆

 

 

わたしのなかに残った大きなしこり・・・

 

それは

 

「なにか急な家庭の事情で、今回の予定がドタキャンされるかもしれない」

 

という、不倫特有の不安と常に背中合わせでいることだった。

 

さいわいにして、このときはなんの問題もなく、偽ソウルさんは東京へ来てくれた。

 

けれど、この先、毎回なにごともなく東京へ来れる保証なんてどこにあるだろう。

 

わたしは口には出さずにいたけれど、それがずっとひっかかっていて、

そして彼がなにごともなくわたしのマンションの最寄り駅にたどりつくまで、

まったく安心できなかった。

 

わたしが偽ソウルさんが無事に来れるかどうか心配していたのは、その点だけであって、

飛行機が事故らずに無事にたどり着きますようにみたいな、そういう発想は皆無だった。

 

そんな余裕はわたしのなかに、まったくなかったし、またそうした愛情もなかった。

 

わたしはどこまでも自分のことしか考えていなかったし、

また「不倫」という立場がどうしても許せず、

そこには偽ソウルさんへの愛情なんて、これっぽっちもなかった。

 

そのことじたい、わたし自身は気づいていた。

 

ちゃんと自覚もしていた。

 

だってわたしが好きなのはレイさんなんだもの。

 

偽ソウルさんと付き合うほどに、自分のほんとうのキモチに気づいてしまうんだもの。

 

だけどレイさんとのかんけいに発展なんて望めない。

 

だからわたしは偽ソウルさんを選ぶことにしたんだ・・・

 

 

そんなわたしのなかから、不倫特有の不安が消えることはなかった。

 

もしそんなことがあったら、わたしのプライドはズタズタだ。

 

そんなこと絶対に許せない。

 

けれど、もしもなんらかの家庭の事情がアクシデントで起こった場合、

まちがいなく偽ソウルさんは、わたしとの約束をキャンセルしてくるだろう。

 

そしてそのリスクはは偽ソウルさんと付き合う時間が長引くほどに、確実に上がる。

 

 

わたしの頭のなかでは、どうしてもそうした図式が消えなかった。

 

そしてそれは偽ソウルさんと一緒に過ごしているあいだも、消えることはなかった。

 

いつどこで緊急アクシデントの連絡がきて、

急遽、帰らなければいけない状態になるかわからない。

 

この精神状態で、偽ソウルさんとの時間を心底、楽しめるわけがない。

 

だけど偽ソウルさんは、こうしたコチラ側のキモチを理解してくれる人ではなかった。

 

そういう思いやりが、決定的に欠けている人だった。

 

それよりも自分が労力をかけて、時間をかけて、お金をかけて、

わたしに会いにきたことへの評価を求める人だった。

 

 

たしかにソレは認める。

 

時間も労力もお金もかけて、わたしに会いに来てくれた、その事実は認める。

 

けれど、そこには「わたしのため」よりも「自分のため」という我欲が、

なによりも最優先されていたはずだ。

 

少なくとも、わたしは偽ソウルさんから、そうした我欲を感じていた。

 

「自分はここまで萌ちゃんに尽くしているのに」という恩着せがましさが、

常にこちらに伝わってきて、それがまたわたしをイラつかせた。

 

 

結果として、3泊4日のお泊りデートは、ひとつひとつを取り上げれば、

それなりに楽しかった。

 

おいしいものもいっぱい食べたし、おいしいお酒もたくさん飲んだ。

 

ふだん一人だったら行かなかったところへも、ふたりで一緒に行った。

 

 

だけれども。

 

 

わたしはやっぱり、そこには元旦那さんにつうじる身勝手さを偽ソウルさんから感じたし、

また根本的にイライラすることが多いことを実感した。

 

現実にこの人と一緒に暮らしたら、まちがいなく元旦那さんとの生活の二の舞いだ。

 

それをハッキリ確信した。

 

それでもわたしは「早く迎えに来て」ということばを出すことをやめなかった。

 

内心では「現実にこの人と一緒に暮らす未来なんて見えないし、仮に実現したとしても、

そこにほんとうのしあわせがあるとはとても思えない」と、わかっていたにもかかわらず。

 

それでも偽ソウルさんと「不倫」のかんけいをつづけるイラ立ちのほうが、

わたしにとってはなによりも重要で、またどうしても無視できずに、

今思うと自分でもどうしていいのかわからない状態だったのだと思います。

 

そしてそのイラ立ちは、ここからさらにどんどんエスカレートしていき、

偽ソウルさんとのかんけいは、どんどん怪しい雲行きへと向かっていくことになるのです。

 

 

偽ソウルさんとのこと【20】

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


偽ソウルさんとのこと【18】2017.05.16

☆この話のつづきです☆

 

 

しつこいようだけれど、わたしにとって偽ソウルさんは、

あくまでも「条件付きの好き」であり、それ以上でもそれ以下でもなかった。

 

でも条件付きであるにせよ、わたしが偽ソウルさんを好きなのは事実だった。

 

よく二番目に好きな人と結婚をするといいなんて言うけれど、

そういう意味で、このときのわたしにとって偽ソウルさんはレイさんの次に好きな人だった。

 

少なくとも偽ソウルさんのおかげで、カナくんへの想い(というか未練)が、

どんどんなくなっていったのは事実だったから。

 

それはまぎれもなく、偽ソウルさんのおかげだった。

 

 

そんな偽ソウルさんが3泊4日で、わたしのお部屋に泊まりに来ることになった。

 

ほんとうはホテルに泊まらせようかとも最初は思ったのだけれど、

偽ソウルさんが住んでいるのは関東からほんとうに遠い場所だったので、

交通費やデート代の負担をかんがえたら、せめて宿泊代くらいは浮かせてあげようと思い、

彼がわたしの部屋へ来ることを、わたしは許した。

 

そしてこれはほんとうに偶然だったのだけれど、偽ソウルさんが東京へくる日程は、

カナくんの誕生日とかぶっていた。

 

それはわたしにとって、ちょっとしたおどろきとともに、

これでほんとうにカナくんから卒業できると、そんな確信にもつながった。

 

うまくいえないけれど、なんだか神さまがそうした流れをつくってくれている気がしたのだ。

 

実際、この事実を偽ソウルさんに伝えると、彼はとてもおどろいていた。

 

それと同時に、常にカナくんにふたたび、

わたしを奪われることを恐れていた偽ソウルさんにとって、

カナくんとの縁が遠のいていくことは、それだけで安心につながっているみたいだった。

 

 

実際のところの、ほんとうのライバルはレイさんだったのに・・・

 

そしてそれをわたしはわりと隠さず、レイさんのことも話したりしたのに・・・

 

 

レイさんとちがって、そういった女性心理に鈍感な偽ソウルさんは、

そのあたりのことが、まったく理解できていないようだった。

 

それがまたわたしのイライラを誘引させる原因にもなったのだけれど・・・

 

 

とにもかくにも、偽ソウルさんは約束どおり、東京まで3泊4日の日程で来てくれた。

 

ただしこのとき、わたしの心のなかに大きな不安の塊があり、

それがわたしのなかで溶けることはなく、ずっとずっとしこりとして残ることになるのです。

 

 

偽ソウルさんとのこと【19】

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top