リスクとリターンは常にイコール。2020.05.31

こんにちは、菅野萌です。

 

いまのわたしは神奈川の山奥に住み、平日は相場を見て過ごす日々を送っています。

 

ちなみにわたしの投資歴はインデックス投資が一年ちょっと、アクティブ投資が半年弱なので、トータルでみても投資家2年生という、まだまだ駆け出しのヒヨッコ状態です。

 

そんなヒヨッコのわたしをいきなり襲ったのがコロナショックであり、結果的にけっこうな大損をしました。

 

正直いって、一時期はほんとうに生きる気力がなくなりました。(ガチで)

 

とはいえ、このままマーケットを退場させられたくないので、日々相場の様子を観察しているわけなんですが、今日とあるツイートを見て「ああ、やっぱりそうだよね」と思いました。

 

そのツイートがこちらです。

 

 

最初に言っておきますが、こちらのツイ主である投資信託さんとわたしでは、そもそもの資金がまったくちがいます。

 

いくらわたしが大損したといっても、数千万円も損したわけじゃありません。

 

ただ、わたし自身が損失をだした金額を考えたとき、そのぶんの利益もマイナスに転じる前に、たしかに出てたんです。

 

ただそこで利確(利益を確定すること)をしなかったのが、わたしの最大のミスであり、これがまだまだわたしがヒヨッコ駆け出し投資家である証でもあるのですが。(プラス、コロナショックという尋常でない相場だったので、投資経験が浅く未熟なわたし自身の手に負えなかったのが、ほんとうのところ)

 

 

冒頭でもいったように、今回のコロナショックで、結果的にわたしはけっこうな大損をしたんですが、この経験はわたしにとって、けっしてムダなものではなかったというか、ムダにしてはいけないことだと思っています。

 

なぜなら、わたしは投資家として生きていくことをやめる気がないから。

 

そのためには「どうやったら投資家として生き残っていけるのか??」ということを考えなければいけないですし、いまはまだ長い道のりのスタートラインをようやく切ったような状態ですし、むしろこの経験すらも、うまれもった悪運の強さで、いずれはモノにしてやると思っているのですが(笑)

 

 

で、話をもとに戻しますと、やっぱりなんらかのリターンを得るためにはリスクテイクをする必要があり、リスクテイクをしたぶんのリターンが返ってくるものなのだと、わたしは思うのです。

 

もちろんリターンが必ずしもあるとはかぎらず、結果としてマイナスの結果になることもあるかもしれません。

 

それでもやっぱりなにかを得たいのであれば、得たいぶんだけのリスクをとらないといけない。

 

少なくともリスクをとることをためらっているうちは、リターンが得られることは絶対にない。

 

 

そしてこれはなにも投資にかぎったことではなく、人生におけることすべてにおいていえると思うのです。

 

それこそ恋愛にだって同じことがいえる。

 

 

 

あなたは自分がほしいもののために、きちんとリスクをとっていますか?

 

もちろんリスクをとったからって、必ずしもリターンが得られるとはかぎらないけれど、少なくともリスクをとらずにグズグズ言っているうちは、あなたがほしいものなんて、なにひとつ手に入ることはありませんよ。

 

 


Top