【恋愛】本能からのメッセージ2021.04.11

こんにちは、菅野萌です。

 

突然ですが、みなさんは運命の出会いって信じますか?

 

正直わたしは数年前まで「運命のひと」の存在を信じていたのですが、現在ではいっさい信じていません。

 

と、こういう言い方をすると夢も希望もない感じがしますが、バツ2+未遂1の立場からいうと(プロフィール参照)、言ってしまうと誰と付き合おうが、また誰と結婚しようが、けっきょくのところ同じなんですよね。

 

 

どんなひとにもいいところもあれば悪いところもある。

 

 

とはいえ、元カレor元夫や元カノor元嫁の悪いところに懲りて別れた場合に「今度付き合うひと(もしくは結婚するひと)は、絶対にこういうひとじゃないひとにする」と、恋愛に疲れた男女が考えるケースも少なくないと思います。

 

いちばんわかりやすいのが「もう自分勝手なイケメンとの恋愛は懲り懲り、、、今度付き合うひとは見た目はよりも、性格重視で誠実なひとにしよう」なんてところでしょうか。

 

実際よくありますよね、数々のイケメンたちとの浮名を流してきた女性が、ものすごく平凡な男性と結婚したりするパターン。(ちなみに南海キャンディーズの山ちゃんと蒼井優さんご夫妻は、このパターンだと個人的には認識している)

 

 

もちろんこうした選択が間違っているとは思わないですし、むしろその選択でしあわせになるケースもあるわけですから、こうした考え方も一理あると思います。

 

ですが、けっきょくそのダメなパターンのタイプが自分の好みだったりして、けっきょく同じようなタイプとの恋愛を繰り返してしまうひとも多いですよね。

 

実際わたし自身も、過去に何度もそうしたことを繰り返してきました。

 

そしてそのたびに思うんです。

 

「あぁ、わたしはけっきょく、(今度こそは避けたいと思っていたのに)こういうタイプの男じゃないと好きにならないんだな」って。

 

 

恋愛にしても結婚にしても、ひとそれぞれ価値観の違いがありますから、なにが正しいとは言えませんし、そもそもパートナーに求めていることも、ひとによって違うでしょう。

 

だからこそ世の中には、不思議なカタチのカップルやご夫婦が存在するのだと思います。

 

もしかしたらそれを「運命のひと」と認識しているひともいるかもしれません。

 

ですが、実際にうまくいっているカップルやご夫婦をみていると、みなさん現在のパートナーを、とくに運命のひとなんて考えていないんですよね。

 

ただ基本的に相手との別れを考えていないだけで(というか、【別れる】という選択肢が、そもそもない)、だからこそ山あり谷ありな人生の波をともに乗りこなしつつ、いろんな落としどころをみつけて折り合いをつけているだけなんです。

 

でもそれこそが長続きの秘訣ともいえる。

 

長く続いているカップルやご夫婦をみていると、ほんとうにそう思うんです。

 

 

とはいえ、じゃあ相手が誰でもホントに同じ結果になるのか?といったら、もちろんそういうわけではありません。

 

自分にとって譲れないポイントや、それこそ好みの問題もありますから、そのあたりをクリアしていない相手の場合は、やはり人生の荒波をともに乗りこなすのは、かなりむずかしいでしょう。

 

とはいえ、そうあたまではわかっていても、「条件的な面では悪くないし・・・」とか、「もう二度と、ああいう想いはしたくないし・・・」と、過去の古傷を思い出し、目の前の現実から目をそむけてしまうことも、とくに結婚を意識した場合などはあるかもしれません。

 

 

ですが「このひとは違う」という本能からのメッセージは、まず当たっています。

 

またそうした本能の声に従わず、理屈で言い聞かせた関係は、まずうまくいくことはありません。

 

 

冒頭でも言ったように、誰と付き合おうが、また誰と結婚しようが、基本的には同じです。

 

 

運命のひとは自分でつくるもの。

 

 

すべてがピタッと当てはまるひとなんて、この世に存在しません。

 

だからこそ「このひとは違う」という本能からのメッセージは、まず当たっています。

 

またそうした違和感は、どんな理屈で抑え込んでもけっして消えることはありません。

 

つらい失恋のあとや結婚を意識した場合に、今度こそ失敗したくない(傷つきたくない)からと、理屈で恋愛をしようとするひとも少なくありませんが、そのときに「このひとは違う」と少しでも感じることがあったら、どうかその本能の声を無視しないでくださいね。

 

ヘタをしたら過去に受けた傷よりも大きな痛手を受けてしまうかもしれないのですから。(最悪の場合は、一生そこから逃れられない可能性もある)

 

 

 

 


Top