【恋愛】もしもあなたが短命な恋愛ばかりで悩んでいるのなら。2021.04.11

こんにちは、菅野萌です。

 

先ほど恋愛において、本能からのメッセージはけっして無視してはいけないということを書きました。

 

【恋愛】本能からのメッセージ

 

 

まぁこの記事を要約すると「今度こそ失敗しないように、うまくいく相手をみつけよう」と思ったときほど、その関係はうまくいかないですよってことなんですけど。

 

というか、そもそもひとは鏡ですから、自分自身が成長すれば出会う相手も変わって、過去と同じような失敗は自然としなくなっていくものなんですよね。

 

まぁそのぶん新たな課題がでてくるのが、人生というものなんですが。

 

だからこそいちばんの理想は、「ともに人生の荒波を乗りこなしながら、ともに成長していく」ってことなんですけど。

 

 

さて、わたしがみているかぎり、なんだかんだでいろいろありながらも長くつづいているカップルやご夫婦に多く共通していることに「互いが互いにないものを持っている=補い合っている」というものがあります。

 

よく恋愛や結婚で大事なのは価値観が合うことなどと言われていますし、もちろんそうした部分が大事なのも事実なんですが、なんだかんだで長くつづいているカップルやご夫婦は、「性格や考え方は全然ちがうけれど、お互いにないものを持っていて、お互いに補い合って助け合っている」んですよね、例外なく。

 

そしてそれはなにも物理的な面だけではなく、精神的な面にも同じことがいえる。

 

たとえば料理が苦手なひとのパートナーが料理を担当するように、ものすごくネガティブな考え方のパートナーが、めちゃめちゃ楽観的なことで救われることもある。

 

ふだんはそうした違いで意見が合わないことが多いとしても、要所要所でそうした違いが活きてくる。

 

だからこそ長くつづく。

 

長くつづいているカップルやご夫婦ををみていると、こういうケースって、ほんとうにとっても多いんです。

 

 

冒頭でも言ったように、ひとは鏡ですから、基本的にパートナーのレベルというのは、そのまま自分のレベルと判断して間違いないです。

 

もしも相手に不満があるのであれば、あなた自身がレベルアップをはからないかぎり、あなたが望むような相手と付き合うことは、かなりむずかしいでしょう。

 

ですが、その不満がたんに自分の趣味嗜好と合わない、という類のものであるなら、そこはそんなに重視する必要はありません。

 

もちろん趣味嗜好の合う相手であれば、よりベターですが、そんなものは同じ趣味嗜好の友だちや仲間と楽しめばいいのです。

 

それよりも、お互いに欠けているものを補い合って、助け合い支え合うことのほうが、はるかに重要です。

 

そこには互いへの信頼感も生まれますし、なにより互いに必要な存在となるからです。

 

 

もちろんこうしたケースがすべてではありません。

 

ですが、互いに違った視点をもてる同士のほうが、パートナーとしてはるかに重要な面があるのも事実です。

 

もしもあなたが短命な恋愛ばかりで悩んでいるのなら、そのあたりを見直してみるのもいいかもしれません。

 

もしかしたらあなたは「友だちや仲間で代用できる関係」ばかりを、恋愛に求めているのかもしれないですから。

 

 

 


Top