【恋愛】もしもあなたが男性から大切に扱われたいのなら。2021.04.11

こんにちは、菅野萌です。

 

これは恋人でも夫婦でも、それこそすべての人間関係にいえることですが、相手に対して多く持つ不満のひとつに「自分はこんなに相手にあわせているのに(=ガマンしているのに)、相手はそれに気づかずに無神経な言動ばかりとる」というものがあります。

 

とくになにか大きな問題があるわけではないけれど、ちいさな不満の蓄積がたまりにたまっていく。

 

こうしたストレスは恋愛にかぎらず、ほんとうにすべての人間関係に当てはまるものだと思います。

 

ですが、仕事の関係や、こどもの付き合いから生じるママ友同士の付き合いなど、自分の意思だけではどうにもならないパブリックな関係はともかく、思いっきりプライベートな関係の恋人や夫婦関係でこうした不満が蓄積することは、その関係の破綻をまねくことにもなりかねません。

 

そもそもそうした不満が蓄積するということは、お互いに対しての敬意や思いやりが欠けている現れでもありますからね。

 

そうした悪い意味での甘えが生じた関係性は、けっしていい結果にはつながりません。

 

じゃあ最悪の結果にならないためには、どうするか?

 

 

これはわたし自身の経験からも自信をもっていえますし、いままでも数々の恋愛相談(ダブル不倫ふくむ)を受けるたびに繰り返しご相談者さまに伝えてきたことなのですが、よりよい恋愛関係を築きたいのであれば「自分自身の人生を生きる」という選択以外ありえません。

 

要は人生を生きるうえにおいて、「自分のペースを遵守する」ということですね。

 

 

もちろん恋愛関係は、もっとも濃いコミュニケーションのひとつですから、これはただたんに自分勝手な言動をとるという意味ではありません。

 

繰り返しますが、恋愛関係はもっとも身近で濃い人間関係ですから、相手の立場に立って、相手の気持ちに寄り添い、相手の歩調にあわせることも大切です。

 

むしろこうした姿勢がないからこそ、ちいさな不満が蓄積するわけですからね。

 

そこは絶対に必要なことであり、大切なことです。

 

ですが自分の都合をあとまわしにして、すべてを相手のペースに合わせることほど、その関係の破綻に近づくことはありません。

 

なぜなら世間一般では、それを「都合のいい女」というからです。

 

だからこそ相手からの思いやりを感じることがほとんどなく、どんどんちいさな不満が蓄積していくんですね。

 

たとえあなたがどんなにガマンして相手に尽くしたとしても。

 

 

根本的に男性は「強い女性」が好きです。

 

間違っても「あなたがいなければ生きていけない」なんてことばを口にする女性を、生涯かけて守ろうなんて思いません。

 

そもそも、なぜ男性が女性を守ろうとするのか?

 

それはその女性が精一杯、自分の足で立とうと努力し、誰かのチカラに依存しようとしないからです。

 

だからこそ男性は、その女性が倒れないよう陰から見守り、いざとなったら即座に手を差し伸べられる用意を常にしている。

 

そこを履き違えて「男は女を守るもの」という大前提であぐらをかいているから、どんどんぞんざいな扱いを受けるようになっていくのです。

 

強さと図太さは違いますからね。

 

とくに男性は図太い女性を嫌悪しますから、図太さの延長にある「こんなにわたしはガマンして、あなたに尽くしているのに」という理屈ほど、男性から嫌悪されるものはないです。

 

そうした理屈を通そうとするから、結果、相手の男性から大事にされない。

 

冷静に考えてみれば、ごくごく当然の結果なのです。

 

 

そもそも相手をサポートする、という姿勢は、相手にアピールするものではありません。

 

そんなことをする暇があったら、自分の人生を自分の足でしっかり立って歩くことを考えるほうが、はるかに健全で建設的です。

 

こうした姿勢になると、基本的に相手の都合に振り回されることってなくなりますからね。

 

そうなれば自然と自分のペースを遵守することにつながる。

 

ココがとても大切なことなんです。

 

 

繰り返し言いますが、あなたが相手の都合にあわせればあわせるほど、あなたは相手にとって「都合のいい女」になっていきます。

 

その先に、あなたの望むしあわせがあるのであれば、それはそれでかまわないですが、もしあなたが相手に軽んじられる存在になっていて、その問題を解消したいのであれば、まずはあなた自身の人生を歩むことをしっかり考えましょう。

 

そうすれば相手の男性だけにとどまらず、自然と世の男性があなたを大切に扱ってくれるようになりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 


Top