離婚なんて、もっとかんたんに考えて、さっさと実行すればいいのにと思う。2015.12.18

わたしのところにご相談に来る方は、

少なからず「離婚」を視野に入れている方がいらっしゃいます。

 

以前のわたしは、離婚はかんたんに勧められないと思っていました。

 

だけど自分自身が離婚をしてから一年が経ち、

どんなに寂しかったり不安になることがあっても、

離婚を後悔したことは、本当に1秒たりともないんです、いやマジで。

 

確かに女一人が生きていくことは、けっして楽なものではないけれど、

じゃあ、あのまま離婚をしなかったら今の自分はどうなっていたんだろう?

と考えたとき、どう考えても今より幸せってことはありえないんです。

 

もし、あのまま元夫との結婚生活を継続していたとしても、

精神的なストレスの改善はどう考えても望めなかったと思いますし、

実際のところ、元夫の収入の安定なんて、今の世の中、

いつどこでひっくり返るかわからないのが事実ですからね。

 

そのとき「この人と一緒にがんばろう」ってわたし自身が思えれば問題ないんですけど、

どう考えても「何でこんなヤツの犠牲に、わたしがならなきゃいけないんだ」

って思う自分が、あまりにも容易に想像がつきますし。

 

つまり事実上、破たんしている夫婦関係を継続することって、

本当に何のメリットもないんです。

 

お金なんて、いざとなれば自分で稼げばいいのですから。

 

 

 

 

といっても、長くキャリアを積んだお仕事をされている方でないかぎり、

自分が本当に一人でやっていけるのかっていう不安は捨てられないと思います。

 

でもね、人間、本気でがんばれば、自分一人が生きていくくらい、なんとかなります。

 

もしも、お子さんを育てなければならない状況だとしたら、

なおさら本気になるのが当たり前のことですし、それができないのであれば、

自分一人が食べていくだけの稼ぎを得ることだって難しいと思います。

 

また、そのためにも、今まだ生活が成り立っているうちに、

自分の収入源の確保を、少しずつ現実のものにしていくんです。

 

そうすれば、もしかしたら今すぐはムリでも、お子さんが成長したころには、

いつでも離婚ができる状態になっているかもしれない。

 

またソレを目標にがんばるのも、今ある苦痛だらけの現実に希望を見出し、

それらが大きな原動力になるかもしれない。

 

 

実際、考えてみてください。

 

一つ屋根の下でともに暮らすご主人との生活が死ぬまで続くことを。

 

運よく、ご主人の方が先にあの世にいってくれれば少しは楽かもしれませんが、

それこそ運頼みも甚だしく、それが実現するかどうかなんて、誰にもわからない。

 

実際、わたしも人の生死にかかわる鑑定のご依頼は、かたくお断りしていますしね。

 

 

 

 

現実には、わたしだって生きることの大変さを感じることは、しょっちゅうあります。

 

そんなの日常茶飯事です。

 

生きることに不安のない人なんて、この世に一人もいません。

 

だからこそ、同じ努力をするのなら、「なんでわたしが・・・」と思うような状況よりも、

「とにかくやらなきゃ!」って状況の方が、精神的には絶対的にいいんです。

 

コレは実際に経験してみないとわからないことですが、やってみればわかります。

 

みなさんにわたしと同じように、

見切り発車で離婚をして外に飛び出せとはいいませんが、

だからといって絶対的に大丈夫!と思えるときが来るまで待ったいたら、

人生なんてあっという間に終わってしまいます。

 

そもそも一見、自信のあるように見える人も現実には常に不安と背中合わせなんですよ、

それがどんなに著名な人だとしても。

 

また一見、成功者に見える人だとしても。

 

 

 

 

それと同時に、ご主人への情なんてものは、本当に無用の長物です。

 

わたしも元夫へ感謝をすることで何とか耐えてきましたが、

あるとき「もう借りはじゅうぶん返した」と思う日があったんです。

 

今まで窮地の自分を救ってくれた夫への恩返しだと思っていた忍耐が、

とうとう沸点まで達したんです。

 

そのときからわたしは

「この人と一緒に、一生を添い遂げるなんて耐えられない」と思うようになり、

「死んだ後に、こんなヤツと同じお墓に入るなんて絶対にイヤだ。死んだ後まで、

こんなヤツと狭いお墓の中で一緒にいなきゃいけないなんて、それこそ拷問だ」

と思うようになったんです。

 

 

つまり、そこまでわたしはガマンにガマンを重ねていたんですね。

 

そんな結婚生活を続けることに、どう考えても希望を見出せなかったわたしは、

離婚について本気で考えるようになったんです。

 

 

 

 

もちろん何の準備もなく、離婚をしろとは言いません。

 

ですが、必ずしも安心して離婚ができる状態なんて、いつまで待っても来ません。

 

まただからこそ、今とりあえず生活が成り立っているうちに、

準備を始めることが何より大切なんです。

 

とにかく「行動すること」が何より大切なんです。

 

 

 

 

ハッキリ言って、一度破たんした夫婦関係が修復できる可能性なんて、

ほとんどありません。

 

また、そのことじたいに気づいている方も、多くいらっしゃると思います。

 

だったら、もっと離婚をフランクにとらえて、もっと自分勝手に生きていけばいいんです。

 

そもそも不倫(W不倫)の世界に足を踏み入れたということは、

多かれ少なかれ、今のご主人との生活に何らかの問題があるんです。

 

その原因を取り除いていくことは、ハッキリ言って、ムリなんです。

 

それができるくらいなら、とっくにできているはずなんです。

 

そこのところを履き違えて、的外れな希望を見出そうとするから、おかしなことになる。

 

 

 

 

「どこの夫婦もそれぞれ、いろいろあって、みんなガマンしてやってるんだよ」

 

こんな言葉ほど、罪作りな言葉はありません。

 

実際わたしも、実父や元夫から、こうした言葉でずいぶん、足を引っ張られました。

 

苦痛なことからは、逃げ出せばいいんです。

 

そもそもガマンなんて、長くは続きません。

 

最悪の場合、体調をくずした結果、命を奪うことにもなりかねないのです。

(参照:自分の身を守れなければ、最終的には命まで搾取されることだってあるんだよ。

 

現実に、わたしの母の肉体は滅んではいなくても、精神は完全に崩壊したのですから。

 

 

 

 

日々のストレスは、考えられないくらい、あなたの心身をむしばんでいきます。

 

「まさか自分が鬱になるなんて」という方も、世の中には多くいらっしゃいます。

 

そうした生活の癒しとして不倫(ダブル不倫)をされる方の気持ちはよくわかりますが、

それは結局、対処療法であって、根本的な解決には結びつかないんです。

 

だからこそ彼との結婚を夢見たり、そこまではいかずとも、彼との関係に依存するようになる。

 

そんな女性が男性から本気で愛されるはずないんです。

(参照:あなたが本気で男性から愛されない理由。

 

あなたが相手を現実逃避の場所にしているかぎり、

彼もあなたのことを同じようにしか思わないんです、たとえあなたが無自覚だとしても。

 

 

 

 

ご主人にしろ、彼にしろ、相手に振り回される人生から真のしあわせは得られません。

 

だからこそ「ご主人への情」という言い訳をせずに、また離婚をもっとフランクにとらえて、

あなた自身の人生を生きることを本気で考えましょう。

 

 

あなたは死ぬ間際、この世に未練を残して死にたいですか?

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

 

菅野 萌のLINEトーク占いのQRコード

line%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e5%8d%a0%e3%81%84

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top