【MOELOG】「自殺ができる」ということ。2020.07.18

こんにちは、菅野萌です。

 

先ほど、三浦春馬さんが自殺という、とてもショックなニュースが入ってきました。

 

今回のことで初めて知ったのですが、三浦春馬さんは、まだ30歳だったんですね。

 

わたしのなかでは「恋空」のイメージがつよいので、もう少し年齢が上かと思っていたのですが、恋空のときってリアルに高校生の年齢だったんですね。

 

新垣結衣ちゃんのほうが年上だったことも、今回のことで初めて知りました。

 

もちろん10代のころから芸能活動をしているひとなんて山のようにいるけれど、今回の自殺のことを知ると「若いころから芸能界にいて、いろいろつらかったり苦しかったことがあったのかな・・・」と、一方的ではあるけれども勝手な想像をしました。

 

 

自殺ってもちろんいいことではありませんから、いろんな意見がありますよね。

 

それこそわたしの彼なんかは「自殺する人間には、たとえそこにどんな理由があったとしても、いっさい同情しない。かわいそうだとも思わない。どんな事情があったとしても、自殺するなんてバカだとしか思わない」という考えかたですし、それはそれで間違ってはいないと思います。

 

というか、たぶん正しいんだと思います。

 

 

ただわたし自身は、そう思えないんですよね。

 

なぜならわたし自身、とても病んだ人間なので、それこそいままでの人生で何度「死にたい」と思ったかわからないから。

 

人生を生きるなかで、なにかあるたびに「死んでしまいたい・・・この世から消えてしまいたい、、、」と思い、感情的に自殺を考えたことも何度もありますから。

 

けれども実際に自殺をする勇気なんてなくて、こうしていまもどうにかこうにか生き延びています。

 

でもだからこそ、自殺のニュースを聞くたびに思うんですよね。

 

「【自殺ができる】ということは、絶対にふつうの精神状態であるはずがない。だとしたら、そのひとはそうとう精神的に追いこまれていたんだろうな」って。

 

 

自殺の原因がなんなのかなんて、本人にしかわかりません。

 

遺された人間は推測することしかできません。

 

ただ「自殺ができる」精神状態というのは、まちがいなくふつうではないと思うのです。

 

だからこそ、なぜ彼が30歳という若さでみずから命を断ってしまったのかはわからないけれど、せめてそのことで彼自身が苦しみから逃れられたのであれば、そこにほんの少しだけ救いがあるように思います。

 

でもショックだけどね、、、

 

 

 


【W不倫】あなたがいま付き合っている彼は、危険なリスクをとってまで、付き合うに値する男性ですか?2020.06.13

こんにちは、菅野萌です。

 

アンジャッシュの渡部さんの不倫騒動を見て、久しぶりに不倫についての記事を書こうと思います。

 

過去記事をすべて消してしまったので、知らない方も多くいらっしゃるかと思いますが、わたしが占いカウンセラーとしていちばん積極的に活動していたのは、W不倫についてのお悩みを専門としていたときですので、いままでそれなりの数の不倫相談を受けてきました。

 

プロフィールにもあるように、わたし自身も不倫の経験がありますからエラそうなことは言えませんが、経験者だからこそわかることも多くあります。

 

厳密に言うと、双方が既婚者どうしのダブル不倫と、片方が独身の不倫(とくに女性の側が独身で若い場合)では、まったく話が変わってはくるのですが、たとえどんなカタチであれ、そのほとんどの不倫カップルの多くの悩みは女性の側にあります。

 

たとえ最初のころは既婚の彼が、どんなに情熱的にアプローチしてきたとしても、最終的に心身ともに傷つくことになるのは、圧倒的に女性の側になるケースが多いです。

 

だからこそわたしは「不倫は女性にとって百害あって一利なしですよ」と、ずっと言い続けてきているのですが、「それでも彼のことが好きだから、、、」と、どんなに苦しい想いをしても、不倫関係にケリをつけられない女性が多いのも現実です。

 

 

さて、これはわたし自身もふくめてそうなんですが、不倫をするひとは男女問わず「自分勝手」なひとが圧倒的に多いです。

 

要は「自分の家族や相手の家族を傷つけることになる」という現実が、ストッパーにならないんですね。

 

そしてそれは、どんなに聞こえのいいことばでごまかしたとしても、結局その根底にあるのは性欲なんです。

 

まぁいってしまえば「性欲をコントロールできないひと」が不倫をするわけです。

 

もちろん性欲がすべてというわけじゃないですけどね。

 

ひとによっては、精神的な面での癒やしや救いをもとめているケースもあるかもしれませんが、やっぱり不倫と性欲の関係は切っても切れない関係だと、わたしは思うんです。

 

 

で、ここからが大事なんですけど。

 

性欲がコントロールできないひとに「自分や相手の家族のことを考えてみて」なんて言っても、そんなの聞く耳を持たないんですよ。

 

そもそもそれができているのであれば、不倫なんて最初からしないわけですから。

 

だったら、自分にとっての損得勘定で考えればいいんです。

 

その不倫によってもたらされる、メリットとデメリットの両方を洗いだしてみて、自分にとってメリットのほうが大きければ、ムリして不倫関係を精算する必要なんてありませんし、デメリットのほうがあきらかに大きければ、誰よりも大事な自分自身のために別れればいいんです。

 

つまりは「あなた次第」ってことなんです。

 

 

ただし「別れない」という選択をしたのであれば、あなた自身が感じるミジメさや不安、ときおり訪れる彼への不信感や不満、寂しさ、虚しさなども、すべて受けとめる覚悟をしなければなりません。(とくに今回のコロナ自粛では、いろいろ感じたひとも多かったんじゃないでしょうか)

 

また今回の渡部さんの一件のように、場合によっては社会的制裁を受ける覚悟もしなければなりません。

 

それらを考慮してでも、自分にとってメリットがあると思うのであれば、すべてを受けとめる覚悟で、その不倫関係を続けていけばいいと思います。

 

ちなみにわたし個人は、もう二度と不倫の世界には足を踏み入れないと決めています。

 

なぜなら自分にとって、デメリット以外のことが思い浮かばないから。

 

逆にいうと、もしもメリットのほうが大きいと判断できるひとと出逢えば、ぜんぜんアリだと思います。

 

ただし、いままでの経験上、わたしの性格的に不倫は絶対ムリだとわかっているので、そんなひとはどこにもいないんですけどね。

 

わたし独占欲のかたまりですから(笑)

 

 

とまぁ、わたし個人の不倫へのスタンスは、置いておいて。

 

過去に多くの方(おもに女性)からのダブル不倫相談を受けてきて思うのは、「わたしはメリットのほうが圧倒的に多いです!」と、こころの底から言える女性は、そうはいないだろうなってこと。

 

また誰になにを言われても、その不倫を貫くと言うのであれば、彼との結婚なんて夢を見ずに、また仮にいまのご主人と離婚をすることになったとしても、自分一人で生きていく覚悟はもっておいたほうがいいでしょうね。

 

ただ、そこまでするほどの価値ある男性が、はたしてこの世に存在するのかは、甚だ疑問ですけどね。

 

 

 


ふたご座の新月からのリスタート。2020.05.23

こんにちは、菅野萌です。

 

このブログをほとんど更新しなくなってから、おそらく2年以上が経っているように思います。

 

世の中は新型コロナウイルスにより一変し、いまもその只中にあり、この先どうやっていくのか誰にもわからない状態がつづいています。

 

そんななか、わたし自身もこの2年のあいだに、ほんとうにいろんなできごとや変化がありました。

 

そのなかでもいちばん大きなキッカケは2017年の12月に発症したヘルニアで、この病気をキッカケにわたしの生活は一変しました。

 

正直、いつ野垂れ死んでもおかしくない状況でしたが、うまれもった悪運の強さで、いまこうしてパソコンの前でブログを更新できる生活をひとまず維持しています。

 

とはいえ、この2年のあいだに、わたし自身の価値観や考えかたもずいぶん変わりました。

 

もちろんいまも日々さまざまなことを考え、経験することで、いままでわからなかったことに気づくことも多く、人生というのは一生、勉強の日々なんだなぁと痛感しています。

 

そんな日々を過ごしているうちに、ふと「またブログを書こうかな」という気持ちにいたりました。

 

といっても、とくにテーマを決めて書くわけではなく、自分の思うことや書きたいことを書くというスタンスで、ゆるりとブログ更新を再開していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

【追伸】

 

今回のブログリスタートにあたって、note等ふくめて、過去記事をすべて削除しました。(注:基本的な星の説明記事除く)

 

こちらの一方的な事情で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 


通変星シリーズ【10】印綬(いんじゅ)2015.09.05

印綬の特徴を一言で言うと「学問、研究を極めたい!」という探究心。

 

知恵と学問と名誉の星なので、知的好奇心が旺盛で、自分の研究が世に認められ、

高い評価を得ることを望み、また自分の研究を熱心に語ることも大好き。

 

人からも穏やかでユーモアがあり、夢のような語り口調にカリスマ的人気を得ることも。

 

また一を聞いて十を知る能力があるため、教育的立場、指導的立場、

頭を使う仕事、人に尊敬される仕事を好む傾向があります。

 

ただし自分好きで自己評価が高い反面、他人にはあまり関心がなく、

またプライドも高いため、自分の欠点や失敗は必死に隠す一面も。

 

さらには忍耐力に欠け、他人を頼ってばかりで、甘い考えから脱出できないため、

時として人から疎まれたり、面倒がられることも多くあります。

 

能力の高さも、一つのことへの探求心も、それじたいは素晴らしいものですが、

「ヒトから与えてもらって当たり前」という感覚を持ち続けていると、

やがて人は離れていってしまう、という意識を持つことが印綬の課題ともいえるでしょう。

 

 


四柱推命 完全マニュアル

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


通変星シリーズ【9】偏印(へんいん)2015.09.05

偏印の特徴を一言で言うと「好きなことだけ、やっていたい!」という自由奔放さ。

 

とにかく自由な環境さえあれば、奇抜な発想力が発揮され、

ユニークな分野で活躍することができる、クリエイタータイプ。

 

自分がおもしろいと思ったことには、時間もお金も使って、いつまでも没頭し、

好奇心旺盛に、絵畝に変化や新しい刺激を求めていきます。

 

また個性的で絵やデザイン、音楽など、芸術的分野が得意な人が多く、

とにかく頭の回転が速くて楽しい人です。

 

ただしコレが行き過ぎて「楽して儲ける」ことを考えだすと、常識を逸脱してしまう一面も。

 

また立派な構想などを口にしても、一向に実行しなかったり、

失敗しても面倒な後片づけや責任を負うのを避けようとしたり、

後悔や反省心が少なく過ぎたことは気にしないので、周りを振り回すことは日常茶飯事。

 

こうした偏印の良さを活かすためには、良き理解者に囲まれることが必須となるでしょう。

 

 


四柱推命 完全マニュアル

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top