【MOELOG:ほしよみ雑記】やぎ座の月食で定まったこと。2020.07.08

こんにちは、菅野萌です。

 

少し前の話になるのですが、7月5日はやぎ座の月食(満月)でした。

 

月食は特別な満月でもあり、通常の満月よりも強いパワーが秘められているといわれています。

 

そんな特別な満月であったやぎ座の月食は、どんなひとにとってもひとつの大きな節目ではあるのですが、とくにやぎ座のひとにとっては、とても大事なターニングポイントといえます。

 

とはいえ、月食当日の7月5日だけがピンポイントでターニングポイント!!というわけではなく、日食・月食ともに、その影響は前後2週間くらいあるといわれています。

 

そんなやぎ座の月食は、やぎ座生まれのわたしにとって、ひとつの大きな転換点でした。

 

 

 

 

下記の記事にも書いたように、この二年半という歳月は、わたしにとって自分の人生をどう生きていくべきなのか、模索している時間でもありました。

 

土星パワーのなかで培われた「災い転じて福となす」

 

 

もちろんいまでもスッキリハッキリ、すべてがバシッと決まった!!というわけではないのですが、それでも大まかな柱みたいなものが自分のなかで、ようやく定まった感があります。

 

そしてそれを自分のなかでキチンと表明できたのが、わたしの場合は、ちょうど7月5日のやぎ座の月食の日だったのです。

 

 

ちなみに、いまのわたしには3つの顔があります。

 

 

ひとつは株式をメインとした投資家の顔。(個別株をメインに、ほかにもちょこちょことやってます)

 

ふたつめは、菅野萌としてブログを運営している占いカウンセラーの顔。

 

そして、みっつめは「遺品整理・引っ越し・不用品回収」等の受付窓口の顔。

(注:こちらはあくまでも【受付窓口】であって、わたしが現場に行くわけではありません)

 

 

これらのまったく異なる3つの顔を、当面は自分の柱にしていこうとキチンと表明できたのが、やぎ座の月食だったのです。

 

 

 

 

とはいえ、この3つの顔すべては、いままでやってきたことの積み重ねであり、7月5日から新たに始めたものはひとつもありません。

 

すべては、いままで好奇心の赴くままに、みずから進んでやってきたことです。

 

そうした過程のなかで、そのときどきに点でやってきたことが線となり、やがては放射線状となって、いろんな水路を引いていく。

 

もちろん、こうした過程のなかには、ひととの出会いもふくまれているし、だからこそ自分自身の人間関係をカテゴライズすることもできる。(これは一見、冷たく聞こえるかもしれないけど、誰もがあたりまえのように無意識にやっていることだし、人生を生き延びていくうえで絶対に必要なこと)

 

もちろん、そうした過程のなかでは、いろいろ悩むこともあるし判断に迷うこともあるけれど、そうした基準を自分のなかで持つことができる。

 

それは口で言うほどかんたんなものではないけれど、でもだからこそ、どこかで自分のなかの判断軸を持つ必要がある。

 

そんなことにあらためて気づかされた、やぎ座の月食でした。

 

 


土星パワーのなかで培われた「災い転じて福となす」2020.06.29

こんにちは、菅野萌です。

 

ここのところ東京でのコロナの感染者数が増え、まだまだ油断大敵といった状況がつづいていますが、みなさまはどんな日々をお過ごしでしょうか。

 

わたし自身は神奈川の山奥で生活をしながら、一個人投資家として日々の相場を眺めつつ、こうして少しずつ菅野萌としてのブログの更新も再開し始めているのですが、このブログの更新をしなくなってから、もう二年半くらい経っているんですよね。

 

二年半って、けっこうな時間です。

 

二年半もあれば人間、考えかたもずいぶん変わります。

 

とくにわたし自身にとって、この二年半は激動の時間でした。

 

2017年12月に突然ヘルニアを発症し、それをキッカケに池袋から神奈川の山奥に引っ込むこととなり、そこからの生活は身体的にも金銭的にも、そしてなにより精神的にかなりつらいものでした。

 

そういう意味ではコロナで生活が一変したとはいえ、いまのほうがはるかに自由度が高い生活を送っています。

 

そんななかで、ふっと思ったんですよね。

 

「もともとはヘルニアがキッカケでこんな田舎に引っ越してきたけど、結果として東京を脱出して大正解だったよなぁ・・・」って。

 

もし今もあのまま池袋で生活をしていたら、少なくとも今よりもコロナに罹患する可能性は確実に高いですからね。

 

そう考えたら、結果としてこの選択は、わたしの人生を救ったともいえるんです。

 

たとえキッカケが重度のヘルニアだったとしても。

 

 

もともとわたしは自他ともに認める悪運の強さの持ち主ではあるのですが、今回ほど「災い転じて福となす」ということばを実感したことはありません。

 

そしてこの二年半という時間を振り返ってみると、痛みをともなう成長に不可欠な土星が、わたしの太陽星座・やぎ座に滞在している期間と一致するんですよね。

 

正確にいうと土星の逆行期間もあるので、現実には今年の12月半ばまで土星はやぎ座に滞在しているのですが、土星がひとつの星座にとどまる時間は原則的に約二年半とされていて、その土星がやぎ座に入座したのが2017年の12月・・・そう、ちょうどわたしがヘルニアを発症した時期と一致するんです。

 

 

先ほども書いたように土星の逆行期間があるため、まだ完全に土星はやぎ座から抜けきっていませんが、わたしにとって土星に支配されていた二年半は、ほんとうにかなりつらく、また苦しいものでした。

 

とくに2018年のことは思い出したくもありません。

 

けれども結果として「災い転じて福となす」といえる状態になってるんですよね。

 

コロナという、まったく予想外のできごとによって。

 

 

占いがすべてではないけれど、自分の人生を振り返ってみると、星の動きと連動していておどろくことも多々あります。

 

職業柄、前もって星の動きを頭にいれて判断したり、行動することも多々ありますが、占いの知識をもっていなかったころをふくめ、こうしてここ数年のできごとを振り返ってみても、おどろくほどに星の動きと一致することも多々あります。

 

それはたぶん、わたしが常に前をみて生きようとしているからこその結果なのかもしれませんが、こうした振り返りもいろいろやってみるとおもしろいので、これから少しずつブログに書いていこうと思います。

 

 

 


完全マスター 西洋占星術 (The series of perfect master)


【W不倫】あなたがいま付き合っている彼は、危険なリスクをとってまで、付き合うに値する男性ですか?2020.06.13

こんにちは、菅野萌です。

 

アンジャッシュの渡部さんの不倫騒動を見て、久しぶりに不倫についての記事を書こうと思います。

 

過去記事をすべて消してしまったので、知らない方も多くいらっしゃるかと思いますが、わたしが占いカウンセラーとしていちばん積極的に活動していたのは、W不倫についてのお悩みを専門としていたときですので、いままでそれなりの数の不倫相談を受けてきました。

 

プロフィールにもあるように、わたし自身も不倫の経験がありますからエラそうなことは言えませんが、経験者だからこそわかることも多くあります。

 

厳密に言うと、双方が既婚者どうしのダブル不倫と、片方が独身の不倫(とくに女性の側が独身で若い場合)では、まったく話が変わってはくるのですが、たとえどんなカタチであれ、そのほとんどの不倫カップルの多くの悩みは女性の側にあります。

 

たとえ最初のころは既婚の彼が、どんなに情熱的にアプローチしてきたとしても、最終的に心身ともに傷つくことになるのは、圧倒的に女性の側になるケースが多いです。

 

だからこそわたしは「不倫は女性にとって百害あって一利なしですよ」と、ずっと言い続けてきているのですが、「それでも彼のことが好きだから、、、」と、どんなに苦しい想いをしても、不倫関係にケリをつけられない女性が多いのも現実です。

 

 

さて、これはわたし自身もふくめてそうなんですが、不倫をするひとは男女問わず「自分勝手」なひとが圧倒的に多いです。

 

要は「自分の家族や相手の家族を傷つけることになる」という現実が、ストッパーにならないんですね。

 

そしてそれは、どんなに聞こえのいいことばでごまかしたとしても、結局その根底にあるのは性欲なんです。

 

まぁいってしまえば「性欲をコントロールできないひと」が不倫をするわけです。

 

もちろん性欲がすべてというわけじゃないですけどね。

 

ひとによっては、精神的な面での癒やしや救いをもとめているケースもあるかもしれませんが、やっぱり不倫と性欲の関係は切っても切れない関係だと、わたしは思うんです。

 

 

で、ここからが大事なんですけど。

 

性欲がコントロールできないひとに「自分や相手の家族のことを考えてみて」なんて言っても、そんなの聞く耳を持たないんですよ。

 

そもそもそれができているのであれば、不倫なんて最初からしないわけですから。

 

だったら、自分にとっての損得勘定で考えればいいんです。

 

その不倫によってもたらされる、メリットとデメリットの両方を洗いだしてみて、自分にとってメリットのほうが大きければ、ムリして不倫関係を精算する必要なんてありませんし、デメリットのほうがあきらかに大きければ、誰よりも大事な自分自身のために別れればいいんです。

 

つまりは「あなた次第」ってことなんです。

 

 

ただし「別れない」という選択をしたのであれば、あなた自身が感じるミジメさや不安、ときおり訪れる彼への不信感や不満、寂しさ、虚しさなども、すべて受けとめる覚悟をしなければなりません。(とくに今回のコロナ自粛では、いろいろ感じたひとも多かったんじゃないでしょうか)

 

また今回の渡部さんの一件のように、場合によっては社会的制裁を受ける覚悟もしなければなりません。

 

それらを考慮してでも、自分にとってメリットがあると思うのであれば、すべてを受けとめる覚悟で、その不倫関係を続けていけばいいと思います。

 

ちなみにわたし個人は、もう二度と不倫の世界には足を踏み入れないと決めています。

 

なぜなら自分にとって、デメリット以外のことが思い浮かばないから。

 

逆にいうと、もしもメリットのほうが大きいと判断できるひとと出逢えば、ぜんぜんアリだと思います。

 

ただし、いままでの経験上、わたしの性格的に不倫は絶対ムリだとわかっているので、そんなひとはどこにもいないんですけどね。

 

わたし独占欲のかたまりですから(笑)

 

 

とまぁ、わたし個人の不倫へのスタンスは、置いておいて。

 

過去に多くの方(おもに女性)からのダブル不倫相談を受けてきて思うのは、「わたしはメリットのほうが圧倒的に多いです!」と、こころの底から言える女性は、そうはいないだろうなってこと。

 

また誰になにを言われても、その不倫を貫くと言うのであれば、彼との結婚なんて夢を見ずに、また仮にいまのご主人と離婚をすることになったとしても、自分一人で生きていく覚悟はもっておいたほうがいいでしょうね。

 

ただ、そこまでするほどの価値ある男性が、はたしてこの世に存在するのかは、甚だ疑問ですけどね。

 

 

 


三度目の正直バースデー2020.06.09

こんにちは、菅野萌です。

 

ようやく自粛モードが解除されつつあるいま、まだまだ完全に不安な気持ちが拭えないとはいえ、それでもだいぶ開放的な気持ちになってきた方も多いのではないでしょうか。

 

そんななか、つい先日、彼の誕生日だったので、久しぶりに小田原まで足を伸ばして出かけてきました。

 

 

小田原城。

 

 

 

小田原城内にある、傾斜した巨大な松。

 

※写真に写り込んでいるひとは、まったく知らない人です。

ブログに写真をアップしてから、ひとが写り込んでいることに気づきました^^;

 

 

小田原は、わたしがいま住んでいるところから、いちばん近いプチ観光地なのですが、小田原城に行くのは初めてだったので、思っていたよりも駅から近くてビックリしました。

 

そもそもわたしが池袋から神奈川の山奥へ引っ込んだのは、わりと重めのヘルニアを発症してしまい、ひとりで生活することがままならなくなり、当時、付き合い始めたばかりの彼に面倒をみてもらうことになったのがキッカケだったので、あまり出歩くことができなかったんですよね。

 

実際この翌日には、小田原散策からくる足腰の痛みやしびれが激しく、一日中、自宅で寝ていましたからね。

 

それでもこうして出歩けるようになったことだけでも、二年前の状態を考えたら、ほんとうによくここまで回復してくれた・・・という感じなのですが。

 

 

彼と出会っていちばん最初の彼の誕生日(2018年6月某日)は、わたしの身体も金銭的な状況も、文字どおりボロボロの状態でした。

 

彼が面倒をみてくれたおかげで、どうにか衣食住を失わずにすみましたが、なによりふつうに歩けないことが将来への不安となって、もしもこのまま一生、まともに歩けなくなったらどうしようかと不安でたまらなくなることもありました。

 

そんな状態でしたから、当然のことながら、彼のお誕生日をお祝いするなんて、当時のわたしには精神的にも物理的にもムリでした。

 

つまるところ「余裕がなかった」んです。

 

 

そこから紆余曲折あり、相変わらずヘルニアからくる足腰の痛みやしびれはつらかったけれど、わたしの状況も変わり、2018年の終わりに、わたしはふたたび一人暮らしを始めることとなりました。

 

そしてこの一人暮らしを始めたことで、彼との関係の中で、いろいろ考えることがあり、だんだん彼との距離を置くようになりました。

 

彼と出会ってから二度目の誕生日(2019年6月某日)は、まさにそんな状態のなかだったので、わたし自身、彼の誕生日を祝ってあげたいなんて気持ちにはとてもなれず、LINEでお誕生日おめでとうのひとことを送っただけで、彼と会うこともありませんでした。

 

そのときは彼に対する不信や不満が自分のなかに蓄積し、とてもそんな気持ちになれないというのが、わたしの本心だったのです。

 

 

それから一年後・・・2020年の6月某日をどうしようかと、わたしは考えました。

 

彼と出会ったのが2017年の11月。

 

そこからわずか一ヶ月後に、わたしは重度のヘルニアを発症し、彼は付き合い始めて間もないわたしを放っておくことができず、ひとまずわたしの身を引き受けてくれました。

 

それからの二年間は、けっして穏やかな日々とはいえず、ときには取っ組み合いのケンカをすることもありました。

 

さらには彼から、ひどいことばの暴力を受けたこともありました。

 

けれども、いま思い返してみると、あのころは彼もわたしも余裕がなくて、どちらもふつうの状態ではなかったのだと思います。

 

といっても、わたしと彼の性格的に、いまでもときには取っ組み合いのケンカをすることもあるのですが、こういう感情のぶつけあいは、いきなりヘビーな状態から始まった彼とわたしのあいだには、必要なことなんだとも思います。

 

ここに公に書くことはしませんが、彼は彼でヘビーな問題を付き合い始めたころから抱えていて、わたしはわたしで、そのことに対して不安や不満、不信を蓄積させていましたからね。

 

そういう意味じゃ「お互いさま」の関係なんだと、わたし自身は思っています。(彼がどう思っているかは知りませんが)

 

けれども、「お互いさま」の関係であればこそ、さすがに今年は彼の誕生日を祝ってあげることが、わたしが彼にしてあげられることの大きなひとつなんじゃないか。

 

とりあえず精神的にも物理的にも、二年前よりは余裕があるのだから、さすがに今年は彼の誕生日を祝ってあげるべきなのではないか。

 

ようやく、そんなふうに素直に思える自分がいたんです。

 

 

自分でもおもしろいなと思うのですが、あれだけ彼からひどいことばの暴力を受けたり、逆にわたし自身が彼をことばのナイフで突き刺したりと、周りからみたら「仲がいいんだか悪いんだか、よくわからないふたり」なのに、なんだかんだで彼もわたしも、お互いのことが大好きだという事実があることです。

 

本来であれば、もっと穏やかに慈しみあうように愛を育めればいちばんいいと思うのですが、たぶんこれがわたしと彼のスタイルなんだろうと思います。

 

とはいえ、これなら歳月をかさねていくほどに、少しずつではあるけれども、激しい衝突は減っていくのかな・・・とは思いますが、、、(淡~~~い願望もこめて・笑)

 

 

実は今回の小田原散策で最後に行ったお店の店主の方に、わたしと彼は夫婦だと思われていたんです。

 

ものすごくナチュラルに「旦那さま」と言われたとき、まぁ年齢的なものもあるから無難にそういう言い方をしているのかなと思いつつ、たぶんほんとうにこのひとは、わたしと彼を夫婦だと思っているんだろうなと感じました。

 

思い返してみれば、彼と付き合ってまだ一ヶ月も経たないころに、ヘルニアで通院していた整形外科の先生も、わたしと彼を完全に夫婦だと信じこんでいました。

 

もちろんそこには年齢的なものもあるのかなとは思いますが、それ以外にも、たぶん夫婦に見えるなにかが、わたしと彼のあいだにはあるのかなと思います。

 

そしてそれはたぶん、彼のなかに、ある種の「覚悟」があるからなのだと思います。

 

 

 

わたしと彼を夫婦だと思いこんでいた若店主のお店の神奈川・地酒三種飲みくらべセット。

 

 

 

小田原おでん三種盛り。やはり小田原は練り物がうまい。

 

 

 

 


恋愛における最大のリスクとは。2020.05.31

こんにちは、菅野萌です。

 

先ほどの記事で「リスクとリターンは常にイコール」ということを書きました。

 

 

リスクとリターンは常にイコール。

ちなみに上記の記事でも書いたように、リスクをとったからといって、必ずリターンが得られるわけではありません。

 

ですが、まずはリスクをとらないことには、リターンを得られることはありません。

 

そういった観点でいくと、恋愛における最大のリスクとは、ズバリ「告白すること」でしょう。

 

告白をしたからといって、それを受け入れてもらえるかどうかはわからない。

 

もしかしたら、いまある友だちとしてのいい関係を失ってしまうかもしれない。

 

そうなってしまうくらいなら、いっそこのまま自分の気持ちは告げずにいよう・・・なんてのは、恋愛における悩みのスタンダードといえるかもしれません。

 

ですが告白をしないかぎり、あなたがその相手と付き合う日は永遠にこない。

 

もちろん告白したからといって、それが必ず受けいれてもらえるとはかぎらないけれど、告白しないことにはなにも始まらない。

 

リスクとリターンは常にイコールであるということは、そういうことだと思うんです。

 

 

もちろん付き合い始めてからも、リスクとリターンは常に背中合わせにあります。

 

デートの約束ひとつとっても、デートに誘うリスクと、断られるリスク。

 

けれどもデートに誘わないことには、たとえ彼氏彼女という関係だとしても、デートの約束ひとつ成立しないんです。

 

付き合っていれば、そんなリスクないんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、もしそう思う方がいらっしゃるとしたら、その方は、おそらくいわゆる一般的な恋愛経験が少ないのかもしれません。

 

ひとは恋愛だけして生きているわけではないですからね。

 

また形式的に彼氏彼女になったとしても、その中身がともなっていないケースなんてザラです。(たとえば片方の好きな気持ちが強すぎるとかね)

 

だからこそ、長年付き合った彼女にプロポーズしたら、想定外に断られた、、、みたいなことも人生においては往々にしてあるわけです。(それこそプロポーズなんて、恋愛における最上級のリスクですよね)

 

 

わたしは過去に数多くの恋愛相談(おもにW不倫相談)を受けてきました。

 

そのなかで多かった不満のひとつが「自分から連絡ばっかりして、彼から連絡をしてくれない」というものでした。

 

もちろんケースバイケースですから一概にはいえませんが、なかには変な意地を張っているだけのケースも多々見受けられました。

 

これこそが「リスクをとらずにリターンが得られない」典型です。

 

再三言っているように、もちろんリスクをとったからといって、必ずしもリターンが得られるわけではありません。

 

ですが、リスクをとらないことには、まずリターンを得られないという現実は、知っておいたほうがいいかもしれませんね。

 

 


Top