リスクとリターンは常にイコール。2020.05.31

こんにちは、菅野萌です。

 

いまのわたしは神奈川の山奥に住み、平日は相場を見て過ごす日々を送っています。

 

ちなみにわたしの投資歴はインデックス投資が一年ちょっと、アクティブ投資が半年弱なので、トータルでみても投資家2年生という、まだまだ駆け出しのヒヨッコ状態です。

 

そんなヒヨッコのわたしをいきなり襲ったのがコロナショックであり、結果的にけっこうな大損をしました。

 

正直いって、一時期はほんとうに生きる気力がなくなりました。(ガチで)

 

とはいえ、このままマーケットを退場させられたくないので、日々相場の様子を観察しているわけなんですが、今日とあるツイートを見て「ああ、やっぱりそうだよね」と思いました。

 

そのツイートがこちらです。

 

 

最初に言っておきますが、こちらのツイ主である投資信託さんとわたしでは、そもそもの資金がまったくちがいます。

 

いくらわたしが大損したといっても、数千万円も損したわけじゃありません。

 

ただ、わたし自身が損失をだした金額を考えたとき、そのぶんの利益もマイナスに転じる前に、たしかに出てたんです。

 

ただそこで利確(利益を確定すること)をしなかったのが、わたしの最大のミスであり、これがまだまだわたしがヒヨッコ駆け出し投資家である証でもあるのですが。(プラス、コロナショックという尋常でない相場だったので、投資経験が浅く未熟なわたし自身の手に負えなかったのが、ほんとうのところ)

 

 

冒頭でもいったように、今回のコロナショックで、結果的にわたしはけっこうな大損をしたんですが、この経験はわたしにとって、けっしてムダなものではなかったというか、ムダにしてはいけないことだと思っています。

 

なぜなら、わたしは投資家として生きていくことをやめる気がないから。

 

そのためには「どうやったら投資家として生き残っていけるのか??」ということを考えなければいけないですし、いまはまだ長い道のりのスタートラインをようやく切ったような状態ですし、むしろこの経験すらも、うまれもった悪運の強さで、いずれはモノにしてやると思っているのですが(笑)

 

 

で、話をもとに戻しますと、やっぱりなんらかのリターンを得るためにはリスクテイクをする必要があり、リスクテイクをしたぶんのリターンが返ってくるものなのだと、わたしは思うのです。

 

もちろんリターンが必ずしもあるとはかぎらず、結果としてマイナスの結果になることもあるかもしれません。

 

それでもやっぱりなにかを得たいのであれば、得たいぶんだけのリスクをとらないといけない。

 

少なくともリスクをとることをためらっているうちは、リターンが得られることは絶対にない。

 

 

そしてこれはなにも投資にかぎったことではなく、人生におけることすべてにおいていえると思うのです。

 

それこそ恋愛にだって同じことがいえる。

 

 

 

あなたは自分がほしいもののために、きちんとリスクをとっていますか?

 

もちろんリスクをとったからって、必ずしもリターンが得られるとはかぎらないけれど、少なくともリスクをとらずにグズグズ言っているうちは、あなたがほしいものなんて、なにひとつ手に入ることはありませんよ。

 

 


ふたご座の新月からのリスタート。2020.05.23

こんにちは、菅野萌です。

 

このブログをほとんど更新しなくなってから、おそらく2年以上が経っているように思います。

 

世の中は新型コロナウイルスにより一変し、いまもその只中にあり、この先どうやっていくのか誰にもわからない状態がつづいています。

 

そんななか、わたし自身もこの2年のあいだに、ほんとうにいろんなできごとや変化がありました。

 

そのなかでもいちばん大きなキッカケは2017年の12月に発症したヘルニアで、この病気をキッカケにわたしの生活は一変しました。

 

正直、いつ野垂れ死んでもおかしくない状況でしたが、うまれもった悪運の強さで、いまこうしてパソコンの前でブログを更新できる生活をひとまず維持しています。

 

とはいえ、この2年のあいだに、わたし自身の価値観や考えかたもずいぶん変わりました。

 

もちろんいまも日々さまざまなことを考え、経験することで、いままでわからなかったことに気づくことも多く、人生というのは一生、勉強の日々なんだなぁと痛感しています。

 

そんな日々を過ごしているうちに、ふと「またブログを書こうかな」という気持ちにいたりました。

 

といっても、とくにテーマを決めて書くわけではなく、自分の思うことや書きたいことを書きつつ、サブブログなどのほうも、内容によって使い分けていければいいかなと思っています。

 

そんな感じでゆるりとブログ更新を再開していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

【追伸】

 

今回のブログリスタートにあたって、note等ふくめて、過去記事をすべて削除しました。(注:基本的な星の説明記事除く)

 

こちらの一方的な事情で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 


通変星シリーズ【10】印綬(いんじゅ)2015.09.05

印綬の特徴を一言で言うと「学問、研究を極めたい!」という探究心。

 

知恵と学問と名誉の星なので、知的好奇心が旺盛で、自分の研究が世に認められ、

高い評価を得ることを望み、また自分の研究を熱心に語ることも大好き。

 

人からも穏やかでユーモアがあり、夢のような語り口調にカリスマ的人気を得ることも。

 

また一を聞いて十を知る能力があるため、教育的立場、指導的立場、

頭を使う仕事、人に尊敬される仕事を好む傾向があります。

 

ただし自分好きで自己評価が高い反面、他人にはあまり関心がなく、

またプライドも高いため、自分の欠点や失敗は必死に隠す一面も。

 

さらには忍耐力に欠け、他人を頼ってばかりで、甘い考えから脱出できないため、

時として人から疎まれたり、面倒がられることも多くあります。

 

能力の高さも、一つのことへの探求心も、それじたいは素晴らしいものですが、

「ヒトから与えてもらって当たり前」という感覚を持ち続けていると、

やがて人は離れていってしまう、という意識を持つことが印綬の課題ともいえるでしょう。

 

 


四柱推命 完全マニュアル

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


通変星シリーズ【9】偏印(へんいん)2015.09.05

偏印の特徴を一言で言うと「好きなことだけ、やっていたい!」という自由奔放さ。

 

とにかく自由な環境さえあれば、奇抜な発想力が発揮され、

ユニークな分野で活躍することができる、クリエイタータイプ。

 

自分がおもしろいと思ったことには、時間もお金も使って、いつまでも没頭し、

好奇心旺盛に、絵畝に変化や新しい刺激を求めていきます。

 

また個性的で絵やデザイン、音楽など、芸術的分野が得意な人が多く、

とにかく頭の回転が速くて楽しい人です。

 

ただしコレが行き過ぎて「楽して儲ける」ことを考えだすと、常識を逸脱してしまう一面も。

 

また立派な構想などを口にしても、一向に実行しなかったり、

失敗しても面倒な後片づけや責任を負うのを避けようとしたり、

後悔や反省心が少なく過ぎたことは気にしないので、周りを振り回すことは日常茶飯事。

 

こうした偏印の良さを活かすためには、良き理解者に囲まれることが必須となるでしょう。

 

 


四柱推命 完全マニュアル

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


通変星シリーズ【8】正官(せいかん)2015.09.05

正官の特徴を一言で言うと「出世して立派な人になりたい!」という志。

 

官僚の星であるため、社会の常識や世間体を重んじ、まじめで礼儀正しく、

目上を敬い、目下には慕われ、忠誠心と高い含む能力で地位を獲得していきます。

 

与えられた仕事は完璧にこなそうと努力しますし、自己評価も高く、

優等生のお坊ちゃん、お嬢ちゃんタイプが多いのも特徴の一つです。

 

また人との摩擦をおこさないよう我慢強く、犠牲的精神を発揮して組織に仕える反面、

位を重視するため、人の頭につきたがり、また人に頭を下げるのを好みません。

 

さらには臨機応変な対応が苦手なため、指示がないと何をしていいのかわからなくなったり、

自分の地位が危うくなると迷わず自己保身に走る一面もあります。

 

また名刺などの肩書で人を判断する傾向が強いため、相手によって態度が変わることも。

 

こうした態度は、どうしても他者に悪い印象を与えますから、「相手の肩書」ではなく、

その人本人そのものを見るよう心がけることで、正官本来の真面目さに加わり、

より多くの信頼を得られるようになるでしょう。

 

 


四柱推命 完全マニュアル

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top