既婚者の限界。2018.03.03

たとえば結婚をしたあとでも、ひとはまた誰かほかのひとのことを好きになることはある。

 

それはもちろん男性だって同じで、奥さんのことは愛しているけれども、

それとはべつに、ほかの女性のことを好きになることはたしかにあるし、

そのことじたいは、他人がとやかく言うことでもなければ、否定するものでもない。

 

けれども、その想いを行動に移してしまったら、それは「不倫」ということになり、

そこには少なからず傷つくひとたちが生まれることを、けっして忘れてはならないし、

それを忘れないひとが、理性でキチッとソレを抑えることができるのだろう。

 

 

 

今のわたしの周りには「たとえどんな理由があったとしても、不倫はしてはいけないもの」という、

ごくごくあたりまえの感覚と理性をもったひとたちだらけで、このことだけでもわたしの人間関係は、

ほんとうにガラッと変わったなと、しみじみ感じることがあります。

 

それまでは「不倫は良いことではないけれど、既婚男で不倫をしたことのないヤツなんていない」

という認識のひとたちばかりが、男女問わず、わたしの周りにはいたんですが、

たぶん今は、そういう偏った考えのひとは、ほとんどいないと思います。

 

もちろん結婚をしていたって、長い人生のなかでは、誰かに心が惹かれることもあるけれど、

それを「行動に移すか移さないか」は、また別の問題ですからね。

 

ひそかに誰かを想うことで、自分のこころが温かくなったり、

そのひとのためになにかできることがあるのなら協力してあげたいと思ったり、

そういうのは素敵な恋心だと思うけど、身体の関係を持つことが目的の場合、

そこには、やっぱり「他者のことを考えない身勝手さ」が、必ずつきまといますからね。

 

結婚をしていても、誰かを好きになることは止められないかもしれないけれど、

それを行動に移すかどうかは、理性で抑えることができるもの。

 

それができないのは、結局、自分のことしか考えていない証拠なんですよね。

 

男女ともに。

 

実際、過去のわたしもそうでしたから、

今思い返してみると、自分の身勝手さがとてもよくわかります。

 

まぁでも、あの経験が今のわたしをつくっているわけですから、

あれはあれで必要な経験だったとは思いますけどね。

 

おかげさまで、わたし個人は「不倫の世界」から足を洗うことができましたし。

 

だからこそ、もう二度と不倫の世界には、足を踏み入れないと心に誓ってもいますけども。

 

 

 

さて、自分で言うのもナンですが、

わたしは比較的、いい男から愛されることが多いですし、

仮にその関係が不倫だったとしても、その枠のなかでは、

かなり大切にされていたほうだとも思います。

 

まぁあくまでも「不倫という枠組み」の中での話ですけどね。

 

でも、たとえどんなに大切にされていたとしても、

相手の男性が既婚者の場合、どうしたって限界があります。

 

当然ですよね。

 

相手には家庭があるわけですから、仕事と家庭と趣味の時間をのぞいた、

ほんの一部の時間を切りとった部分しかもらえないのが「不倫の関係の限界」です。

 

そこは、たとえどんなに大切にされていたとしても、絶対に崩せない壁であり境界線なんです。

 

 

わたしとレイさんは不倫関係になったことは一度もないですが、

それでもわたしは、やっぱりレイさんに対して「既婚者の限界」を感じていました。

 

レイさんが、わたしを大切にしてくれていることは、いつも伝わってきていましたし、

レイさんが奥さんへの愛情とはべつに、わたしのことを好きでいてくれることもわかっていました。

 

またレイさんは公私ともに、できるかぎりのことをわたしにしてくれていましたし、

それは今も変わらないことですが、それでもやっぱりわたしは「既婚者の限界」というものを、

当時は感じていました。(今は、わたしのキモチが彼さまにあるので、そういうことは感じない)

 

それは悪い言い方をすれば「足かせ」であり、でも家族への愛があるのが男性という生き物。

 

だからこそ、わたしは「既婚者の限界」を肌で感じる「不倫の世界」から卒業したくなったんです。

 

「わたしはレイさんから、こんなに大切にされていても、それでも既婚者の限界を感じるのだから、

これがほんとうにリアルな不倫の関係だったら、絶対につらくて病むのが目に見えている。」

 

そう思ったわたしは、もう二度と既婚者との恋愛はしたくないと思ったし、

そもそもわたしは、そういうものを求めていたわけではないことに気づいたんです。

 

だからこそ、カナくんとの別れを強く望んだ。

 

カナくんの呪縛から、解き放たれたいと心の奥底から強く願った。

 

だからわたしは偽ソウルさんと出会えたのだと、今でも思っているくらいなので。

 

 

 

わたしは今の彼さまとお付き合いをしていて、

「自分がいちばんに愛されるしあわせ」というのを日々、実感しています。

 

誰かの存在に嫉妬したり、周囲の目を気にしたりする必要のない関係。

 

デートといったらホテルと食事くらいしか行けない不倫の関係とはちがって、

行こうと思えば旅行だってなんだって、思うように行ける。

 

そこで気にすることは、お互いのスケジュールだけで、家族への根回しだとか、

突然のドタキャンへの不安とか、そういうものは一切ない。

 

言ってしまえば、家族というのは悪い言い方をすれば「足かせ」なのだから、

足かせがある以上、そこにはどうしたって限界が生まれる。

 

それが既婚者の限界であり、それが不倫の関係の現実。

 

だから、たとえどんなに大切にされたとしても、満たされることはないんですよね。

 

だって不倫の関係である以上、自分がいちばんになることはないのだから。

 

どんなに大切にされたとしても、絶対に自分がいちばんになることはないのだから。

 

それが既婚者の限界なのだから。

 

それが不倫という関係の現実なのだから。

 

それは、あたりまえのことなんですよね。

 

 

 

もちろん、そのことを百も承知で不倫の関係を続けるのであれば、

それは個人の自由だと思います。

 

わたしに迷惑をかけられれば話は別だけど、そうじゃなかったら、

わたしに関係のないところで、いくらでもやればいいと思う。

 

でも不倫の恋をしているひとで、孤独や寂しさを、まったく抱えていないひとを、

わたしは見たことがありません。

 

いくらあたまで割り切っていたとしても、そこに感情がついていかないひとがほとんど。

 

とくに女性は、そういうひとが多い。

 

割り切るって、ことばで言うほど、かんたんなことじゃないからね。

 

それでも不倫の恋をしたいのであれば、割り切ることを覚えなければならないし、

それができないのであれば、「いつまでも女でいたい」なんてイタイことを言ってないで、

不倫の世界から足を洗うのが、なによりあなた自身のため。

 

不倫の恋は、そうそう誰でもできるもんじゃない。

 

それなのに、そのことに気づかずに、みんなかんたんにその世界に足を踏み入れてしまうから、

一度その世界に入ると、そこから抜け出すことができない。

 

不倫の世界って、ほんとうにそういうものなんですよね。

 

 

 

今思うと、わたしを不倫の世界から救ってくれたのも、もとを正せばレイさんでした。

 

けれども、やっぱりレイさんは既婚者だから、既婚者の限界があった。

 

でもわたしはレイさんのおかげで、身体の関係ナシで大切にされるしあわせを知ったし、

そこで心身を浄化されたわたしは、今の彼さまと出会うこともできたし、

気づけば今のわたしの周りには、「まっとうな感覚」のひとたちばかりになった。

 

それは実はわたしが、いちばん願っていたこと。

 

 

二番手の女で甘んじる人生はイヤだった。

 

また、そういう下心がないひとたちと、人間関係を構築していきたかった。

 

 

既婚者の限界をイヤというほど知っているからこそ、わたしはソレをいちばん願っていた。

 

それをほんとうにこころから望んでいたから、わたしは今の環境を手に入れることができた。

 

ほんとうにそう思うんです。

 

 

 

あたりまえのことだけれど、既婚者には限界があります。

 

ですが、不倫の関係に溺れているときは、そのことがわからなくなります。

 

だから独身同士の恋愛と同じことを求めてしまう。

 

その結果、悩み苦しむことになり、心が病んでしまうことも少なくない。

 

その線引きがキチッとできるひとなんて、そうはいないからね。

 

とくに女性でソレができるひとは、まぁそうはいない。

 

そんな特別な女性は、ほんとうに一握りなのだから、

自分がソッチ側に入れるなんて、思わないほうがいい。

 

なぜなら既婚者の限界は現実として、あなたの前に立ちはだかるから。

 

そのときに、あなたが病まずにいられることなんて、まずないから。

 

そのことを、あなたはしっかりと自覚しなければならない。

 

とくに「いつまでも女でいたい」なんて、イタイことばを口にするひとはなおさらね。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


いちばん近いご先祖さま。2018.03.03

わたしは「神さま」の存在を信じているので、

ブログでもよく「神さま」ということばを使うのですが。

(直近ではコレとか→参照:どうして菅野萌が、こんなにも神さまから生かされているのか、その理由を考えてみた。

 

このことについて、あるとき彼さまから

 

「俺は神さまっていうのは、ご先祖さまのことだと思ってる。だって神さまは

ひとりしかいないんだから、こんなに多くのひとのこと、ぜんぶ見るなんてムリだろ?w

見落としてることもあるかもしれない(笑)

 

でもご先祖さまは、ちゃんと見てくれてる。

だから俺は、自分を生んでくれたひとに感謝できない人間は、最低だと思ってる」

 

と言われたことがあるんです。

 

あ、誤解のないように言っておきますけど、

ふだんからこんなめんどくさい会話をしてるわけじゃないですよ?(笑)

 

このときは、わたしの病み&メンヘラが炸裂して、そのときの会話のヒトコマです(笑)

 

でもコレ、彼さまから言われるまで見落としていたんですけど、

そういえばわたしも、おばあちゃん子だったこともあり、

わたしが中1のときに亡くなった父方の祖母に、ずっと見守られてるように感じていたんですよね。

 

それこそ今の彼さまとの出会いなんて、

パパが「ワガママでどうしようもない娘だけど、萌を頼む」って、

彼さまをみつけて、捕まえてきてくれたんじゃないかと思うくらいですし(笑)

 

実際、彼さまも「俺のツインレイって、もえたんのパパなのかな(笑)」って、

冗談で言うくらいですしね(笑)

 

でもホント、たしかに自分はご先祖さまから守られているなぁ・・・って感じるんです。

 

っていうか、だからこそ、この歳まで生きてこられたと思いますし。

 

 

 

もちろん、こういうのも人それぞれ考え方がありますし、

そもそも「神さま」という概念も、すべてのものに神さまが宿るという考え方もありますから、

一概にどうこうは言えないですけど、たしかにパパやおばーちゃんに守られてる感じは、

わたし自身も感じるんですよね。

 

生前の父とは、いろんな確執があったことは事実だけれど、

それでもやっぱり父が、わたしのことを溺愛していたのは変わらない事実ですから。

 

それにたぶんパパが自分の死後、いちばん心配していたのは、たぶんわたしのことだったと思うし。

 

そう考えると、「神さまはご先祖さま」って考え方は、すごく納得がいくんですよね。

 

それこそ親なんて、いちばん近いご先祖さまなわけですから。

 

 

 

父が亡くなって、もうすぐ2年が経ちます。

 

ハッキリした日にちは憶えていないけれど、2016年の3月のあたまに父は亡くなりましたから。

 

そんな父のことを思いながら、わたしは彼さまとともに生きる人生を歩み始めています。

 

たぶん、ここからますます、わたしと彼さまは公私ともに、

お互いにとって大切で、そして必要な存在になっていくと思います。

 

そんな彼さまと出会わせてくれたのは、やっぱりパパのような気がしてならないし、

だからこそ、やっぱりわたしはご先祖さまから守られていると思うし、

ひいては神さまから愛されていると思うのです。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


紫微斗数の年明け鑑定を受けたお客さまから、うれしい感想をいただきました❤2018.03.03

先月の2月16日は、紫微斗数の年明けだったんですが、

まさにその当日、今年一年の流れを知っておきたいということで

菅野萌の電話鑑定を受けていただいたお客さまから、うれしい感想をいただきました。

 

 

 

 

この方は、もともとのキッカケは、やっぱりW不倫で菅野萌のことを知り、

そこから自分自身のことを知りたいということで紫微斗数の鑑定を受け、

それをキッカケに専業主婦を卒業して、お仕事に復帰した方なんです。

 

なので、今のお悩みは彼とのことや家庭のことにとどまらず、お仕事のことにも広がり、

今年一年の流れと気をつけるべき点を知りたいということだったんです。

(もちろん彼との恋愛相談もありましたけどね❤)

 

 

ちなみに彼女の2017年を紫微斗数でみると、ひとことで言ったら絶好調!!の年だったんです。

 

それに対して2018年は、いろんなことが一筋縄ではいかない感じが、命盤からみてとれる。

 

でもだからこそ、彼女もLINEで言っているように、

「事前に知っておくことで、事前に対処できる」んですよね。

 

とくにアダルトチルドレンのひとは、自分を責めてしまいがちな傾向がありますから、

事前に知っておくことで、自分自身のキモチに余裕が生まれるし、流すこともできる。

 

そもそも人生における問題の大半は、メンタルによるところも大きいですから、

ここがしっかりしているだけでも、ほんとうにかなりちがってくるんです。

 

またうまく対処することもできる。

 

キモチのスイッチを切り替えることもできる。

 

こういう積み重ねって、ほんとうに大切なんですよね。

 

 

 

紫微斗数の年明けから、まだ一ヶ月も経っていませんから、

まだまだ遅いなんてことはありません。

 

あなただけの紫微斗数の命盤から、あなたの今年一年の流れを知り、

メンタルを整えながら、リアルな人生に活かしてみませんか?

 

それを知っているひとと知らない人では、知らず知らずのうちに雲泥の差が生まれますよ。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


来週迎えにいくから❤2018.03.03

 

こちらのnoteは月額マガジン

【月刊:菅野 萌の占いは男と女の運命学】に収納されているものです。

 

※高額の価格を設定していますが、
これは「月額マガジン読者さん専用の記事」という意味ですので、
その点、ご理解よろしくお願いします。(noteの構造上、価格をつけています)

 

※有料マガジンについての詳細はコチラをお読みください。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


どうして菅野萌が、こんなにも神さまから生かされているのか、その理由を考えてみた。2018.03.02

20代、30代のころは、その自覚がなかったのですが、さすがに40歳を超えてからは、

「わたしってホントに運がいいとは、昔から思ってたけど、それよりなにより、

なんだか理由はわからないけど、わたしって神さまから生かされてるよなぁ」

と思うことが増えたし、今もほんとうにそれを実感している日々なんです。

 

正直わたしは長生き願望はないですし、

なにかあればすぐに死にたくなるガラスのメンタルを持っているので、

それでもどうして、こうも神さまはわたしに救いの手を差し伸べて、

こうしてわたしを生かしてくださっているのか、ぜんぜんわからなかったんですよね。

 

なので、「どうしてわたしは、ここまで運がいいめぐり合わせに恵まれて、

それでもこうして生かされているのだろう」って考えてみたんです。

 

そしたらね、ひとつの答えにたどり着いた。

 

それは、このあいだも言ったけれど、やっぱりわたしはしあわせになって、

その姿をみなさんに見せるために、神さまはわたしを生かしてくださっているんだと思うんですよね。

 

それはなぜか?

 

さっきの記事にも少し書いたのだけれど(参照:MOE流ほしよみ*おとめ座の満月に思うこと。

ずっと菅野萌のブログをお読みくださっている方・・・

 

それこそ、わたしの前橋時代からブログをお読みくださっている方々は、

ほぼほぼ菅野萌を知ったキッカケってW不倫だと思うんです。

 

もちろん今でもダブル不倫キッカケで菅野萌を知ってくださる方はいらっしゃいますが、

あのころはソレ以外の理由ってなかったですからね。

 

なので、今もその関係が続いているかどうかは別にしても、

少なくともわたしの古くからの読者さまは、

最低でも一回はW不倫を経験したことがあるひとだと思うんです。

 

 

 

今まで、いろんな方のお話をうかがってわかったのは、

W不倫をするひとには大まかに分けて、ふたつのタイプがいるということ。

 

ひとつは離婚なんてまったく考えていなくて、

またたとえ結婚していても、恋愛するのは「アリ」だと考えているひと。

 

もうひとつは、やっぱりご主人との離婚も視野に入れて考えていて、

それはW不倫うんぬん関係なく、今のご主人と一生添い遂げることに、限界を感じているひと。

 

で、たぶん、わたしのブログを長くお読みくださっている方って、おそらく後者だと思うんです。

 

だって今のわたしのブログって、基本的にW不倫のことってほとんど書いていないですし、

書いても以前のようなテイストとはちがいますから、「W不倫の恋はアリ」だと思っている人には、

なんの役にも立たないどころか、気分を害するひともいると思いますからね。

 

実際わたしも過去には、そういう時代がありましたし。

 

なので、自分がW不倫にどっぷり浸かっているときは、

正しい意見って気分を害することをわたしはよく知っています。

 

でも、いつかその関係に目が覚めたり、冷静になったときに

「ようやく萌さんの言ってた意味がわかるようになった」って思ってもらえたら、

まぁそれでいいかなって思ってるんです。

 

だってわたしはW不倫の真理しか書いてないから。

 

なんだかんだいっても、既婚者の恋というのは遊びの関係であり、

離婚をしないかぎり、彼にとってのいちばんは奥さんであることは揺るぎない事実なのだから。

 

それは変わらない事実だからね。

 

だからいつか冷静になったときに、その事実を受け入れることができたら、

それでいいんじゃないかなって思ってます。

 

 

 

でもね、W不倫うんぬんは関係なく、ご主人との離婚を視野に入れて考えていて、

「死ぬまで今の旦那と一緒にいるとか、絶対イヤだ。耐えられない」って人からしてみたら、

同じような理由で元旦那さんと離婚をして、カナくんとの関係もきちんと昇華して、

新たな人生を歩んでいるわたしの生きざまっていうのかな。

 

その後、どんなふうに生きているのかっていうのが、知りたい部分もあると思うんです。

 

で、そこに希望を見いだしたいんじゃないかなって。

 

だって、それでわたしが「やっぱり離婚をしなきゃよかった」って言ってたら、

「やっぱり離婚しないほうがいいんだ」って思うかもしれないけど、

わたしはずっと一貫して「離婚を後悔したことは一度もない」と言ってる。

 

そして念願のカナくんとの再会をはたして、カナくんとの関係をきちんと昇華させて、

新しい恋もどんどんして、そして今は彼さまとラブラブという状況に発展してる。

 

これってたぶん、これからのこともふくめて、「その後」が気になるんだと思うんです。

 

そしてたぶん、そういう方たちは、わたしがしあわせになることを願ってる。

 

なぜなら、そういう方たちは、わたしに自分自身の姿をかさねているから。

 

また、そんなわたしの姿をみて勇気をもらって、

やっぱり自分の人生と向き合わなきゃダメだって、

真剣に考える時間を持つようになっているから。

 

でもそのためには、やっぱり自分の希望となるメンターがほしいから。

 

だからわたしのブログを、長いあいだお読みくださっているんだと思うんですよね。

 

そして、そういう方は、たぶん、わたしが思っているよりも案外、多い気がするんです。

 

もちろん、すぐに実行に移す、移さないは別としてね。

 

 

 

このあいだも「菅野萌の仕事は、わたしがしあわせになって、

その姿をみなさんにお見せすることが」って記事を書いたら、

思いもかけない反応をいただいたし(参照:笑顔の仲間を増やしたいから❤

実際わたしのしあわせを喜んでくださる読者さまは多い。

 

それはみなさん、そこにご自分の姿をかさねているからだと思うんですよね。

 

だから菅野萌のしあわせは、読者さまの希望になる。

 

もちろん、すべての読者さまが、そうだとは思っていないけれど、

少なくとも古くからの読者さまで、ずっと菅野萌のブログをお読みくださっている方は、

「離婚を視野に入れたうえで」っていう前提があるひとが多いと思うんですよね。

 

つまり、そこにニーズがある。

 

だから神さまは、なんだかんだで、わたしをこうして生かしてくださっているのかなって。

 

そして今の彼さまという、最高のしあわせを運んできてくださったのかなって。

 

もちろん、そこにはわたし自身の勇気と行動があったからこその結果ではあるけれども、

こんなにも運がいいのって、やっぱり「見えざる神の手」みたいなのを感じずにはいられないんです。

 

いや、ほんとうに冗談抜きで。

 

実際わたしは、確実にしあわせになっているし。

 

もちろん現実には、いろいろ大変なこともありすぎだし、不安になることもありすぎだけど、

それでも今ほど愛に満ちた日々を過ごしているのって、たぶん人生初なんじゃないかなって。

 

ほんとうにそう思うくらい、わたしは彼さまから愛されていて、すごくしあわせなんです。

 

それこそ、半年前の自分に言っても絶対、信じてもらえないくらい。

 

まさか、こんな出会いが、わたしの人生に待っていたなんて夢にも思っていなかったほど、

今のわたしは彼さまのおかげでしあわせなんです。

 

そこにはなにより「愛されるよろこび」があって、それと同じくらい「愛するよろこび」もある。

 

ずっとずっとわたしが欲しかったものを、ようやく神さまはわたしに与えてくださったんだなって。

 

まぁそのぶんヘルニアをはじめとして、もろもろリアルな障害をプレゼントしてもくれてるけど、

それも結局、彼さまとの愛をたしかめあうために起きていることなのかなって思うくらいに。

 

だからやっぱりわたしは「離婚したことを一度も後悔したことはない」って言えるし、

あのとき勇気をだしてほんとうによかったって、こころから思うんですよね。

 

 

 

わたしは断言してもいいのだけど、離婚を視野に入れた上でW不倫をすることは、

一時的な逃げにはなっても、それでご主人との関係から逃れることにはつながらない。

 

むしろ、ご主人と彼をくらべてしまって、彼への想いは病的に募るし(そして病む)

ご主人へのイラ立ちは、いっそう増して、離婚することへの想いはふくらむばかりになる。

 

だったら今から長期的な視点で離婚することを、あなたの人生に組み込んで考えてごらん?

 

お子さんがいれば、今すぐ行動するのはむずかしいケースも多いだろうから、

長期的な視点で離婚することを、あなたの人生に組み込んで考えてごらん?

 

そんなとき紫微斗数をはじめとした占いを使ってみると、

星たちはあなたがいつ動くべきなのか、バシッと教えてくれます。

 

わたし自身も星たちに背中を押されながら、ようやくここまできました。

 

星たちに背中を押されて起業することも、離婚することも決断してきたし、

それこそ彼さまと出会ったオフ会に参加する勇気さえ、星たちに背中を押してもらった。

 

占いには、それだけのチカラと価値がある。

 

あなたも自分だけの「タイミング」を知りにきませんか?

 

とくに菅野萌の姿を、ずっと追ってくださってる方なら、その価値がよくわかるはずですよ。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

☆音声orテキストなどのメッセージを不定期配信しています☆

 

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top