何の根拠もないのだけれど@結婚相手って意外と、こんな感じで決まるのかもしれません。2017.10.07

 

ここのところ結婚について、いろいろ思うことを書いている萌さんですが。

 

※参照:晩年婚への一筋の希望@あなたはこのまま一生を終えて後悔しませんか?

 

※参照:ツインレイとの結婚について@晩年婚(再婚)との考察

 

※参照:おひつじ満月の答え合わせ@太陽やぎの萌さんの場合

 

※参照:菅野萌流*ツインレイ◆ツインレイとの結婚について

 

※参照:どうせ再再婚するのなら(理想の)別居婚をしてみたい。

 

 

それとはべつに、何の根拠もないんですけど、冒頭のツイートにもあるように、

なんとなく「わたしこの人と結婚するんじゃないかなー」って人がいるんです。

 

 

で、ツイートにもあるように、今わたしはその人と、まったく連絡をとっていないし、

今後、会うことがあるかどうかもわからないんです。

 

これはホントに自分の意思とは関係なく、会う機会があるかもしれないし、ないかもしれない。

 

なので、この点については、ホントなんとも言えないんですけども。

 

でもね、なーーーーーんか、自分のなかでひっかかってるんですよ。

 

いや好きで好きでたまらないとか、そういうのはぶっちゃけないんですけど、

(好きで好きでたまらないのは、言うまでもなくレイさんただ一人)

なんとなく気になるっていうか、ひっかかるというか、、、

 

そんな人が一人いるんです。

 

まぁたんなる思い過ごしかもしれないんですけども。

 

 

 

 

ちなみに元旦那さんと初めて会ったときも、とくに好きとかそういうのはなかったけど、

なんとなく「イヤじゃない何か」みたいなのがあったのは覚えてるんですよね。

 

まぁ元旦那さんの場合は、いろいろ事情があって(おもに実の父親との衝突)

結婚せざるを得ないみたいな状態になったんですけど。。。(参照:菅野萌のプロフィール

 

今はそういう「結婚せざるを得ない状況」みたいなのは皆無ですし、

べつに結婚してもしなくてもどっちでもいいんですけど、なーんとなくひっかかるんですよね。。。

 

会いたくて会いたくてたまらないとかそういうのはないですし、

ドキドキとかトキメキよりも、なんか気楽でいいなみたいな感じのほうが大きいんですけど。

 

っていうか、そもそも今はホントにまったく連絡をとってないですし、

また会う機会があるのかないのかもわからないので、

ホントたんなる思い過ごしなのかもしれないんですけどね。

 

 

 

 

でもね、結婚相手って意外とこんな感じで決まるのかなぁって、なんとなく思うんです。

 

いやこれはなにもわたし自身のことを言ってるわけじゃなくて、一般論として。

 

もちろん結婚生活に愛は必要ですし、相手のことを好きなのは大前提として必要ですけど、

「好きで好きでたまらない」とか、そういう感情って結婚生活にはあんまり必要ないですよね。

 

いや、こちらの記事で書いた晩年婚(再婚)となると、また話はちょっと違ってきますが、

これはもう完全に余生の話じゃないですか。

 

それこそどんなに若くても60代以降の話だと思うんですよ、ふつーに考えて。

 

でも、もう少し若い世代、、、そうですね、まぁ30~40代くらいまでかな?

 

そのくらいで結婚相手を選ぶ場合は、あんまり恋愛要素って必要ない気がするんですよね。

 

いやコレほんとは、20代の結婚にも同じことがいえるんですけど、

20代のころは結婚に夢も希望もあるわけですから、恋愛優先になっても仕方ないですしね。

 

でも初婚・再婚ふくめて、30~40代くらいまでの人が結婚する場合、

そんなに強い恋愛要素って、あんまり必要ない気がします。

 

っていうか、このくらいのスタンスでいないと、

結婚相手ってなかなか決められない気がするんですよね。

 

そういう意味でも「婚活」って言葉に、わたしはなんとなく違和感を感じるんですが。

 

いや、婚活じたいを否定しているわけではないんですけど、

なんとなく「婚活」って言葉から感じる響きやニュアンスが、

あんまりしあわせになれる感じがしないってだけなんですが。

 

 

 

 

まぁこんなのわたしが、わざわざ言うほどのことではないと思うんですけどね。

 

ただなんとなく結婚相手が決まるときって「運命の出会い」的なものよりも、

なんとなく「この人と結婚するかも」って感じるくらいのほうが、

意外とその予感は当たるのかもしれないなーなんて思いました。

 

 

まぁ今回のわたしのケースは、ホントにたんなる思い過ごしかもしれないですけどねw

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


好きと執着の境界線。2017.10.06

先日、あるお客さまが、「わたしの乗り越えるべき試練は、

終わった彼との関係(W不倫)への執着心ですね」と、おっしゃったんです。

 

この方は、リアルで別れた彼と会うこともあることと、

彼のことをずっと前から好きだった経緯もあって、

なかなか彼への想いを断ち切ることができずにいるんです。

 

でもこのあいだ初めて、ご自分の口から「執着心」ってことばがでて、

「ああ、だいぶ今の自分を、そのままに受け入れられるようになったんだなぁ・・・」と、

わたしも彼女の変化をうれしく感じました。

 

 

 

「好きと執着の境界線」って、現実にはなかなか自覚するのがむずかしいんです。

 

それこそわたし自身も、過去にはカナくんの亡霊をずっと追いかけて、

ある意味、そんな自分の気持ちを整理したくて、

元旦那さんと離婚をして東京へ帰ってきたようなところもありますからね。

 

いやもちろん、それがいちばんの理由というわけではないですが、

そういう想いが心の根底にあったのは、やっぱり事実ですからね。

 

こんなふうに自分の人生を賭けてまで、自分の執着心にケリをつけたわたしですから、

好きと執着の境界線がわからずに、またその自覚が生まれたとしても、

それを乗り越える大変さを、わたしは本当に痛いほどに知っています。

 

好きでいた期間が長ければ、やっぱりそれはかんたんに忘れられるものではないですし、

だからといって過去に戻ることもできない。

 

というより、一度終わったものを、もう一度どうにかしようと思っても、

やっぱりそれはむずかしいんですよね。

 

たとえ一度壊れたその関係を、キレイに補修したとしても、そこにはやっぱりヒビが残ってる。

 

そこから気づかないうちに、愛の泉は静かに漏れ伝っていく。

 

やっぱり、壊れる前と同じように戻るなんてムリなんですよね。

 

それはもう、どうにもならない現実。

 

 

 

だけど人は気づかない。

 

それが執着だということに。

 

ただあのしあわせだった日々に戻りたくて、

ふたたび出逢えば、またあのころのように戻れると幻想を抱いてる。

 

 

もっと距離が近かったら、きっとダメにならなかった。

 

あのときあんなことを言わなければ、こんなふうにならなかった。

 

 

そんな後悔を胸に抱えて。

 

いつまでもいつまでも過去の自分を呪ってる。

 

「今のわたしなら、もっとうまくできるのに。もっとちゃんと愛せるのに。

もっとうまく彼と付き合うことができるのに。」

 

そんな幻想を抱えながら、いつまでも過去の亡霊を振りきることができない。。。

 

 

 

ホントはさ、ちがうんだよね。

 

そもそもどうして、そんなことを言っちゃったのか。

 

どうして距離を理由にしたのか。

 

そんなのぜんぶ、言い訳で。

 

そんなのぜんぶ、ごまかしで。

 

だけどそんなふうに自分に言い訳しないと、心が壊れてしまうから。

 

だからずっと過去の亡霊を追いかけて、未来に幻想を抱いてる。

 

 

それこそが、執着そのものなのにね。

 

 

 

いつかあなたもその事実に気づくだろう。

 

そしていつか、そんな自分をあなたも受け入れられる日がくるだろう。

 

だけど、どうしてもつらくなったら・・・

 

萌さんのところに話においでね。

 

そのためにトークセッションがあるんだから。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


晩年婚への一筋の希望@あなたはこのまま一生を終えて後悔しませんか?2017.10.06

 

 

 

8月から始まった天王星の逆行と、今回のおひつじ座の満月の影響なのか、

ここのところ「結婚」について、あれこれ考えている萌さんですが。

 

リアルにこの世に多くいるご夫婦のほとんどって、

その関係性がうまくいっている、いっていないにかかわらず、

「純粋に一人の男(女)として愛する女性(男性)と、妻や夫は必ずしも一致しない」

という現実があるのは、否定しようのない事実なんですよね。

 

以前、レイさんから「夫婦というのは子育てという、共同事業をする共同経営者みたいなものだから」

という話を聞いたとき、子育てをしたことのないわたしにとっては「なるほど」と膝を打つ思いでした。

 

わたしは過去二度の結婚で、合わせて18年ほどの結婚生活を経験してきましたが、

子どもを産み育てる経験をしていないので、家庭っていうのとは、やっぱりちょっとちがうんですよね。

 

だからその話を聞いたとき「なるほどなー」と思ったんです。

 

 

 

でね、実際のところ、わたしはいろんなW不倫をしている人・・・

 

とくに女性の側の本心や気持ちを聞く機会が多いわけですよ。

 

そうするとね、結構な割合で

「彼のこととは別として、子どもが成人したら離婚も考えている」って人が多いんです。

 

もちろんコレはガチで離婚を考えているというわけではない人も多いけれど、

だからといって、このまま一生、今のご主人と一緒にいるのもイヤだって人、

本当におどろくほど多いんです。

 

つまり、その気持ちの度合がどうあれ、離婚したがっている人って、

ホントにすごく多いんですよね。

 

そしてその事実にご主人が気づいていないパターンが、どれほど多いことか・・・

 

まぁこれは、わたし自身の過去の二度の離婚&婚約破棄にもつうじるので、

ものすごく女性の側の気持ちも理解できますし、男性の側の鈍感さもよくわかるんですが・・・

 

 

 

たしかにね、子どもが幼いうちは、なかなか離婚に踏みきれないっていうのも理解できるし、

もちろん離婚せずに済むのであれば、それに越したことはないとわたしも思います。

 

ってかね、問題なのは、自分の奥さんがそういうことを考えていることに、

この世の大半の旦那さんは気づいていないってことなんですよ。

 

それでいて、ご主人の側のほうが今の結婚生活に満足しているのか?といったら、

それはそれで微妙なケースも多々ありますしね、、、

 

それこそ夫婦そろってダブル不倫をしていた、なんてケースだって現実にあるわけです。

 

当人が、その事実に気づいている、気づいていないは別として。

 

 

 

 

これは「身体の関係がないことが前提である、セカンドパートナー」にも

つうじるものがあるのですが、どんどん高齢化が進むにつれて、

晩年婚(再婚)する人が増えていくと、わたしは考えています。

 

でもこれって、ある意味、一筋の希望の光ともいえると思うんですよね。

 

自分の責務(おもに子育て)を果たしたあと、

残りの余生を一人の男(女)として生きることを望むことへのハードルが、

もっと下がると思うんです。

 

それこそ数はチカラですから。

 

そうした「人としての本能」を求める人口が増えていけば、

どんどん晩年婚(再婚)する人が、増えると思うんですよね。

 

そしてそれは、晩年婚(再婚)の偏見がなくなることにもつながる。

 

これはね、まったく明るい未来が想像できない日本のなかで、

数少ない良い変化だと、わたしは思ってるんです。

 

っていうか、そのくらい希望を持てることがなかったら、

誰も長生きなんてしたくなくなるよね、実際のとこ(苦笑)

 

幅広い年齢層の大人たちが自由に楽しく生きている姿を見せなかったら、

子どもたちが自分の人生に希望なんて持てるわけないし。

 

そういう意味でもね、この晩年婚(再婚)って、

すごく大きなターニングポイントのひとつだとわたしは考えているんです。

 

 

 

あなたが望むと望まざるとにかかわらず、大半の人は長生きせざるをえない現実があります。

 

そのときに現状の延長を考えて、人生に何も希望を持たずに死んだように生きていくのか。

 

それとも、ココロの中に新たな希望を密かに抱いて、前を向いて生きていくのか。

 

それだけでも今ある毎日の景色が変わる。

 

とくに今の人生の先に、希望が見いだせないあなた。

 

そんなあなたこそ、あきらめずに新たな希望を持ちませんか?

 

近い将来やってくる晩年婚(再婚)の時代に向けて。

 

まだあきらめるのは早いと思いますよ。

 

少なくともわたしはね、そう思います。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


だけど気になる。それでも気になる。2017.10.06

 

こちらのnoteは月額マガジン

【月刊:菅野 萌の占いは男と女の運命学】に収納されているものです。

 

※高額の価格を設定していますが、
これは「月額マガジン読者さん専用の記事」という意味ですので、
その点、ご理解よろしくお願いします。(noteの構造上、価格をつけています)

 

※有料マガジンについての詳細はコチラをお読みください。

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


おひつじ満月の答え合わせ@太陽やぎの萌さんの場合2017.10.06

 

 

昨日のLINE@メルマガにも書いたんですけど、今日のおひつじ座の満月って、

太陽星座がやぎ座のひとにとっては「自分自身の居場所が定まる」

「家庭や家族、地元、または身近な人とのあいだで心が満ちる」といった意味があるんです。

 

ここ数日、わたしが別居婚がどうとかツインレイとの結婚がどうとか考えたのも、

今回の「おひつじ座の満月」の影響が少なからずあると思っています。

 

ちなみに、この記事は2017年10月6日の午前0時半過ぎに書いているんですけど、

ジャスト満月は午前3時40分なので、今まさに満月に向かっているわけです。

 

 

そんななかで、ふと思ったんですよね。

 

「たしかに物理的な距離はあるし、

そんなにキッチリ定期的&頻繁に会うことはできないけど、

今のわたしの状態って、ある意味レイさんと別居婚してるような状態だよな」って。

 

そんなふうにね、思ったんです。

 

 

 

もちろんホントの別居婚っていうのは、ちゃんと婚姻届を出して、

戸籍上でも夫婦になったうえでの別居婚を指しているのはわかってますけども。

 

またそうした正式な手続きをとらないかぎり、リアルに夫婦としての保証や、

法的に守られることがないことは、百も承知ではあるんですけども。

 

でもね、メンタル的には、もう別居婚に等しい状態だよなぁ・・・って思ったんです。

 

そしてたぶん、これはレイさんも似たような感覚をもってると思います。

 

たしかにわたしとレイさんは夫婦でもなければ、家族でもないのだけど、

やっぱりほかの人とはまったくちがった、一歩どころか百歩くらい深いところで、

お互いのことを想い、気にかけ、そして大切にしてると思うんですよね。

 

だからなんだかんだで、わたしのメンタルは安定している。

 

これって、やっぱりすごいことだと思うんです。

 

 

 

とはいえもちろん、わたしが現状に満足して、このまま何も不満に思わずにいられるか?

って考えたら、やっぱり最終的には不満というか、やっぱりすごく悲しくなると思います。

 

どんなに大切に思っていても、わたしだけのものにならないんだな・・・って思ったら、

やっぱりすごく悲しくなって、どこかでそれが耐えられなくなる日が来るかもしれない。

 

だから別に現状に満足してるってわけじゃないし、

このままでいいと思っているわけでもない。

 

むしろ、やっぱりどこかでちゃんと入籍手続きをとらないかぎり、

この愛は、きっとカタチを変えていくのだろうなと思う。

 

それはやっぱり悲しいけどね。

 

でもきっといつか、そんなふうにこの愛が変わっていく日がくるのだろうなと思う。

 

レイさんが、わたしを選んでくれないかぎりはね。

 

やっぱりいつか、この愛のカタチが変わっていく日がくるのだろうなと思うんです。

 

 

 

でもね、それでも今は、やっぱりわたしの居場所は、ここなんだなって思うんです。

 

それはレイさんという存在が、自分自身のルーツにつながることもふくめて、

(なぜなら彼は、わたしのツインレイだから)

やっぱりわたしが帰る場所はここなんだなって、そんな想いで満たされる。

 

でもそれと同時に今のままの状態じゃ、

きっといつか耐えられなくなるだろうなとも思うんです。

 

そんな確信もまた、同時にもつ。

 

わたしは、そんなにいい子じゃないから。

 

ただ好きな人の傍にいられればそれでいいなんて、そんな殊勝な女の子じゃないから。

 

たとえ一瞬、そう思ったとしても、それでガマンできるような、そんな女の子じゃないから。

 

そんな確信もまた・・・ハッキリともつ。

 

 

 

 

それでも今は、やっぱりレイさんの傍が、わたしの居場所だと思うし、

きっとそれは、これからも変わらないことなんだと思う。

 

それはたとえカタチが変わったとしても・・・

 

きっとずっと変わらないことなんだと思う。

 

 

そんなことを想う満月の夜。。。

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 

 

 

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

菅野 萌のLINE@のQRコード

line%ef%bc%a0

 

菅野 萌のLINE@
友だち追加数

 

 

菅野 萌のFacebook

※FB@プライベート

 

菅野 萌のFacebookページ

※FB@オフィシャル

 

菅野 萌のTwitter



Instagramやってます♪

 

 

 

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。

 

 

★対面鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★電話鑑定(カウンセリング)のご予約はコチラ★

 

★お問い合わせはコチラ★

 

 


Top